昭和時代の私の履歴書─五島慶太 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

昭和時代の私の履歴書─五島慶太

2011年02月08日 18:00


昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉



五島慶太は、今の東急を作り上げた経営者。
戦前は小田急、京王、京急も傘下に収めていた昭和の鉄道王。

明治15年長野県に生まれ、44年東大法科卒、
大正9年鉄道院を辞し武蔵鉄道常務、以後私鉄各社の支配権を握り、

昭和17年東京急行電鉄に社名変更。
19年東條英機内閣運輸通信大臣。

追放解除後、26年会長に復帰、都市開発を核に精力的活動をした。
34年8月14日死去。
「私の履歴書」は、昭和31年4月に連載している。



鉄道会社を強引な手口で次々と傘下に収め、
「強盗慶太」の異名をとったことで有名な財界人です。

阪急電鉄の小林一三と並び
「西の小林・東の五島」と賞されたのだとか。



五島は長野県小県郡青木村という片田舎に、
農家の二男として生まれました。

相当な暴れん坊だったらしく、
同年輩の友人の頭に鍬を打ちこんで
大怪我をさせたりしたそうですので、かなりのものです。

五島は県立松本中学に通ったものの、
家計のことを考え、代用教員を務めます。

しかし勉強したいという気持ちがおさえられず、
そして官費支給ということもあり、

東京高等師範英文科に入学、
卒業後は四日市の商業学校に英語教師として赴任します。

しかしそこでも満足できず、
英語教師をやめて東京帝大を受験し、合格。


五島は、東大を卒業するころには、
29歳になっていました。


29歳で大学卒業というのは、
今考えてみてもかなりの遠回りをしていますが、

それでもいえることは、
五島慶太という人は、
自分のやりたいという気持ちを強く持ち、
そのための努力行動をして、
時間はかかっても結果を出していますね。

たぶんいろんな人に、
いろんなことを言われても、あきらめなかったのでしょう。



東大卒業後は、農商務省、鉄道院に入り、
10年間の役人生活を送ります。

そして、今風に言えば、ヘッドハンティングされて、
武蔵電気鉄道の常務に就任します。

そして鉄道事業は大いに発展し、
関東大震災で都心を焼け出された人が続々と沿線に移住してきたため、
たちまちにして業績は大きく飛躍したのでした。



しかし、昭和に入って財界不況に遭遇、一転して、
五島はしばしば自殺を考える程の苦しさを経験します。

────────────────────────────
【以下引用】

時には社員の給与にも困難し、十万円の借金をするのに保険会社に軒並み頭を下げて回り、みな断わられて小雨の降る日比谷公園を渋沢秀雄君とションボリ歩いたこともあった。

松の枝がみな首つり用に見えて仕方がなかった。

しかし今にして思えば、すべて信念と忍耐力の問題であった。

そのときに私は「予算即決算主義」というものを確立して、これをキップ切りにまで徹底させた。

私は今でもこれを事業経営の哲学としているが、東横電鉄などもこの間を苦心惨憺して持ちこたえて来たればこそ、今日の盛大をみることができたのである。

【引用ここまで】
────────────────────────────


五島はこの不況に持ちこたえ、
さらに事業を発展させていくわけですが、
再び大きな事件が起きます。


昭和9年10月の東京市長選挙に、
親友の牛塚虎太郎が当選したのですが、

(ちなみに牛塚虎太郎は宮城県知事も務めています)

牛塚の選挙資金を目蒲電鉄が出したという投書があったため、
これが大疑獄事件に発展、

五島慶太は逮捕されてしまいます。


結局一審では有罪だったものの、二審で無罪、
大審院で上告棄却となり、無罪確定となりましたが、

五島は六か月間獄中生活を余儀なくされました。
このとき52歳。

五島はこの時が人間として最低生活であったと回想しています。


────────────────────────────
【以下引用】

だが、こういうときこそ人間の日ごろの訓練とか修養とかがハッキリ出てくるものである。

胆力もあり、肚もすわった人間でなかったら、あるいは悶死するようになるかもしれない。

その点では私は宗教的信念をもっていた。

抜くべからざる自信である。

それが物をいってくると、私はむしろ健康もよくなり、ふとったくらいである。



この生活を通じて得た私の最大の教訓は、人間は知と行だけではダメである。

そこには必ずだれにも負けないという信念が必要だということである。

それには信仰で人間の意志というものを絶えず鍛錬していく必要がある。

事業で成功するにしても、利殖するにも、不可欠なものは信念である。

【引用ここまで】
────────────────────────────


この後も派手に事業を仕掛け、
三越の買収、地下鉄の争奪など、

マスコミからも大いに叩かれるのですが、

五島慶太という人は、
不遇の時にも、
順境の時にも、

自分がこうだと決めた信念を持ち、
それを貫く姿勢があったんだろうと感じました。

信念と忍耐力。


昭和の偉人から学び、平成の偉人になってみせましょう。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/176-1a1a11bb
    この記事へのトラックバック



    fx