【再録】ヘリやロケットを研究─豊田英二(トヨタ自動車会長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】ヘリやロケットを研究─豊田英二(トヨタ自動車会長)その3─昭和時代の私の履歴書

2015年03月24日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉


豊田英二のお話の続きです。

大学を卒業した英二は、
豊田自動織機に入り、自動車部に配属されました。

喜一郎からは、

「芝浦に自動車の研究所をつくれ」

と命令されており、
まず自動車をつくるための工作機械の調査を最初にやりました。

喜一郎がフランスから軽飛行機を買ってきて、
そのエンジンをバラし、
英二がスケッチを描いて終わるということもありました。

次に今度はヘリコプターを研究しようという話になります。
研究をしますが、本社に帰ってから試作品も作りました。
しかし最終的にはモノにできませんでした。

さらに次はロケットを調べようということになります。
喜一郎が当時珍しい百円札を一枚出し、

「これでロケットに関する本を買ってこい」

と言います。

それで丸善に行き、

「ロケットに関係した本を全部ください」

と注文したら十冊もありませんでした。

すべて洋書で、
英二は帰ってから一生懸命読み漁ります。
そこには、

「ロケットは試験をするにしても非常に危険である」

ということがいろいろ書いてあります。
そういうわけで、ロケットは本を読んでおしまいにしたのでした。

喜一郎はいろいろなことを聞いてきては、
英二に勉強を命じました。

一応格好がついたのは、ヘリコプターの試作品ぐらいでしたが、
飛行機にしてもロケットにしても、
その後の自動車づくりに大いに役立ったのでした。


軽飛行機、ヘリコプター、ロケット。
客観的にみると、どれもうまくいっていないように思えますが、
失敗の連続が、自動車づくりのヒントを生み出したのでしょう。

興味深い事実ですね。


この研究所は、責任者の喜一郎がたまに顔を見せるだけで、
各人がそれぞれ勝手なことをやっており、
梁山泊みたいなものだったと英二は述べています。


そのころ喜一郎は、車の開発に熱中しており、
同級生の東大教授が外国に行くとき、

「面白い車があったら買ってきて欲しい」

と頼みます。

その同級生はドイツでDKWという前輪駆動車を買い、
英二たちのもとへ届けてくれました。

さっそく調べようと少し乗った後、分解をしました。
エンジンの図面を英二が担当し、
この車をモデルに試作車をつくったのでした。


本社では、挙母工場の建設計画が持ち上がり、
英二は仕事の合間を見て、
東京地区の部品メーカーを調べまわったのでした。

当時の部品メーカーの実態はお粗末で、
足を棒にしていい部品メーカーを捜し歩いたのだそうです。



昭和12年5月、
英二は刈谷の本社に転勤となり、
新設の監査改良部に配属されます。

部長はおらず、部員は英二だけ。

その仕事は、
ユーザーからクレームのついたトヨタ車に関する問題点を、
片っ端からつぶすこと。

入社二年目で全権を任されたのでした。


会社のクラブに住み、
朝七時に会社に行き、夜も九時ごろまで仕事をして、
クラブには帰って寝るだけという状況が続きます。

本社の仕事にようやく慣れた7月に、
盧溝橋事件が起き、
英二は8月に赤紙をもらって召集されます。

第一乙種合格で、日中戦争が起こると同時に、
いの一番で呼び出されました。

配属されたのは野砲三連隊。
馬を扱わなければなりません。
すでにいた馬は順次、戦地に持っていったので、
代わりにその辺で荷車を引いていた馬を集めてきます。

馬もそれを扱う英二たちも慣れておらず、大変でした。


10月に入って突然除隊になります。

「軍需産業に必要欠くべからざる技術者は召集するのをやめる」
という規則ができたからでした。

英二は軍隊には二か月いましたが、
従軍中の8月28日に、

トヨタ自動車工業

が設立されました。

トヨタ自動織機の自動車部が独立したのでした。

その年の12月、
トヨタ車の生産がやっと月間500台になります。
刈谷工場の目標は月産500台だったので、ようやく目標に達したのでした。

日中戦争でトラック需要も増加し、
挙母工場の建設計画も具体化してきたのでした。


昭和11年の終わりから昭和12年の初めごろまでは、
トラックをつくっても売れない時期が続いていました。

景気が悪いこともありましたが、
第一にモノがよくなかったのでした。

そこで英二に監査改良部をまかされ、
トラックの故障個所を直さない限り売れないとの理由でした。
会社がつぶれないために、必死でしたが、

その矢先に日中戦争がはじまり、
陸軍が大量に買い上げてくれたので、
在庫を一掃することができたのでした。


日中戦争の特需で会社は助かったのでした。


今や世界のトヨタですが、
揺籃期にはこんなこともあったのでした。

会社そのものの人生というのも山あり谷ありですね。









続きはまた来週に。











私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。









(第693号 平成24年8月7日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1757-b6253872
    この記事へのトラックバック



    fx