【再録】学業を終え、豊田自動織機に就職─豊田英二(トヨタ自動車会長)その2─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】学業を終え、豊田自動織機に就職─豊田英二(トヨタ自動車会長)その2─昭和時代の私の履歴書

2015年03月17日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉


豊田英二のお話の続きです。

世界のトヨタを生み出した、
自動織機を発明した豊田佐吉のおいとして、
英二は生まれますが、

子どものころから帝王学を学んでいたようですね。


そして大正15年、
英二は愛知一中に入学します。

このころは、愛知一中(旭丘高校)と明倫中学(明和高校)が、
いわゆる名門校でした。


英二は一中の剣道部に入ります。

一中では必ずどこかの運動部に入らなければならず、
なんとなく英二は剣道部に入ります。

学校の一般行事はすべて運動部単位で運営されたのでした。

クラスはすべて成績順。

剣道の稽古にいそしみましたが、
成績はそう悪くなかったようです。


英二は中学を四年で修了し、
第八高等学校に入学します。

理科クラスに入学したのでした。

高校では剣道をやらず、体操部に入ります。
体操が好きなのは、相棒がいなくても一人でやれるからと。

夏休みなど長期休暇はだいたい旅行をしていました。
高校に入って、山登りとスキーを覚えます。


高校の夏休みの一時期は、
必ず豊田の紡織工場で実習をやらされます。
そのとき父は日当はくれませんでした。

あとでわかりますが英二は中学生の時に、
豊田押切紡織の常務に知らないうちになっていたり、
工場拡張の際父の借金の連帯保証人になっていたそうです。

個人会社はその辺のところが怪しげだ、
と英二は述べています。



昭和8年、東京帝国大学に入学します。
専攻は工学部機械工学科。

最初の一年は本郷の下宿屋で過ごし、
二年と三年は小石川の竹早町にあった愛知県の学生寮に入ります。

三年の夏休みには工場実習として、
神戸の川崎車両に一か月行きます。

大学卒業時には、優秀な成績を修めた学生がもらえる「ウエスト賞」をもらいました。



昭和11年、佐吉のつれあいの浅子おばさんが亡くなり、
その葬式から帰って間もなく、
二・二六事件が起きます。

この日の朝は、昼近くになってもそれほど人が来ない。
だんだん仲間が来て事情が分かってきました。

要するに陸軍が謀反を起こして大騒ぎになったと。


そうこうするうち、

「東大は左翼が多いから陸軍にねらわれている。
 兵隊が乗り込んでくるかもしれない」

といううわさが流れます。

二・二六事件は一週間ぐらいで片付きます。



英二は、自動車用のディーゼルエンジンの図面を提出し、
教授からの卒業口頭試問を受けました。


就職活動については、
担当の先生から呼び出され、

「君は役人になるのが希望ですか」

と聞かれます。
エンジニアでも鉄道省や陸海軍に行く人が多かったのでした。

英二は即座に

「役人はきらいです」

と答えます。

「それなら民間のいい会社から求人がきてますが、どうしますか」

と。

「夏休みに家に帰ってよく考えてきます」

と答えましたが、後から聞いてみると
この会社は日立製作所だったようです。



夏休みに佐吉の長男で、
トヨタ自動車の創業者でもある喜一郎に相談をします。

英二はある程度他人のメシを食って、
それからトヨタの仕事をやっても遅くはないと考えますが、
喜一郎は、


「せっかく自動車をやりかけたのだから、
 よそへ行くよりうちに来い」


と言います。

押切工場の跡継ぎにと父は考えていたようですが、
喜一郎が

「英二はおれがもらうよ」

と言って横取りしたのでした。


正式に就職希望を出すことになり、

「就職」の項へ棒を引いて出します。

学校からは、

「君については学校の方で、
 本当に何もせんでいいのだな」

と念を押されたので、「ハイ」とだけ言って帰ってきました。

この一語で自動車屋となったのでした。


喜一郎と英二はいとこにあたるのですが、
喜一郎は自動車をはじめたばかりで、
手ごろな子分がおらず、英二にだいぶ期待したようです。


豊田自動織機が自動車を始めることを決めたのは、
英二が大学に入った昭和8年12月の取締役会のことでした。

英二は大学を卒業して、
豊田自動織機に入り、自動車部に配属されます。


まず最初に喜一郎からもらった命令は、

「芝浦に自動車の研究所をつくれ」

というものでした。





続きはまた来週に。











私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。







(第686号 平成24年7月31日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1750-0391b537
    この記事へのトラックバック



    fx