【再録】小学生から帝王学─豊田佐吉おじさんのこと─豊田英二(トヨタ自動車会長)その1─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】小学生から帝王学─豊田佐吉おじさんのこと─豊田英二(トヨタ自動車会長)その1─昭和時代の私の履歴書

2015年03月10日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉

豊田 英二(とよだ えいじ、1913年9月12日 - )は、日本の実業家。
勲等は勲一等。トヨタ自動車株式会社最高顧問。豊田佐吉の甥。

トヨタ自動車工業株式会社社長(第5代)、
トヨタ自動車株式会社会長(初代)、
社団法人日本自動車工業会会長(第2代)、
財団法人トヨタ財団理事長(初代)、
学校法人トヨタ学園理事長(初代)、
学校法人トヨタ東京整備学園理事長(初代)などを歴任した。

豊田で自動車開発に当たり、
昭和20年(1945年)取締役、常務、専務を経て
昭和42年(1967年)トヨタ自動車工業社長。
昭和57年(1982年)工販合併でトヨタ自動車発足、会長。
2010年2月より体調を崩し、現在は名古屋市内の病院に入院している。




大正2年愛知県生まれ。
昭和11年東大卒。
豊田で自動車開発に当たり、
20年取締役、常務、専務を経て
42年トヨタ自動車工業社長。
57年工販合併でトヨタ自動車発足、会長。
この間8年間日本自動車工業会会長を務めた。


私の履歴書は、昭和59年9月に連載している。



豊田英二はこの履歴書の最初に、
旧制八高で数学と力学を教えてくれた
椎尾先生の話を書いています。

先生は名古屋・建中寺のお寺の息子さんだったそうですが、
英二はこの先生の力学の講義の中で、


「正しいと思い、良いと思うことはその時に、
 そのように行えとの天地の大御力の大みことなるぞ、
 行け行け進め、そのままに、思いのままに、そのままに」


という言葉を何べんも聞かされたのだそうです。

言わんとすることは、


「その時に正しく良いと思ったことは、
 そのまま素直にやりなさい。
 それがお前に天が命じたことだ」


ということ。



豊田英二は、佐吉の次弟、平吉の息子です。
平吉の下には佐助がおり、

佐吉、平吉、佐助の三人が毛利三兄弟のごとく、
三本の矢となって、今日のトヨタ創業期の基礎を築いたのでした。

平吉は、明治末期に兄から独立、
織機を据えて布を織る工場を持ちます。

機械は豊田式動力織機、
兄の佐吉がつくった織機の実験工場でした。

この工場ができて仕事が軌道に乗り始めたころ、
豊田英二が生まれたのでした。

大正2年のことでした。



英二の生れた家は、
名古屋城の北側、通称「お堀端」と言われたところ、

当時の愛知県西春日井郡金城村大字上名古屋字梅林、
現在の名古屋市西区堀端町でした。


上に兄の平八郎がいましたが、
数えで七つの時に死んでしまいます。
父は大変落胆しますが、三年後に英二が生まれ、
両親はとても喜んだそうです。

そして過保護に育てられ、
小さいころは弱かったと述べています。


住まいは工場の一角で、
女子作業員が二十人やそこらはいたのではないかと。


大正6年になると、
工場が移転します。

ちょうど第一次世界大戦のころで、景気がよく、
もうけたから工場を移転して拡張しようということでした。

英二は、名古屋市立榎小学校に入学します。
4年までそこにいて、5年からは愛知女子師範の付属小学校に編入します。

このころ英二は春休みを利用して一人で大阪に遊びに行きます。
帰ってくるとおじいさんが亡くなったという知らせを聞いて、
そのまま葬式に出かけました。

おじいさんというのは、
佐吉と平吉の親にあたる伊吉のこと。

おじいさんの家はいまの湖西市にあり、
現在(当時)社長の章一郎の家になっているとのことです。

英二は、おじいさんのところへは、
いつも一人で汽車に乗って遊びに行っていたのだそうです。


英二の母は、大正9年3月13日、
英二が小学校に入った年に亡くなりました。
妹の百子が生まれて三日後のことでした。

幼稚園の頃川に落ちて母にしかられたことは覚えているが、
いまは顔を思い浮かべることすらできないとのこと。

葬式は英二が喪主となったようです。


工場はその後事業を拡大し、
年々従業員も増え、敷地も五倍になります。

工場には当時電気はなく、
スチームエンジンを据え、石炭をたいて工場を動かしていました。
自家発電でした。

英二はこのスチームエンジンに触りたくてしょうがなかったそうです。
毎日見ていたので手順はわかっていましたが、
大人は誰も相手にしてくれませんでした。

ボイラーを一年に一回大掃除するときは、
英二も大人の邪魔になりながら何回か入ります。
そこでボイラーの中がどうなっているかがよくわかったのでした。

小学校二、三年生のときに、
父が洋行し、お土産にドイツ製の電気自動車を買ってきます。
英二は面白い乗り物だと思いましたが、

さすがに小学生でそれを運転したいという気にはなりませんでしたし、
その後自分が自動車に一生携わるとは夢にも思いませんでした。


小5の時、名古屋でもラジオ放送が始まり、
さっそくラジオの受信機をつくります。

生放送番組で、浪曲、英語講座、商品相場が流れていました。

工場では相場は電話で聞いていました。
紡織工場は毎日相場を知る必要があり、
英二もだいぶ手伝わされました。

電話がかかってくると、
向うは相手がだれであろうと数字をしゃべりまくる。
だからいやでも書かざるを得ない。


あるとき父が問題を出したのだそうです。


「ニューヨークの綿の相場が、今日は何セントである。
 その綿を使って糸をつくり、織物にして隣の中国に売る。
 それはもうかるかもうからぬか。」


この問題を解くにはドル相場を知らなければならない。
そして売り先の中国は当時銀本位制なので、銀相場。

銀相場はロンドンの銀塊相場で決まるので、
ポンドとドルの英米クロスレートが必要。

それにドル円レートを入れて計算するので、


「小学生にはちょっと面倒だった」


と英二は振り返っています。



まさに豊田式帝王学ですね。


英二にとって工場は遊び場であり、勉強の場でした。

その工場は戦時中統制関係で、
他の紡織工場と合併を繰り返し、最終的にトヨタ自動車が吸収、
ところが合併の成果で遊休工場が続出、
昭和18年東芝に売却されることになります。

東芝の押切工場、名古屋工場には
当時英二が住んでいた家がそのまま残り、社員のクラブとして使われていたそうですが、
この履歴書が書かれたころ、
工場の拡張により、撤去されたとのことです。


工場の中には、平吉が作った豊光稲荷神社があり、
東芝はそのお稲荷さんを祭っていたそうですが、
いまではどうなっているのでしょうね。
気になります。



さて、英二の父の兄弟、
豊田佐吉、平吉、佐助は異常に仲が良かったそうです。
しかもみんな酒好き。

おじいさんの伊吉は大工だったのだそうです。
佐吉も見よう見まねで大工仕事をやったそうですが、
親はなかなか教えにくいということで、

豊橋の大工の棟梁に弟子入りさせます。
佐吉がつくった「かせ繰り機」は、大工仕事の延長であったわけです。


英二が物心ついたときは、
豊田の織機は、御木本の真珠、鈴木のバイオリンとともに有名になっていました。

佐吉は長男の喜一郎には厳しかったが、
英二には非常に優しかったのだそうです。

喜一郎とは18も年が違っていたので、孫としてみていたのかもしれないと述べています。

佐吉は畳何畳もある大凧を自分で作り、
夏五月にあげていたのだそうです。

小2の夏休みには、佐吉に中国に連れて行ってもらい、
佐吉が買った大きな洋館に泊まります。
二週間ぐらい上海にいましたが、
最終日に「家に帰るのは嫌だ」と英二はすねたのだそうです。

佐吉は父に

「英二は自動車でも気に入ったのか、帰りたがらなかった」

と話していたのだそうです。


そして英二が八高に入るときの話ですが、
親族会議が開かれ、
佐吉は英二が上の学校に進むのには反対していました。

佐吉の長男、喜一郎が東大に入ったのですが、
すぐに病気をして一年間休学することになります。

佐吉は「学校は病気するところ」と思っていたのでしょう。


しかし結局親族会議の結論は行くだけ行かせたらということに。
佐吉は英二が八高に入学したこの秋、
昭和5年に亡くなったのでした。


昭和12年から、小学校の国語の教科書に、

「発明王・豊田佐吉」

の伝記が載ります。


改めて佐吉の偉大さを英二は思い知るのでした。


続きはまた来週に。











私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。








(第679号 平成24年7月24日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1743-cb41e118
    この記事へのトラックバック



    fx