【再録】イノベーションの原動力は子供の自己肯定感 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】イノベーションの原動力は子供の自己肯定感

2015年03月05日 18:00

つくる仙台の基本は「イノベーション」であると言えますが、
イノベーションはどうやって起こすことができるのか?


私も共感するレポートがありましたので、
みなさんにシェアしたいと思います。


村上芽「イノベーションの原動力を育てる」(日本総合研究所、2014年09月16日)



イノベーション創出のために、

「どのような素養が必要なのか」、

「素養を育てるためにはどのような手法が有効なのか」

といったことへの関心が現在高まっているのだそうです。

大学院レベルでは、
世界的にイノベーション創出プログラムに取り組む研究機関が目立ち、

日本総研でも現在、各大学や公的研究機関と連携して
教育プログラム開発に取り組んでいるのだそうです。



ここで現在の日本の子供たちを見てみましょう。

OECDによるPISA(学習到達度調査)から分かる15歳児の学力をみると、
最新(2012年)の日本の結果は、


3項目の平均点で過去最高、

OECD加盟34か国では

読解力1位、
科学的リテラシー1位、
数学的リテラシー2位


という好結果が出ているのだそうです。


日本の子供たちの成績は、
なかなかいいですね。



しかし、小学校から高校までの子どもに関する諸データからは、
楽観的にはなれない状況が見えてきます。


例えば、日本の高校生は、

「自分の参加により、
 変えてほしい社会現象が少し変えられるかもしれない」


と考える割合が、

韓国・中国・米国と比較して
なんと半分の約3割。



また、日本の子どもは

「ネガティブに自己評価する割合が24か国中最も高い」

であるとか、

「いじめに対する傍観者が日本では一貫して増加している」(英、蘭との比較)

などの調査もあるのだそうです。



つまり日本の子どもは、


「勉強はできる」ものの、
自信がなく、
社会的な課題に対して積極的な関心を持っていない



といえるわけです。


イノベーション創出に関する諸研究が、

子ども時代に育まれる自己肯定感や
目的意識の重要性を説いていることと照らせば、

日本の子ども全体で見れば
その原動力に欠けていることになる。

これは、近い将来の日本の活力にとってもマイナスであるし、
将来の社会で生きていかないといけない子ども自身にとっても不利益だろう。


本レポートでは以上のような指摘がなされています。



なるほどなと思える点が多いと同時に、
ここからわかることは、

私たち大人がやるべきこと、
そして政治の世界が先頭に立ってやるべきことは、


「自信を持ち、社会に対して『何か変えよう』という思いを持つ子ども」


をつくる

ということにあるのではないでしょうか。


どうしたらそんな子供たちをつくることができるのか?

明確な答えはなかなか見つかるわけではありませんが、
この「つくる」目標を常に心に留めながら、


まずは私たち大人が、

自信を持ち、
社会に対して何か変えようという思いを持つ、

そんなことが大事なのではないかと考えます。


これからも、

イノベーションの原動力の着火

に取り組んでいきたいと思います。







(第1468号 平成26年9月21日(日)発行)



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1738-2d0bc669
    この記事へのトラックバック



    fx