【再録】豊田佐吉と服部兼三郎のカネのやりとり─石田退三(トヨタ自動車工業社長)その2─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】豊田佐吉と服部兼三郎のカネのやりとり─石田退三(トヨタ自動車工業社長)その2─昭和時代の私の履歴書

2015年02月24日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



石田退三のお話の続きです。



石田が中学時代居候をしていた児玉一造は、
当時繊維業界の顔役となっていました。

仕事を探していた石田に、
児玉は名古屋の服部商店を紹介します。


児玉は三井物産名古屋支店長に弱冠32歳で抜擢され、
そのころから服部商店服部兼三郎、
豊田紡織の豊田佐吉と付き合いがあったのでした。



ここで、豊田紡織について。

創業者・豊田佐吉が自ら発明した自動織機を使って
はじめた製織・紡績業が淵源であり、

そのため現在でもトヨタ紡織と、
社名に『紡織』の名がついています。

大正15年、佐吉は
株式会社豊田自動織機製作所を設立、
のちにこの会社の自動車部が独立し、
現在のトヨタ自動車が生まれるわけです。




石田は大正4年、服部商店に入社します。
住み込みで働きますが、月給は三か月の間でませんでした。

そのころ、石田が兄のように慕っていた児玉利三郎と、
豊田佐吉の長女愛子のお見合いがありました。

服部兼三郎の口ききによるお見合いでしたが、
この席上で利三郎が「石田君の月給を決めてやってくれんか」
といって即座に決まったのでした。


児玉一造は三井物産名古屋支店長時代、
自動織機の発明者である豊田佐吉を物心両面にわたって応援したのは
当時から美談として残っていましたが、

そこに佐吉の愛娘と利三郎の縁談が持ち上がり、
両家の関係はますます深くなります。

佐吉は研究に没頭するだけでしたが、
利三郎が持ち前の事業家肌から経営に縦横の手腕を発揮、
会社がグングン伸びたのでした。




これはちょっとした出会いであり、
一つの縁談に過ぎないのですが、
この両家の関係が強固になったことで、

現在のトヨタ自動車が生まれたのであり、
戦後日本の経済を支え、
現在もトヨタが世界経済に大きな影響力を与えているということを考えると、
不思議なものを感じますね。


このちょっとしたつながりが少しでも欠けてしまっていたら、
いまのトヨタはなかったかもしれないと考えると、
現在を生きる私たちも、わずかのつながりも大切にして、
人と人との関係を大事にしていかなければいけないなと感じます。


こうして石田は、
田舎の小学校の代用教員、京大阪の洋家具店の店員、
東京の呉服の行商じみた卸商という経歴を経て、

ここへきて初めて安定感のある、
充実した仕事をするようになったと回想しています。


服部からは間もなく、上海行きを命じられ、
上海に二年、香港に一年、綿布を売り込み、
大正6年に帰国しました。

そして大正7年から昭和2年までは大阪へ行き、
服部商店の加工綿布部をつくり、
大きく利益を伸ばしたのでした。

そのおかげで、
大正9年のガラ(大暴落)がきたときも、
軽微な被害ですみます。


しかし世の中何が起こるかわかりません。
この時のガラで、
服部商店店主、服部兼三郎が急逝してしまったのでした。


支配人の三輪常次郎が大黒柱亡き後を取り仕切ります。
服部の三輪あての遺書には、

「保険は三十万円入っている。これがとれるかとれないかわからんが、
 万一幸いにもとれ、そして社員諸君の了解が得られるならば
 半分だけ家族にやってくれ。
 あとの半分は会社の損の穴埋めに使ってくれ」

とありました。
服部は店が倒産寸前にまで傾いたことに
大きな責任を感じていたのだと石田は思います。

石田は、

「保険金はどうしても取らねばならん。
 そして取ったら三十万円そっくり家族に渡してやらなければいかん」

と主張し、服部家の遺族の安泰をはかることに皆協力したのでした。


この危機に三輪は、

「服部商店がつぶれるかどうかという瀬戸ぎわだから、
 オレは月給はとらん。ボーナスもいらない。
 いままでにためたやつでなんとか食っていくから、
 店の者も諸事について、皆がまんしてほしい」

と大方針を打ち出して、皆に気合いをかけたのでした。



会社が厳しい時に、リーダーが身を切る覚悟を示し、
それを踏まえ大きな方針を次々と出していく姿、
これがあってこそ会社組織が厳しいときでも動いていくのだろうと感じます。

会社も国も一緒だろうと思います。



話は変わり、豊田佐吉翁の話がここで書かれています。

石田が服部商店へ入ったころ、
ちょうど豊田紡織会社が上海へ進出したころで、

石田は時々佐吉のところへ
ごきげん奉仕に行きました。


「久しぶりだなあ」

佐吉がそう一言いうと、
あぐらをかいたまま黙って一口も物をいいません。

二十分でも三十分でも黙っている人でした。


それからまたしばらくしていくと、

「石田、君は商売人だぞ。
 商売人なら金をもうけてくれ。

 もうけたらオレたちに回してくれ。
 そうしてこそ、はじめて研究ができるんだ。
 大体、世間のやつは研究家の実情というものを知らんな」

こういうことを何度も繰り返し言っていたのだそうです。

石田は、

「佐吉さんは、頭の中がいつも織機の進歩改良のことでいっぱいで、
 他事に気を回している余裕がなかったのだろう。」

と述べています。

また、佐吉は人に対して決して高圧的な態度に出たことがなく、
それでいて、普通の人間にはない気迫があった、

そして服部兼三郎の腹の太さも石田は感じていたようです。


──────────────────────────────────
【引用ここから】


私がはじめて服部商店へ入ったころ、
店先へ信玄袋を下げてモソッと入ってきたオッサンがいた。

物もいわずちょこんと私の前のイスに掛け、
知らん顔をして目をつむっている。

私が支配人の三輪さんに

「あれはだれです?」

といってきくと、それが佐吉さんだった。

そこへ服部さんが帰ってきて

「お金ですか」

「うん、こんどは、ちょっと二十五万円くらいほしいがな」

そういって、あとは知らん顔している。

「二十五万円か。そんなら手形を書いてあげるかな」

それでおしまいである。

服部さんも、何に使うかと聞くでもない。
佐吉翁も手形をもらえるまで黙っている。
もらうと黙って帰る。

双方とも、何か相通ずるものがあったのだろう。
私は、まるで舞台の上の名優の演技をみているような心持がした。


【引用ここまで】
──────────────────────────────────


物の計算にもよりますが、
当時の円の価値を単純に、

1円=1万円

と考えてみると、

25万円=25億円

ですね。


25億円もの寄付をこれだけのやりとりですませるというのは、
服部の太っ腹もすごいと思いますが、

服部は豊田佐吉の研究に全幅の信頼を置き、
彼の研究が世の中に大きな価値を生むものと確信していたからこそ、
こういう行動に出たのだろうと推測します。

二人のやり取りは確かにものすごいものを感じますね。

お互い全幅の信頼感を持ったカネのやりとりが、
大きな事業を生む。

そんな印象を持ちました。




石田はそんな服部と佐吉翁といった人物に恵まれます。

そして服部亡き後の服部商店もなんとか再興します。


この後の石田の人生についてはまた来週に。












私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。過去の記事はこちらからどうぞ。








(第623号 平成24年5月29日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1728-5ccfe400
    この記事へのトラックバック



    fx