東日本大震災から四年─破壊から創造を - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

東日本大震災から四年─破壊から創造を

2015年03月11日 14:46

昨晩、うちの娘たちが、
芦田愛菜のものまねをするやしろ優のものまねをして
盛り上がっていました。

しかし夜も遅かったので母親に

「早く寝なさい!」

と叱られ布団へ逃げ込んでいきました。


この光景を見て、
私はなんと幸せなことだろうかと思いました。

なんでもない日常はありがたいことです。

たまたま運よくあの日から四年、
元気に過ごせたことは本当にありがたいことだなあと。



今日3月11日は一区切り。

東日本大震災からちょうど4年の月日が経ちました。



思い起こすと、あの日、
そしてあの日からいろいろなことが一変しました。


この四年の活動はほとんどメルマガに書いています。

読み返すと、
あの時からいろいろなことがあったなあ
と思い起こされます。





そして今の私の活動の基礎となるような考え方を、
震災の三週間後に書いていたので、
このメルマガ記事を読み返しています。




【破壊されるものがあればそこには必ず創造されるものがある】

 (第199号 平成23年4月1日発行)


────────────────────────
【引用ここから】


先週から数日間仙台の実家で
片づけやら原状復帰に励みつつ、

余裕があれば、困っている人のお手伝いを
という感じで過ごしました。

わが家はひび割れ激しく、家の中もめちゃくちゃで
車も津波で流されてしまいましたが、
命が助かっただけでもありがたいことです。



燃料物資が入手できないこともあり、
ボランティアの方々が被災地には少ないので、

仙台で余裕がある人たちが
沿岸部の避難所を支援したりという状況が多いようです。

しかしそれも限界があります。


それでも、
東北道は全国各地からの応援車両でいっぱいです。
本当にありがたいなあと思います。

消防車や自衛隊だけでなく、
レンタカーで物資やガソリンをもって駆け付ける人たちも
多いようです。



こうなってくると、みんなで応援しながらも、
自分は何もできないでいるなと思う人もいるかもしれませんが、
卑下することはありません。

募金に寄付したり、自分の仕事をきちんとして日本経済を回す、
それぞれがそれぞれの持ち場でやるべきことを尽くすこと、

これが大事なんだと思います。



そして、災害になるといつもそうですが、
不平や不満がいろんなところから湧き出てきます。

え、こんなところからというような不満も出てきたり。

一生懸命正義感をもって活動している人たちからだって
もちろん出てきますし、

まったく被害を受けていない人からも出てくるものです。

どの災害の時もいつもそういう経験をしました。

そして、不満が怒りに変わると、怒りが伝染したりします。
そしてやがて一周して自分が怒られたりして、
なんだべ、となります。


これを解決するには、
感謝することしかありません。


今日こんなにがんばっている人を知りました。
こういうことができるのはすごいね、ありがたいね。
こんな状況の中でここまでしてくれた。

不満をぶつけてくる人だって、
こんな状況のなか頑張ってるからこその怒り、
ありがたいねと。



私は仙台から戻ってすぐに親族の不幸があり、
岐阜県に行きました。

災害とはまたちがった悲しみのなか、
やはりそこには生命の終わりがあって、
悲しいものです。

私も涙を流しました。


しかし悲しみながら、
地域の人が協力してくれてお葬式を出せるありがたさ。
花輪を送ってくださったり、弔電をいただけるありがたさ。
それに伴い、花屋さんががんばってくれて、
電報屋さんががんばってくれて、
お坊さんがお経を読んでくださるありがたさ。

火葬場で火葬できるありがたさ。
骨壷が手に入るありがたさ。

いろんな人たちのいろんながんばりが、
一人の不幸を支えてくれるということを
あらためて感じました。


そして一人の生命がなくなるこの瞬間にも、
新しい生命が生まれています。

ばあちゃんが亡くなっても、
ひ孫たちは楽しく遊びまわっています。


だから、
がれきに埋もれて機能を停止した町も、
必ずや生まれ変わります。


破壊されるものがあれば
そこには必ず創造されるものがある


そんなことを今週は感じていました。


【引用ここまで】
────────────────────────









東日本大震災から四年、


全国の避難者等の数は、約22万9千人(平成27年2月27日復興庁調べ)

全国の震災の死者数は、15,891人(平成27年3月10日警察庁発表)

全国の震災による行方不明者は2,584人(平成27年3月10日警察庁発表)


です。


まだまだ何も終わっておらず、
復興は始まったばかりですが、


破壊されるものがあれば、
そこには必ず創造されるものがある。


そう信じて、
これからも「つくる」活動を、
仙台で続けていきたいと思います。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1726-bb27f03f
    この記事へのトラックバック



    fx