【再録】帝国ホテル新館開業のまさにその時に起きた関東大震災 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】帝国ホテル新館開業のまさにその時に起きた関東大震災

2015年02月10日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉


犬丸徹三の話の続きです。

帝国ホテル副支配人となった犬丸は、
新館建築工事に精を出します。

ライトの建築で有名なこのホテルですが、
料理場の設計は犬丸が関与したそうです。

ライトのこだわりと理想追求があったこと、
そして大工事を直営したことなどもあり、

時間と工費が大きくかさんだ新館建築でした。


ライトは、

「ホテルはその国の文化の程度を端的に表現するものである。
 日本のホテルは日本的なものを打ち出さねばならない。
 私は帝国ホテルに最も強い東洋の形を採用した」

と語っていたそうです。


そして大正11年4月、
帝国ホテルの旧館が突如火を発して全焼するという事件が起きます。

新館は未完成の時期で、
とりあえず別館に宿泊客を迎え営業を続けることになります。

そしてついに大正12年8月末、
新館が完成。

総坪数9500坪の壮大華麗な建物で、
いまではライト式建築として有名です。

その当時としては画期的な建物で、
耐震性と安定性に重点を置いて作られたのでした。



しかし、




奇しくも開業披露の9月1日に、




あの関東大震災に遭遇したのでした。




当日は昼食に500人の名士を招待して祝宴を張り、
つづいて演芸場で余興を公開するという順序になっていました。


午前11時58分。


客の来場を待つばかりとなったところに、
地鳴りの音を聞いたと思った瞬間、
足元を突き上げる激動を感じます。


開業当日に関東大震災とは何たる運命かと。


しかし、この災厄は同時にこの建築の優秀さを実証する結果をもたらします。
ホテルは倒壊もせず火災をも免れたのでした。

最初の振動が終わると、
犬丸は無意識のうちに調理場へ駆けつけます。

油の大鍋をのせた電気ストーブが燃え、
周囲は火焔をあげていました。
すぐに火を消し、
電気も消します。


外では東京電灯本社から黒煙が噴き出し、
懸命に消火すると、
今度は愛国生命ビルに火が移ります。
宿泊客と総出で消火活動。

日比谷公園は避難民であふれます。


犬丸は独自の判断で宿泊料を無料とし、
外部からねぐらを求める人も同様の扱いとします。

食事はシチューのような簡単なものを提供、
付近の建物から避難してきた人にも炊き出しを
行ってにぎりめしを提供しました。

三日目にようやく火災が終息し、
日比谷一帯は焼け野原になり、
筆舌に尽くしがたい惨状を呈したそうです。



犬丸は幸運にも被災を免れたホテルの建物を有意義に使うため、
社屋が消失した朝日、電通などの新聞、通信社にロビーや空き室を提供、
英米仏伊などの大使館にも部屋を提供、
王子製紙、東京電灯、大倉組などの被災会社にも仮事務所を設置させます。

同時に自動車を八王子に派遣し野菜を集めさせるなど、食料の確保をしました。


駐日米国大使ウッズ氏が来訪し、
一週間以内に米国から食糧を積んだ軍艦が到着するから、
そのうちあなたが欲する分だけ進呈したい
とのありがたい申し出。

しかしそれもまた「痛しかゆし」

いかに食糧の寄贈を受けたとしても、
際限なく無料サービスを続行したのでは、
経営が行き詰まること必定。

被災した各会社の首脳がホテルで無料の食事をとる。
真の被災者と区別がつけられず。

横浜に住む在日米人がホテルへ来て食事をし、
帰る時パンを一本ずつ持ち去る。いずれも無料。


そこで、無料サービスは米国大使館の指定する米人のみに限定し、
その他の人からは金二円の代金を受け取ることにあらため、
その代金で米国から供給された食糧を購入する形にした。

これが約50日つづいたのだそうです。




東京電灯から出火というのは何だか現代をほうふつとさせますが、
関東大震災の時は昼前ということもあり、
火事がひどかったのですね。

今回の東日本大震災とはまたちがった災害ですが、
読んでいるといろいろと考えさせられます。

倒壊と火災を免れた、余裕のあるところは、
今回も被災した方々のために、
一生懸命動いてくださっています。

歴史は繰り返しているのかもしれません。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉









(第204号 平成23年4月6日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1715-6034fd5b
    この記事へのトラックバック



    fx