東映11億の借金を黒字化した方法─大川博(東映社長)その7(終)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

東映11億の借金を黒字化した方法─大川博(東映社長)その7(終)─昭和時代の私の履歴書

2015年01月27日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉



昭和26年4月、
東映が誕生します。

大川は東映社長に就任、
赤字会社の合同会社でした。

柄にないことは失敗必至と、
向こう水にもほどがあると多くの人々から反対をされました。。

しかし大川は映画事業の客観的分析をし、
経営の不合理を徹底的に追究します。


新会社の資本金は1億7千万円。
しかも創立早々から、11億の借金をタバにしてしょっていました。

社長就任第一日の仕事は、
机上に山と積まれた事故手形の処理でした。

すべて事実上の不渡り。

手形交換所の所長のところへ駆けつけ、
ひと月の猶予を懇願し、了とされました。

大川はこの約束の期間中に、手形の処理をつけましたが、
その後の借金整理がまたとんでもない大仕事でした。


東映11億の負債のうち、
5億円は東急からの融資、
2億円が同じく手形保証や株券担保提供によるもの、
残りは銀行関係で1億9千万円、
一番タチのよくないのが、
高利貸しから借りた約8千万円でした。

大川はこの高利貸しと手を切らない限り、
東映もとうてい立ち上がれないといちはやくさとります。

いかに水商売の映画事業だからといって、
正常経営をちゃんと続けておれば、
こんな性悪な資金の入り込む余地はないのですが、

土壇場の苦し紛れに、
また合併間際のつなぎ資金の必要から、
高利おかまいなしで町の金融業者から手あたり次第金を借りていたのでした。


苦しいから借りる、
借りるから苦しくなる。

大川は経理の専門家で、
数字のことなら何よりもわかりが早い。

そこで、高利貸征伐からはじめなければと決心しました。


ところが高利貸征伐には何よりも現ナマが必要です。
しかも、こちらにはそんな金はないときています。

大川は金に代えた誠心誠意の話し合いで、
高利貸しの一人ひとりと膝を交えます。

元金を詰め、利息を負けさせるについての懇談。



東映社長としての初仕事は、
なによりも金、金、金でした。

それもこれからはじめる仕事の資金調達というのなら張合いもありますが、
過去に累積した赤字の跡始末では、
骨の折れるうえに、おもしろくないことおびただしい。

資金整理も、親会社と銀行はすべて後まわし。

小口でも利息の高いのがいちばん油断がならないので、
利払いと利下げ、利下げと利払いといった細かい折衝の繰り返しで、
月々900万円からあった高利の支払いを、
やっと、5、600万円どころに減らします。

これでまずまず一息入れる思いでしたが、
次の段階として大川は一世一代の大腹芸をやってのけます。


それは、製作部面と配給部面における思い切った業務の刷新で、
映画界としては初めてと言える予算制の確立とその実行でした。

大川はいろいろのデータを集めて調査研究の結果、

今後の映画製作には、一本1100万円以上の金をかけるべからず、
またこの1100万円映画で、必ず2500万円以上の収入をはかるべし、

という新政令を出しました。

つまりフィルム一本で最少一千万円の利益を確保しようというのでした。

当事者たちからはすぐ抗議。
しかしこれの断行から入らなくては会社は生き残れない。

大川は強硬にがんばり、
無理を承知で無理を言います。

すべて金が足りないところは、
どうか諸君の熱意と創意工夫で補ってもらいたいと、
社員、従業員にも頭を下げて懇願します。


「まったく、素人よりコワイものはない」


一同は大びっくりの、大むくれでした。
ところが、大川はその素人がしゃにむに突進するのが唯一の手と、
平気の平左。

製作面と配給面の細かい予算を立て、
一切の例外を認めずこれを実行させます。

そうして、2,3か月すると、
はたして支出におけるマイナスと収入におけるプラスが合併して、
一本のフィルムからちゃんと1000万円もうかり出します。

これは経理のソロバンの働きではなく、
全社員協力一致のたまもの。

そのためにまず長い間の遅配、欠配つづきであったサラリーが、
世間並みに期日通り出せるようになり、
高利手形も利をまけさせ、予定にしたがって片づきはじめたのでした。


しかし、食いついて離れようとしない大口の高利貸し連中がいました。
ここで大川は、いままで5000万円借りっ放しで、
一文の利子も入れない住友銀行へ乗り込みました。

そして携えた収支予算表を唯一の味方に、
あなたの方への完済を行うためには、
この高利貸しを最後の一兵まで追っ払わなければならず、
その高利貸しを追っ払うためには、
まず、改めてもう5000万円の融資をしていただかなければならず

──という奇妙ではあるがはっきりした論法で、
この人ぞと頼みにした住友銀行の安済銀座支店長の助けを借りました。

この申し出には最初から色よい返事はありませんでしたが、
百方折衝の末本店の承認も得られ、

その5000万円で高利貸しの完全センメツも遂行することができたのでした。


一方、そのとき持ち込んだ予算表に少しも狂いのない黒字営業も続けられ、
住友銀行へはお約束通りの立派な元利完済も行い、

ついに一年半目の決算では、
8000万円の利益を生み出し、
ここにはじめて配当も可能な状態となったのでした。


こうして、東映の経営もようやく軌道に乗りました。

これらの全社的努力こそ、
実はひん死の東映をして今日あらしめた
最大の原動力だったのでした。



大川による東映再建。
事業計画の精密さだけではなく、
事前のリサーチによる現実味ある計画、

そして単なる机上の空論ではなく、
関係者との粘り強い交渉、
社内の説得と、

経営者としての勉強になる場面がたくさん出てきます。


これをいかに現代の経営者、起業家が置き換えていくか。
この私の履歴書の奥深さを感じます。







私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1699-6c7d32f8
    この記事へのトラックバック



    fx