パ・リーグ結成新会長に就任、さらに映画業界へ─大川博(東映社長)その6─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

パ・リーグ結成新会長に就任、さらに映画業界へ─大川博(東映社長)その6─昭和時代の私の履歴書

2015年01月20日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉



昭和23年6月、
大川は分割後の東急専務取締役に選任されました。

組合からは激しい突き上げを食らいながらも、
なぜかパージを受けた連中から信頼感のある存在となっていました。



さて、昭和24年2月ごろ、
当時パージ中だった正力松太郎氏が、
日本のプロ野球の“二リーグ制”を唱え始めます。

一時さたやみになりましたが、
正力はまた毎日新聞の本田親男氏を説き、
毎日球団を新設したうえで、
当時の8チームを10チームに拡張を主張、

とうとう日本野球連盟が二つに分裂し、
パシフィックとセントラルの二リーグができてしまいます。

パ・リーグは南海、阪急、東急、大映の既設球団に、
毎日、近鉄、西鉄の新球団を加えます。

一方セ・リーグは、
読売、中日、太陽、阪神の既設球団に、
大洋、国鉄、広島、西日本の新顔を加えます。

昭和24年11月にこのセ・パ両リーグが誕生したことは、
わが国プロ野球史上、
画期的な出来事でありました。



大川は、この結成されたばかりの、
パ・リーグ初代会長に就任したのでした。


昭和26年4月、
東映が誕生します。

その前の2月、
大川は五島慶太から呼び出され、
以前から話のあった東映社長就任の件について
強硬に引き受けよとの話でした。

大川は迷っていました。

東横映画、大泉映画、東京映画配給という、
それぞれ始末に困る札付きのボロ会社を
にっちもさっちもいかないまま、
三つ合わせて超大ボロ会社に仕立て上げようというもので、

大川にとっては全くありがたくないものでした。

大川はいろいろと仕事を引き受けてきた方でしたが、
こればかりは確固たる自信が持てませんでした。


この三社は合わせて純負債が
11億という膨大な数字となっており、

当時大川は東急専務として
映画のことはサッパリわからないまま、
ドラ息子に金をせびられる母親の立場で困り果てていたのでした。

五島慶太からは、

「三社はこの際、合同させて一本化する。
 新社長にはどうしても君以外にはない。
 適任不適任などは問うておれぬ。

 君がキッパリ引受けて、
 男らしく立派に始末をつけるか、つけないかの問題だ。
 君としても、こいつをやりとおすかどうかで、
 ほんとうの事業家になれるか、なれないかの瀬戸ぎわに立つものといえる。
 とにかく、東急としてはもうこのままではほうっておけない」

五島にこう言われ、
大川はもう何も返す言葉がありませんでした。


大川は東映社長に就任、
覚悟を決めました。

しかし周囲の先輩友人たちは社長就任に反対をします。

柄にないことは失敗必至と、
向こう水にもほどがあると。

しかし大川は五島からはじめて話があった時から、
映画事業の客観的分析にとりかかっていました。

三社の業績不振がいかなるところに根差し、
経営の不合理がいかなる点にひそむかを徹底的に追究します。

映画事業の製作面は製作専門家が担当する。
配給面には配給専門家がおり、
宣伝には宣伝の係がありました。

それでは後に残る最重要部門は何か、
いうまでもなく経理部門でした。

しかも、ここにこそ赤字続出の根本的欠陥があったのでした。


映画といえども企業は企業。


大川に自信らしきものが生まれ始めていました。

東急専務在任のまま、
26年2月に東京映画配給社長に就任、
3月31日に東横映画、大泉映画、東京映画配給の三社を合同。

合併新会社の名前は、

「東映」

と決まり、予定通りその新社長に就任しました。





次回に続けます。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1693-83da7c97
    この記事へのトラックバック



    fx