戦後の東急分割と共産党員から信頼感を得る─大川博(東映社長)その5─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

戦後の東急分割と共産党員から信頼感を得る─大川博(東映社長)その5─昭和時代の私の履歴書

2015年01月06日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉



大川は昭和17年12月、
大川は長年住み慣れた鉄道省を離れ、
東京急行電鉄に入社をしました。

戦争も終わり昭和21年6月、
東京急行の重役陣は五島会長以下総辞任、
新しく小林中氏が社長となり、
大川は取締役に選ばれ、同時に経理部長の兼任を命ぜられます。

戦災で三十数両の鉄道車両を焼かれ、
多数のバスや停車場施設を失い、
そのうえ終戦後の労働攻勢の激化で経理状況も悪化、
当時の東急は最も苦しい経営にあえいでいました。

大川は経理部長として、
方々の銀行をかけずりまわります。

続いて連合国の日本管理政策遂行の一環として、
独占禁止法、過度経済力集中排除法が施行されます。

このような情勢を背景に、
21年5月ごろから東急社内においても、
会社の復元分割論が台頭、
それが日に日に激しくなり、

特に旧小田急、京浜、京王出身の幹部社員、従業員らは
同志の会合を催し、その実現を要求してくるようになります。

そこでこの問題の緊急審議のため、
二つの委員会が設置されます。

一つは分離を可とする委員会、
もう一つはこれを不可とする委員会で、
大川は中立の立場にあるとみられその双方の委員長を命ぜられます。

しかし会社全体の統一的意見など出ようはずもなく、
社内は紛糾の泥沼状態に陥ります。

紆余曲折を経て、
復旧復興を促進するには分離のほかなし、
という最終結論に達し、

臨時会社再建委員会が設置され、
大川は幹事長に任命されました。

ここで大川は一生一代の知恵を絞って、
秘密裏に会社再建要綱をつくりました。

商法の規定により分離することを前提とし、

1、交通経路の整備
2、独立採算制の確立
3、合併前の沿革の尊重

を基本原則としました。

ここで最も問題となるのは、
特に独立採算制を確立するうえで、
旧小田急系の帝都線(渋谷─吉祥寺間)を京王に付けなければ、
京王の独立はむずかしいと判断したことでした。


────────────────────────
【引用ここから】


そこで私はだれにも見せないうちにまず五島さんにご覧に入れた。

『君、これで小田急は承知するかね』

『むろん不満はあると思います。
 おそらく強硬な抗議が出ることでしょう。
 しかし、東急の再建は復元でありません。
 分離した会社がいずれも一本立ちできるようにしなければなりません。』

『正しいことなら、必ず実現できよう』

やがて、この原案そのまま、十一月十一日の臨時再建委員会の審議を経て、
一言一句の修正もなく、即日開いた役員会でも承認可決された。


【引用ここまで】
────────────────────────


各会社発起人を決め、
昭和23年1月14日、
終日がかりで各社ぶっつづけの発起人総会をやります。

このときさすがの大川も疲労が極点に達し、
急に気分が悪くなり、意識を失い倒れてしまいました。

一時間半意識がなかった大川でしたが、
一命をとりとめます。



昭和23年6月、
大川は分割後の東急専務取締役に選任され、
あらためて会社全体の仕事を見ることになります。

小田急、京王、京浜は有力な競業者となります。


組合との交渉折衝は、
東急では一切大川が当たり、労使間調整に身を粉にして腐心します。

そのころは東急にも多数の共産党員がいました。
彼らは破壊的言動をあえてし善良な従業員を扇動、

いたずらにコトを構えて、
事務秩序を乱すという傾向が著しかったのでした。

過激分子は自宅にまで押し寄せ、
家族は一種の恐怖症にかかってしまいます。


ところが昭和25年10月、
企業防衛のために、
破壊的思想を有する従業員は、
それを理由に解雇してもよろしいという指示が、
当局から全産業に通達されます。

いわゆる「レッド・パージ」でした。

東急でも41名に解雇通知を発しました。

彼らは激しい抵抗を示します。
大川の自宅を包囲し声を上げ、
労務課長のオフィスに来て投げ飛ばし、
関係者の会社の出入りを待ち受けて襲ったり、
あらゆる手段を講じて、
解雇通知を取り消させようと試みます。

しかし会社は断固として初心を貫き、
彼らはついに東京地裁に解雇無効の訴訟を提起したのでした。

そうこうしているうちに裁判長から、

「連中はあなたには信頼感を持っているらしく、折れてきている。
 話を聞いてもらえないか。」

という話があり、大川は彼らの言い分を聞いてみました。

通告当時とはちがい、
妥協的になってきたので、
退職金をいくぶん増額することで、
訴訟も取り下げとなり問題は解決します。

この連中のなかには、
もともと左翼ではなく、
当時の風潮にあおられて共産党に加わったものもあったので、
共産党脱党を条件とし、
今後まじめに働くと誓約書を取り、
傍系会社の仕事につけてやります。

しばらくして彼らはまじめにしかも相当以上の成績を上げて働き、
大川は何か良いことをしたような気がしてうれしくなったと回想しています。



大川に限らず、
この時代の経営者を見ると、
組合、共産党の攻勢に手を焼いていますが、

彼らの信頼感を得て、
組合をうまく丸め込んでいるという人が多いように感じます。


しかし、いまの京王井の頭線が小田急から東急、
そして京王へと移行する過程などは、
現代の私にはまったく知らないことでしたし、

共産党員の破壊的言動、
従業員の扇動にある一時期経営側は何も対処できなかったという、
そんな時代があったことに不思議なものを感じます。


時代は経ても、
同じようなことは現代でもありうることでしょう。

歴史から学ぶことは多いと感じます。




次回に続けます。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1679-a5cacb26
    この記事へのトラックバック



    fx