東急入社、周囲の冷たい視線に仕事で返す─大川博(東映社長)その4─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

東急入社、周囲の冷たい視線に仕事で返す─大川博(東映社長)その4─昭和時代の私の履歴書

2014年12月23日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉



大川は鉄道省監督局在任中、
四国の琴平急行電鉄、
西武鉄道の堤康次郎など日本鉄道の錚々たる人物とやりとりし、

会社経理統制令の専門家として、
小川鉄道大臣に説明をしたりと活躍をします。


戦争もたけなわの昭和17年12月、
大川は長年住み慣れた鉄道省を離れ、
東京急行電鉄に入社をしました。

入社の機縁は以下の通り。

毎年夏に年中行事として行われていた、
鉄道同志会の夏季講習会に大川は講師として招かれていました。

昭和15年7月札幌で開催された講習会にも講師として参加し、
「改正税法と会計の処理」という題目で、約二時間にわたる講演をやりました。

ちょうどこのとき、
五島慶太も私鉄の大立者として、部課長数名を引き連れて出席。

はじめて五島は大川を知ることとなります。

当時東横電鉄支配人で、
大川のかつての役所の先輩である小林清雄を通じ、
東横電鉄に入るよう誘いがあったのでした。


しかしそのころの大川は、
統制関係の花形として大活躍中、
小林に確答を与えず過ごしていました。

すると五島は、鉄道省の鈴木次官や佐藤栄作局長(のちの総理大臣)に同じ話をし、

ある日佐藤局長から

「五島さんが君にもらいをかけてきているが、
 役所もいますぐ君を手放すわけにはいかない。
 私もまあ、よく考えてみようぐらいで、お茶をにごしておいた。
 そのつもりでいてくれたまえ」

という話があったのでした。

ところがそのうち、
五島から直接大川へ話がかかります。

それまでは、気持ちもあやふやでしたが、
一度五島に会い、熱心に勧誘を受けると、

「自分の一生を託するのはこの人だ」

という見極めがつき、
きっぱり応諾の返事をしたのでした。


しかし役所はなかなか大川を手放そうとしませんでした。
経済諸統制の事務は繁忙を極め一年が過ぎ去ります。

昭和17年も暮れ近くになって、
ようやく入社が決まりました。


大川はこのときのことを回想し、

人間の運命というものは、
まことに不思議なものである

といっています。

実際どんなことがきっかけになって自分の生涯が左右されるかわからないと
思い返しているのでした。


大川が初出社すると、
統制部長兼総務局次長の辞令が待っていました。

五島は、局部長会議において、

「今後は大川君の得意とするところを極力利用する。
 大川君を数字に関する体温計として、
 事業の経営方針をすべて決定していきたい」

とまでほめ上げられ、

これにより社内に反感が起こり、
大川の入社を冷たい目でっ迎えた連中も出てきたのでした。

しかし大川は、
五島の知遇に実際の働きをもってこたえさえすればよいと考え、
毀誉褒貶を省みず、自分の仕事にただただ精魂を打ち込みました。

何事も実績によって理解をかちうるのが一番と、
必死の努力を傾注します。

統制部長時代、大川は、
トラックの統合会社を東京に7つ、神奈川県に4つつくり、
バス、タクシーの統合会社として、
日本交通と神奈川中央をつくります。

さらに静岡県下一円の鉄道とバスの大合同もやり、
現在の静岡鉄道を設立します。

そのほか、海外の事業にも手をのばし、
台湾で紅茶の製造、中国で交通、乳業、
マラヤ半島でバス、トラック事業、
バリ島にホテルとバス経営と拡大をします。


昭和19年7月、
マラヤに新しく特別輸送体をつくるので、
要員約百名を支給派遣してほしいとの
きびしい軍の要請がありました。

なんとか交渉し半数以下で派遣をしますが、
出発した軍用船がルソン島北方で轟沈され9名が行方不明に。

大川は善後策に奔走しますが、
10月残る全員が別の土地に向かう途中、
またその船がマニラ沖で遭難、19名が死亡してしまったのでした。


戦時中大川は行政査察使随員としても活躍しますが、
やがて五島が運輸通信大臣に就任します。

大川も東急現職のまま、
運輸通信省嘱託となり、
木造船建設促進の仕事をします。
河合良成船舶局長のもとの仕事でした。


また戦時中大川は、
京王電鉄の東急合併に尽力します。

すでに東横、小田急、京浜の三社は一本化していましたが、
京王だけがまだ参加していませんでした。

最大の原因は、創立者井上篤太郎氏の反対にありました。
井上の片腕柿沢篤太郎と井上のもとに、
大川は足しげく通い、19年5月にようやく合同実現を果たしたのでした。


大川の仕事ぶりはすさまじかったものと思います。
ヘッドハンティングされた東急で周囲の冷たい視線に負けることなく、
実績を上げることが一番とひたすら仕事に打ち込んだその姿は、

平成のサラリーマンにも通じる教訓となるのではないでしょうか。



次回に続けます。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1672-9c81fb06
    この記事へのトラックバック



    fx