菅総理の「国債に疎い」発言から学べること - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

菅総理の「国債に疎い」発言から学べること

2011年01月30日 18:00

ニュースでも流れていますが、
先週菅総理が日本国債の格下げを受けて、発言しました。


────────────────────────────────────

「やはり来たか」。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による日本国債格下げは、昨年末から市場でにわかに取りざたされ、「疎かったのは菅直人首相だけでは」(邦銀)と冷ややかだ。しかし、今後の長期金利の推移には、不透明感が漂う。

(中略)

初めて聞いた。そういう話には疎いので、ちょっと(質問は)またあらためてにさせてほしい──。27日夕、日本国債の格下げについて、記者団に問われた菅直人首相の発言をめぐり、大手銀行で市場部門を担当する関係者からは、こんな声が漏れた。「寝耳に水だったのは菅首相だけ。昨年末にうわさが出た段階でプライスイン(織り込み)されており、記者団に『今、初めて聞いた』と答えてしまう首相の見識は、にわかに信じ難い」。


「首相の「疎い」発言に市場冷ややか、国債格下げで気迷いも」
ロイター2011年1月27日配信

────────────────────────────────────

私もテレビで総理発言を見ましたが、にこやかに「そういう話には疎いので」と言われると、

やはり国民の一人としては違和感を感じますね。


しかしここでは、総理批判をするのではなく、このニュースから学べることはないだろうか、と考えてみます。



【1、トップを支えるバックアップ体制はできているか?】


菅総理は、数時間にわたる代表質問を終え、本会議終了後記者のぶら下がりに応じて発言しています。

ちなみに私も受信している時事通信のニュース速報携帯メールは、このニュースを17:06に配信しています。

したがって、
記者の前に出るそれまでのタイミングで、秘書官がこのニュースの重みに気づき、メモなり言葉なりをかけておけば、

突然の話ではないので、もう少しましな答えをすることができただろうと推測します。

ただし、これは本人がふだんからそういう情報があがってきたときに、いちいちめんどくさがらずに聞く姿勢が重要です。



【2、あらゆる質問を想定しておく】


日本国債が格下げになるのではないかという情報は年末からマーケットではありました。

そこまで総理本人が情報を直接取ることは難しいでしょうが、

このような事態になったらどう対応すべきか、あくまで仮定であっても、常にこのシミュレーションはしておくべきだと思います。


就職活動をしている学生のみなさんには、想定問答集の作成をオススメしているのですが、

日常の生活の中で考えていないことは、絶対に口から出てくることはありません。

逆に言うと、口から出てくることは日常の生活態度そのものなので、それはそれでこわいのですが。


野田佳彦財務大臣はこの件について、

「民間会社の格付けについてはコメントしない」

と述べていましたが、
これは想定問答集の中におそらくはいっているコメントだと思います。

私たちのほとんどはいまや、菅総理に批判的になっていますし、まあやむを得ない部分もありますが、

そういっている自分たちも意外と仕事をしているときに、突然質問されて、頓珍漢な答えを言ってしまったりするものです。

これは普段考えていないからこそのもので、やはりあらゆる質問を想定することは大事だと思います。



【3、言葉はていねいに話す】


最近特に思うのですが、

何か物事を伝えるときは、自分が思っているほど、相手には伝わっていないと考えた方がいいですね。

自分からすると、ちょっとくどいなと思うぐらい丁寧に説明をしてはじめて、人には物事が伝わるんだなと最近思っています。


菅総理のおっしゃる、

「そういう話には疎いので」

というのは、よくとれば、

「まだ詳しい情報を聞いておらず、そういう話は的確に答えられる状況にないので」

という意味かもしれません。ちがうかもしれませんが。


いずれにしても、仕事をしていて相手に物事を伝えるとき、
あるいは、恋愛をしていて、好きな人に何かを伝えるとき、

ていねいにていねいに話した方が、言葉の思いはより通じるのではないかと思っています。



以上3つを、菅総理の発言を聞いて思いました。
なかなかむずかしい問題ですが、他人事にとらえることなく、

自分の問題として、
課題としてとらえてみたいと思います。






【追記】11/2/4 8:55

<福山官房副長官>首相「疎い」発言で謝罪
 
毎日新聞 2月4日(金)0時55分配信

 福山哲郎官房副長官は3日、BS11の番組で、米格付け会社の日本国債格下げに関して菅直人首相が「疎い」と発言したことについて「首相にどの時点で報告するか判断せねばいけなかった。(報告しないでいいという)私の判断がいたらず首相に迷惑をかけた」と語った。

 「疎い」発言の直前に福山氏は首相と打ち合わせをしており、責任の一端を感じたようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000000-mai-pol
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/167-102678da
    この記事へのトラックバック



    fx