琴平と西武を監督する─大川博(東映社長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

琴平と西武を監督する─大川博(東映社長)その3─昭和時代の私の履歴書

2014年12月16日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉



大川は大正12年9月1日の関東大震災において、
直前に来た社命により前橋へ向かい、
大きなけがをすることもなく無事でした。

しかし直前まで一緒だった同僚は、
山津波の土砂に埋められ、
その遺体は六か月後になってようやく掘り出されます。



大正15年、大川は本省へ呼び戻されて、
監督局勤務を命ぜられます。

この監督局では、
鉄道会計の権威、佐藤雄能氏の下で働く回り合わせとなりました。

佐藤は役人というよりは
むしろ学者といった方がふさわしく、

鉄道会計に関する造詣が深く、
この方面の立派な著書もたくさんあったのでした。


山形県鶴岡市の出身で、
庄内寮という学生寮まで経営し、
後進青少年教育にもすこぶる熱心で知られました。


大川は、前々から興味を感じていた経理の勉強に、
一層精魂を打ち込む好機を得たのでした。

大川の担当は、
地方鉄道(私鉄)の会計監督、
補助金の交付計算、
私鉄買収の価格計出などで、

外部との接触が多くなり、
その接触のほとんどすべてが利権関係となる性質のものばかりでした。


地方から地方への出張、
多い時には一年のうち9カ月も出張で過ごしたことさえありました。

大川ら監査官の手加減一つが、
先方には大きな結果としてひびくので、
どこへ行っても、下へも置かぬ態度に出られました。

大川はすこぶる“話せぬ男”で通します。
正確な計算に没頭し、
自分の職務を忠実に遂行することに努めたのでした。


──────────────────────────
【引用ここから】


かつて作家の北条誠さんが
私の会社の社員にこんな話をしたことがある。


『わたしは若いころ、
 箱根登山鉄道の会計課につとめていた。

 そのときに大川という一人の鉄道監査官がやって来た。

 例によって会社側はあらかじめ立派な宿を用意し、
 ぜひにとそこへ案内しようとしたところ、

 彼はさっさと自分で決めておいた宿へ帰って、
 その晩は会社側の者があいさつにうかがうことさえも断ってしまった。

 なんてワルガタイお役人さんだろうと、
 みんなで話合ったことがあるが、
 その大川監査官こそ、今日君らの会社の大川社長さんである。』


どうもそういわれると、そんなこともあったように、
私にもかすかな記憶がよみがえった。


【引用ここまで】
──────────────────────────


鉄道省監督局在任中、
いろいろなことがありました。


昭和7年、
四国に琴平急行電鉄という会社ができました。
この会社の社長は木村栄吉といって、

当時の政友会の地方重鎮、
香川でもなかなかやかましい存在でした。


大川はそこへ補助金交付のことで監査に出向きます。
仔細に監査をしてみると、
まことに工事の支払いがずさんでした。


特に土木工事の数量計算に大きな誤り
──わるい言葉を使えば、ミズマシ──
があったので、

大川は設計と照らし合わせて、
思い切った数量金額の減額査定をします。

これで補助金も相当に減る計算です。


本省に帰って四、五日たつと、
当時監督局長をしていた喜安健次郎氏から、
突然の呼び出しがきます。

琴平電鉄の建設費をひどく減額したのはどういう根拠か、
とのお叱りでした。

しかし大川はあくまでも信念を持ってやったことと、
負けずに反論、喜安局長もいよいよ怒ります。

君はあの電鉄の社長がどういう人物か知っているのか。
あの人は三土大臣(当時鉄相)の選挙参謀だぞと。


大川は、

そういうことはいっこう存じませんし、
存じていたところで、
それとこれとは無関係のことに思います、

と答えます。


結局、この査定にはもう一度技師を連れていき再監査となりましたが、
結果は同じことに。


技師連行の再調査ということで大臣の顔を立て、
喜安局長もこれを了とせられます。


これ以来、大川は喜安に特にかわいがられ、
親しく付き合いをするようになったのでした。



さらに大川は、
西武鉄道の堤康次郎から「商科大学の教授」といった、
身に余る称号を頂戴しました。


昭和16年ごろ、
堤氏と東武の間にいざこざが起きます。

結局鉄道省の裁定ということになり、
東武が入手した西武株を武蔵野鉄道に譲るということになります。

その計出に大川は携わりましたが、
堤はその計算の説明を黙って聞いていたあと、

計算それ自体には文句のつけようがないところからか、
とにかく株価の不満

──買手にはいつでも高いと思われる──

をこういう言葉でぶちまけられます。


「いやまったく、君は全く商科大学の教授だねーえ」




昭和15年、会社経理統制令が実施されて、
日本の産業経済界は完全に戦時体制に入ります。

大川は鉄道省を代表して、
はじめからこの法令の起案に参画していたので、

その内容には非常に精通することができ、
自ら解説書も著したほどでした。


ある朝、自宅に鉄道大臣小川郷太郎から電話がかかり、
ぜひ来てほしいと迎えの車まで差し向けられました。

小川大臣は、財政学の学者として知られた元京大教授、
前に一度商工大臣もやっていた人でした。

会社経理統制令を一時間ほど講義します。

一通り終わると小川大臣は、

「いや、ようくわかった。
 これで国会で十分答弁もできるし、
 省内の書類もよく見られる。
 ご苦労、ご苦労。」

と大いによろこびます。


大川は戦時中、多忙に多忙を極め、
長年続けてきた経理会計の勉強を
遺憾なく役立たせることができたのでした。


次回に続けます。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1668-2075fce2
    この記事へのトラックバック



    fx