「数字を追う ~経営統合・再編で地域銀行の経営指標はどのように変化したか」(日本総研『Research Focus』 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

「数字を追う ~経営統合・再編で地域銀行の経営指標はどのように変化したか」(日本総研『Research Focus』

2014年12月14日 18:00

「数字を追う ~経営統合・再編で地域銀行の経営指標はどのように変化したか 統合・再編効果はゼロではないが、統合・再編か独立路線かの選択がすべてではない」(日本総研『Research Focus』2014年12月12日調査部 吉本澄司主席研究員)

地域金融機関の経営統合・再編のニュースが、
最近報道されています。

最近のニュースでは、
11月に鹿児島銀行と肥後銀行、
横浜銀行と東日本銀行が相次いで経営統合の合意を公表。

これによって、再編の動きが加速化するのではないかといわれています。

しかし、本当にそうなのだろうか。
これがこのレポートの主旨です。



─────────────────────────────────
【要点】


・人口減少などを背景として将来的に経営環境が厳しくなっていくとされる中で、地域銀行が生き残るための有力な選択肢として、2013年春頃から統合・再編に対する関心と期待が強まってきた。

最近になって 2014年11月に新たな経営統合の合意が2件明らかになったことから、再編の動きがさらに加速するのではないかという見方が広まっている。


・地域銀行で持株会社方式の経営統合が最初に行われた2001年度上期以降、2014年度上期までに実施された統合・再編を対象として、規模(預金残高、貸出金残高)、効率(営業経費)、収益(資金運用収支、業務純益)の各経営指標が、統合・再編を実施しなかった地域銀行と比較してどのような動きを示したのか、全体的傾向を観察すると、合併にせよグループ化にせよ、少なくとも悪い結果にはつながっていない。

ただし、非統合・再編銀行に対する優位性は、二分法であれば良い方の多数派に属する、といった程度の場合が多い。

統合・再編の観測が熱を帯びることで、統合・再編が万能であるかのような印象が生まれるとすれば、適切ではない。


・統合・再編が地域銀行の経営状況に与えるプラス効果はゼロではないが、統合・再編を実施しなかった銀行の中に、統合・再編銀行より経営指標の動きが上回っているものが、少なからず存在していることも事実である。

統合・再編を実施するか独立路線を取るかよりも、個々の銀行が、地元の実情や他業態との競争関係、業務環境の変化、自行の経営資源の強み・弱みなどを踏まえながら、どのような経営を行ったのかによって、経営動向がより大きく左右されてきた。

最初に統合・再編があるのではなく、個々の地域銀行が実情を踏まえて立てる経営戦略がまず先にあって、その中で合理的な道筋として統合・再編が視野に入るのであれば選択肢にするという関係を考えれば、統合・再編は「主」ではなく「従」である。


─────────────────────────────────



統合・再編を実施するか、
独立路線を取るかという違いよりも、

個々の銀行が、

地元の実情や他業態との競争関係、
業務環境の変化、
自行の経営資源の強み・弱みなどを踏まえながら、

どのような経営を行うのかによるのだというお話ですね。


最初に統合・再編があるのではなく、
個々の地域銀行が実情を踏まえて立てる経営戦略がまず先にあって、

統合・再編の役回りは「主」ではなく「従」であるということです。



このレポートは、
地域金融機関の再編統合に関するものですが、


物事の考え方として、
非常に参考になるのではないかと感じました。

路線、つまりどのような手法を取るかということよりも、

まず自らの原点、根本の分析を踏まえて、
自社がどうあるべきか、
自社が何をしていくべきかということをしっかりと見つめることが大事だということなのだと思います。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1667-a640bab7
    この記事へのトラックバック



    fx