平成26年年末にあたり一年を振り返る - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

平成26年年末にあたり一年を振り返る

2014年12月31日 21:00

大みそかです。
年末になりました。

今年もメルマガ読者の皆様にはお世話になりました。

今日で365日、
今年も毎日メルマガを書き続けたことになります。

1,500日以上、
4年以上毎日書き続けております。


毎日読んでくださる方、
イイネのリンクをクリックしてくださる方、
本当にありがとうございました。


またこのメルマガ発行運営の費用のもととなる、
広告を出してくださった企業、個人のみなさまに心より感謝申し上げます。

このメルマガを別のメルマガでご紹介いただく相互紹介を
していただいた方もいらっしゃいました。
ありがとうございました。


今年を振り返ると、
多くの皆さんに助けていただいた年だなと感じます。

多くの皆様に物心両面にわたるお支えをいただき、
なんとか政治活動を続けることができました。

平成23年落選翌日以来継続してきた街頭活動も、
現在371回、この三年で続けることができました。




活動を振り返ってみたいと思います。


林英臣政経塾では、
全国各地の若手政治家と切磋琢磨する機会をいただき、
また塾内での役割もいただくようになり、
多くの同志と日本のために政治活動をしてきました。

経済的には今年が一番厳しい状況ですが、
立ち止まらずに活動の継続をしていきたいと思います。




また起業集団として活動してきた、


株式会社つくる仙台


もまもなく三期目決算を迎えます。

起業支援し立ち上げた法人は仙台市を中心に25社となりました。


今年は中小企業庁から事業の委託を受け、
国の事業、「平成26年度地域創業促進支援事業」として、

「起業集団つくる仙台創業スクール」

を実施するという貴重な機会をいただきました。

20名以上の起業志望者の方々とともに、
熱い志をいかに現実の事業に落とし込んでいくか、
私自身も3か月間必死に取り組みました。


起業集団つくる仙台



つくる仙台は起業コンサルだけではなく、
最近では他業種にわたって、
顧問として中小企業の経営相談を承るようにもなりました。

東北の復興にいささかなりとも貢献できたのではないかと自負しておりますが、
私もこのビジネスをすることで多くの出会いをいただき、
とてもありがたく思っております。

来年は更なる飛躍を目指し、
創業スクールからまた一歩進化した起業支援をしていき、
東北の発展に尽力したいと思います。



そして今年は、

東北大学大学院情報科学研究科で、
非常勤講師の仕事をいただき、
情報技術経営論を大学院生相手に講義しました。

はじめての経験でしたが、

起業とは何か?
志とは何か?
そしてビジネスの世界で社会に出て即戦力となれるよう、
さまざまなお話をしました。

大学院生と対話するという機会もなかなかないですし、
留学生もけっこういたので非常に面白い経験でした。



そして今年も、
JC運動に積極的に取り組みました。

公益社団法人日本青年会議所 憲法論議推進委員会委員
公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会 LOM協働委員会委員
公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員

日本JCでは、憲法改正運動を基軸に
全国の青年と友人になる貴重な機会をいただきました。

宮城ブロックにおいても県内各地の仲間とともに、
自主憲法制定運動への取り組みとして、
5月2日の大崎市で開催されたパネルディスカッションにパネリストとして参加。

7月に横浜市で開催されたサマコンでも
サテライト会場での解説といった貴重な機会をいただきました。

そして仙台JCでは、
新たにJCに入った仲間たちとともに楽しく過ごし、
自分の運動を改めて振り返ることができました。

今年出会ったたくさんの友人に心から感謝したいと思います。



また、仙台東倫理法人会においては、
毎週木曜午前5時半からモーニングセミナーへの参加をし、

先輩経営者の皆さんから、
人としてのありかた、
経営者として考えておくべきことなど多くを学びました。

毎週参加とはいきませんでしたが、
まだ暗いうちから早起きをしてほぼ参加することができた一年でした。




地元沖野地区においては、
今年はおやじの会会長を二代目に譲り、
PTA会長として活動する機会をいただきました。

学校行事をはじめ先生方と密に連携しながら、
仙台市PTA協議会、また若林区PTA協議会の会合などにも参加しました。

また地域の活動から町内の様々な活動まで、
防災訓練から町内運動会まで、
地域をつくる、そんな活動をした一年でした。

PTA会長の仕事は事前に予想していたよりも会合が多く、大変でしたね。


昨年に引き続き、
沖野東学区民体育振興会、
沖父ちゃん会(おやじの会)にも参加し、

地域住民のみなさまの健康増進、
子供たちの元気な活動をつくる、
そんなことも続けて取り組んできました。



今までマクロ的視野でしか見えていなかったことが、
今年もミクロの世界で「地域」を捉えることができ、

また同級生や近所の方々、町内会の方々と、
地域を盛り上げる活動をする機会をいただけました。

今年は、沖野地域ではさらに深く活動することが多かったように感じます。


ふりかえると、20代のときに国会議員の政策秘書として、
大きな政策課題にマクロ的に取り組んでいたことを、
いまは年々、ミクロにミクロに掘り下げているような感覚です。

ときどき大きな視点を忘れそうになりますが、
バランスを心がけていきたいと思います。



そして、今年も1月に目標をメルマガで公開しましたが、
いくつかは実行できたという自負がある一方で、
全くできなかったなというものもあり、しっかりと反省をしていきたいと思います。


一流になるためには十年が必要─平成26年の私の目標について(14/1/4)







昨年の私は、
「種まきをし続けた一年」でしたが、

今年の私は、

「自分の限界ギリギリに挑戦する一年」

だったように感じます。
一歩まちがえると破産でしたが、
何とか一年無事に終えることができそうです。



目標をあらためて見直してみます。

「1、平成27年宮城県議選若林選挙区を念頭に、たとえ無所属でもトップ当選できるよう努力する。」

今年は街頭活動こそ継続してできましたが、
政治活動はほとんどできませんでした。

生きていくことで精いっぱいだったとも言えますが、
本来の目的を見失ってはいけないと思いますし、

今年はまたギリギリの生活のなかで、
生業も大事ですが、
秋の選挙にすべての照準を合わせていきたいと思います。

最後の戦いという覚悟でいきたいと思います。



「3、つくる仙台を軌道に乗せ、規模の拡大を図る。岩手県、福島県でも起業支援を進める。」
「4、つくる仙台の知名度を全国区にする。起業支援コンサルタントを育てる。」

創業スクール事業の採択を国から受け、
仙台では起業支援のトップランナーを走って来たものと自負しています。

創業スクールでは、多くのすばらしい講師の方々にもご協力いただき、
起業支援をする専門家のネットワークもできてきたように感じます。

つくる仙台としては、
創業以来の体制が変化したため、

来年は正念場になると思いますが、
起業家をつくるという志はしっかりと持ち続けたいと思います。



「5、起業を盛んにするための、起業教育に取り組む。」

東北大学大学院で、
情報技術経営論の講義をする機会をいただき、

起業家とはどういう人か、
起業には何が必要か、
そんなお話をしました。

ほとんどの学生は、
卒業後起業するわけではないでしょうが、

新規事業立ち上げ、
あるいは起業するという人に対し、
深い理解をしてほしい、
そんな思いで起業教育に取り組みました。



「6、憲法改正運動に取り組む。」

JC運動を中心に、
憲法論議を進めていく一助を今年は担うことができました。



「7、仙台の小学生が育つ環境をよりよいものにする。」

PTA活動をはじめ、
今年もおやじの会で小学生のために、
さまざまな活動をしてまいりました。


「8、メルマガを毎日発行する。発行部数七万部を目標とする。」

毎日発行しましたが、
読者を集める努力を今年はほとんどしなかったため、
発行部数は目標から程遠い状況でした。

しかし引き続き継続をしていきたいと思います。


「9、全国にいるメルマガ読者と会い、さまざまな話を聞く。」

今年は例年に比べ、
居酒屋で語る会の開催は少なかったですね。

来年も機会を見つけて、
全国のメルマガ読者の皆さんとお会いしたいと思います。



「10、本を出版する。」

まったく手を付けていないです。
反省。



「11、オススメできるような本を月に5冊は読み、アウトプットする。」

今年はインプットの機会が減少。
これも反省です。


「16、東北各地をくまなく訪れ、林塾の同志をはじめとする、その土地その土地のまちづくりに頑張っている人たちに会う。
東北の勉強をする。東北発世界の可能性を模索する。」

今年は東北各地を訪れる機会がありました。
東北の同志と少しずつでも地域を盛り上げていきます。



「21、健康な体をつくる。」

今年は、無理をしすぎたこともあり、
大きなけがや病気こそしていませんが、
体に無理が来ているような気もしています。

来年は健康にもしっかりと気をつけていきたいと思います。





平成26年は、
私にとって、とても素晴らしい年でした。




この記事を読んでいる多くのみなさまに
心からの感謝を申し上げ、

今年は動き続けた年でしたが、
来年はメリハリをつけた活動としていき、

みなさまにしっかりとした形で恩返しができるよう、
さらに努力していく、
そんな年にしていきたいと思っています。


今後ともなにとぞよろしくお願いします。

来年がみなさまにとってよき年となりますよう、
心よりお祈り申し上げます。






過去の全記事表示リンクはこちらです。
お時間あるときにでも、読んでいただければうれしく思います。











【平成26年の「渡辺勝幸」についてのアンケート(平成26年12月)結果】


問4 今年(平成26年)の渡辺勝幸の活動のなかで印象に残っていることは何ですか?

【参考URL】
http://cuccanet.blog72.fc2.com/?mm=201412


●街頭立ち

●仙台の演説

●地域の活動、特に父兄として子どもとの共同参加の社会活動が印象的です

●街頭に立つことや地元との関わりに積極的であったことはもちろんですが、今年は特に起業支援に対する取り組みが光っていたように思います。東北大学大学院での講義や、企業セミナーの開催など、コンサルタントに限らず、公共の観点からご活躍されていたように感じました。

●1,TMNETWORK関係の記事 2,自民党青年部関係の記事

●情報科学研究科の講義




問5 来年(平成27年)、渡辺勝幸に期待することは何ですか?


●政治を活発にする。

●特定の人・組織ばかりが自己主張するするのではなく、皆が対等に話せる世の中にして欲しい。一強他弱はあきあきした!

●減税

●東北の優秀な人材の定着のため、ビジネス誘致やイベント誘致など、大型の動きを巻き起こしてほしいです。あと、青空応援団への入団ですかね。

●統一地方選も近づいています。来年は「政治家・渡辺勝幸」の活躍を期待しています。

●ぜひ、日本のため、宮城県のため、人類の幸せな未来のためにがんばってください。

●議員になること




問6 政治家・渡辺勝幸に期待していることは何ですか?


●仙台を変えること

●地域・地方の問題提起と解決だけでなく



問7 渡辺勝幸の政治活動へ応援のコメントをお願いいたします!


●ニュートラな考えを継続して欲しい!

●頑張ってください。

●仙台一高OBで、ずっと応援させていただきたく思います。

●時が経ち、なれてくると、なかなかに初心や謙虚さを忘れて、人心とは、ずれいくのが政治でもあります。
かつゆき先輩におかれましては、その世界のプロ中のプロでもありますので、いまさらながらに繰り返しお伝えする話でもないですが、総合力でがんばっていただきたいです。
またできる限りにおいて、保守本流自民党また政治のセンターラインで政治・経済活動にがんばっていただければ幸いでもあります。
豊富な総合力と類まれなる才能をいかんなく発揮され、守るべきものは守り、変えるべきところは一新、斬新に変えていただきたいです。
働く人たち、まじめに生きる人々に寄り添い、声なき声を政治・経済活動の場に反映することをご期待しております。
匿名希望の一般市民の読者より愛を込めて送信。







アンケートにご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
地元も含め多くの皆さんの意見を聞きながら、
よりよい政治をつくる努力を来年もしていきたいと思います。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

一年間、ありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


渡辺勝幸
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1660-3fda383b
    この記事へのトラックバック



    fx