平成27年(2015年)の政治経済見通し - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

平成27年(2015年)の政治経済見通し

2014年12月30日 18:00

以前からこのメルマガでも指摘していますが、


未来を予測することは一定程度可能である


と私は思っています。


たとえば平成27年5月10日に渡辺勝幸は40歳になる!

とか、

平成27年3月14日に北陸新幹線が開業する!

ということは、
もう予定として決まっているわけです。


私がむかし永田町で働いていたとき教えられたことは、
政治的作業の一番要の部分は

「日程を作ること」

だということでした。

だれがいつどう動くか?

これを知っていると、その後の動きが解るし、
世の中の制度がどのように変わっていくかも、
未来の日程が解れば推測できるようになります。


永田町に限らず
ビジネスにおいてもそうですね。


したがって、
どんな種類の手帳を使うか、
アナログかデジタルかということも大事かもしれませんが、

手帳に書いてあることをどう見ていくか

ということのほうが重要なわけです。


もちろん人の気持ちや、
突発的災害、事故、人の死などで、
情勢が大きく変化することはありますので、
そこもシミュレーションのひとつです。



平成27年は、

日本政治の世界は安倍政権の安定化により、
波乱なく統一地方選、自民党総裁選を迎えることとなりそうです。


日本経済の世界については、

消費税増税後、
停滞気味ではありますが、
安倍政権の安定化もあり引き続きゆるやかな景気拡大が見込まれます。

アベノミクス「三本の矢」については、
さらに成長戦略が改訂される予定ですが、
この内容にも注目です。

また、日銀がさらなる量的緩和の実施をすることも十分あり得ます。



国際的な情勢としては、

米国はオバマ大統領のレームダック化、
共和党・民主党の対立は収まらず、決まらない政治が続くものと思われます。

これにより、国際政治はリーダー不在となり、
地政学リスクが高まる恐れ。

国際社会による対ロシア制裁が継続するも、
強硬なロシアの姿勢から膠着状態を予想。

プーチン大統領がウクライナからの撤退を決断するとともに
辞任などあればサプライズですが可能性は低いか。


イスラム国は、内部分裂がなければ、
米国の関与も限定的であろうと推測されることから、
すぐに撲滅とはならない。

中国は、近隣諸国での軍事的台頭を継続。
中露関係の進展は日本にとっても注視すべき。
BRICS銀行、アジアインフラ投資銀行の動きに注目。






【2015年(平成27年)の予定】

1月17日 阪神淡路大震災から20年

1月18日 民主党代表選挙

1月25日 山梨県知事選挙

1月 通常国会召集

2月1日 愛知県知事選挙

2月 アップルが「Apple Watch」発売(春)

2月 ギリシア議会選挙の可能性

2月 英国ウィリアム王子来日

3月11日 東日本大震災から4年

3月14日 北陸新幹線開業(長野金沢間)

4月1日 法人税実効税率の引き下げ(予定)

4月12日・26日 統一地方選挙

5月7日 英国議会総選挙

5月17日 ポーランド大統領選挙

5月 ミラノ万博開幕

6月 主要国首脳会議(G7サミット、ドイツ)

6月 成長戦略第3弾骨太方針の閣議決定

8月 広島・長崎原爆投下、終戦から70年

9月 自民党総裁選挙

9月19-23日 シルバーウィーク(最大5連休、6年ぶり)

9月 臨時国会召集

10月 マイナンバーの通知開始

10月 国勢調査実施

11月15日-16日 G20首脳会合(トルコ)

11月 APEC総会(フィリピン)

12月 ASEAN経済共同体発足

12月 上海ディズニーランド開業


2015年度中にホンダが燃料電池車を市場に展開

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1659-6de3a762
    この記事へのトラックバック



    fx