投票に行かなくてはいけない本当の理由 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

投票に行かなくてはいけない本当の理由

2014年12月12日 18:00

巷ではあさって14日投票の衆議院総選挙の関心は高まっていないようで、
低投票率が予想されているようです。

とりわけ若い世代の投票率は毎回のことながら低く、
衆議院議員という国政の要となる政治家に対して、
有権者の半分以下の投票行動しか見られない、
そんなこともあるようです。

そんな背景には、
争点の不明確さ、
無党派層の関心をひくような選択肢がない、
などなど理由はいろいろあるでしょうが、

私は、

投票に行かないのは、
自分で自分の首を絞める行為

だと思っています。


民主主義制度の下、
投票という制度があり、
政治家を選ぶことができる、

これだけですばらしいことです。


世界の政治を見ると、
独裁国家の圧政に苦しみ、
私利私欲の政治のために子供たちの命が失われている、

そんな国はざらにあります。

政治が変われば世の中変わるというだけでなく、
世のなかのために働く政治家がいなくなれば、
日本だってすぐにでも崩壊してしまうことはあります。

私は震災のときにはそんな印象を個人的には持ちました。


つまり、投票に行かないのは、
いまこの瞬間の自分には何の変化も影響もほとんどありませんが、

私たちの子供の将来、
孫の将来を大きく変えてしまうことになってしまう、
そんな大変恐ろしいものなんですね。

日本の将来、地域の将来を考えるのは政治家だけの仕事ではないと思います。

私たちの一人一人が自分の子供や家族の未来を考える、
これが選挙なのだと思います。


毎回のことですが、
投票日には投票所の門に掲げられる看板を撮影し、
FBやツイッターにアップしたいと思います。

皆さんもぜひこれをやっていただき、
シェア拡散してください。

12月14日は投票所へ行き、
子供や家族の将来を真剣に考えていきましょう!
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1639-3213698e
    この記事へのトラックバック



    fx