越後のわんぱく、鉄道学校に入る─大川博(東映社長)その1─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

越後のわんぱく、鉄道学校に入る─大川博(東映社長)その1─昭和時代の私の履歴書

2014年11月18日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉


大川 博(おおかわ ひろし、1896年(明治29年)12月30日 - 1971年(昭和46年)8月17日)は、
日本の実業家、映画製作者、プロ野球オーナー。
東映の事実上の創業者である。


明治29年新潟県生れ。
大正8年中央大学卒、鉄道院入り、
昭和17年東急役員、26年東映社長。
予算厳守の合理主義と大量生産、
29年からの二本立て興行など独特の経営で
一時業界一の成績をあげた。
昭和46年8月17日死去。


この私の履歴書は、昭和34年2月に連載している。


大川は札付きのわんぱく小僧であった、
と自ら回想しています。

越後平野のまっただ中、
果てしもなくひろい田園のひろがりが、
そのわんぱく舞台でした。


明治29年12月30日、
大川は七人兄姉の末っ子として生まれます。

大川家は代々村の庄屋をつとめていました。

当時、父は戸長(村長)で、
普通なら出生届けを翌年回しにするようなところ、

生年月日を正しく届出て、
この方面にずいぶんルーズだった村民にわざわざ範をたれたのでした。


大川の生まれたころ、
維新で庄屋を取り上げられて以来のタケノコ生活で
大川の家産は傾く一方、
相当にあった田地田畑も売りつくしていました。


内実の家計は日に日に苦しくなっていました。

大家族を抱えた父は窮余の一策として、
新しく牛乳搾取場を開きます。

長兄が采配をふるい、
大川も学校から帰ると乳を搾り、
配達をして回ります。

しかし遊びたい盛りの12歳、
うちではなんでこんな商売をはじめたのだろうと、
牛乳屋商売をとても恨めしく思えてなりませんでした。

小4,5のころ、
大川はそろばんを教わり、
誰よりも上手になり、
いちばん好きな学科となりました。

のちに経理マンとなるきっかけだったのでしょう。



大川は15歳のときに上京、
大正2年、
上野の岩倉鉄道学校に入学します。


大川の従兄に梨本実という人物がいました。
彼は若くして神戸の山陽鉄道会社に入り、
明治40年の国有化とともに、本庁の高等官に栄進します。

彼の颯爽とした制服姿に
小学生大川たちのちいさな魂は奪われたのでした。

自分も鉄道の官吏を志し、
あのような立派な制服が着られる人になろうと、
心ひそかに決意するにいたります。


全国から鉄道学校に学生が集まりますが、
たいてい洋服を着ていて、
大川のように絣の着物に袴という野暮な格好をした者など、
そうたくさんはいませんでした。

そこで大川はかえって洋服組に反発を感じ、
勉強に励みます。

一学期の試験で全クラスの一番になり、
思いがけぬ特待生の恩典に浴し、
卒業までずっと月謝を払わずに済むことになります。



鉄道学校時代の思い出を大川は回想していますが、
一つは騙されてストライキのリーダーにさせられたことでした。

ストライキの学生大会に誘われ出席した大川は、
何も知らないうちに委員長に選出されてしまいます。

気がついたときにはもう遅かったわけですが、
大会の結果としてこうなったからにはと、
男らしくこれを引き受け、実際行動の先頭に立ちます。

ペテンにかかって押し上げられても、
役を受ければ本気でやる。


まずは校長に面会して話を決めるのがよかろうと
目黒の校長宅に出向きます。

開口一番、大声でどなられます。


「君たちは、人を訪ねるのになぜ名刺を出さぬのか。
 印刷したものがなければ手帳の切れでもよい。
 名前と用件とをしたためて通じるものだ。
 それが人をたずねる第一の礼儀である」


「君たちのような心がけでは、まことに末が思いやられる。
 私はこれだけの非礼でも面会を拒絶しようと思ったが、
 まあまあと考えて出てきた。」


あとはお決まりの校長訓話になって、
なんのことはない、
特に選ばれてしかられに来たようなものでした。


しかし校長もすべて事情は呑み込んでいたらしく、
一切をわしに任せ学生の本分に帰れ、
と宣言されみな帰ります。


一同3,4時間がたち学校へ帰ったところ、
ストライキの原因となった学校側の人物の辞任が発表されます。

みなアッと驚き、
校長は本当に偉い人物だと感じ入ったのでした。


岩倉鉄道学校の同級生は、
ほとんどすべて鉄道マンになって
日本全国に散っていきます。


大川は岩倉鉄道学校から、
中央大学の法科に進み、
大正8年卒業します。

年来の望みであった国鉄就職を果たし、
最初の勤務先は、鉄道院経理局調査課となります。

ここから大川の社会人人生はスタートしたのでした。





私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1629-0ba1f6e4
    この記事へのトラックバック



    fx