【再録】永田雅一のラッパと波乱万丈な人生 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】永田雅一のラッパと波乱万丈な人生

2014年11月11日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉


永田雅一のお話の続きです。

日活の再建に尽力し、
「丹下左膳」を大ヒットさせ、

大活躍をする永田でしたが、
昭和9年8月、悲劇的な事件が起こります。







京都下河原の料亭で日活の製作大幹部会があったときの話。

中谷社長が第二編の「丹下左膳」を伊藤大輔監督で撮り、
それと並行して「荒木又右衛門」を山中貞雄監督でやれと発言。

どちらも大河内伝次郎主演。


これはむちゃな話。

同じ撮影所で一人の主演俳優を使って
トーキー映画を同時に二本とることは不可能だったのです。

ところが中谷社長は
『天下の永田として売り出した君が、こんなことをやれないのか』
という。



───────────────────────
【引用ここから】

私は『できることならやるが、できないことは断じてやれない』
と言い切った。

この言葉に中谷社長は私を罵倒した。

中谷さんもメイテイしていたのだが、こちらも二十八歳という若さだ。

ありていに告白すれば、座敷には同僚もいれば、
若いちょっと気のきいた芸者もいた。

そういうふん囲気の中で罵倒されたのだからたまらない。

『私が日活再建にこれだけ力を尽していることを知っていながら、
 社長はいざとなると、こんなにも私を見下げた物言いをするのか、
 残念ながらこの人には人を見る目がない。

 もうこの人は私にとって縁のない人だ』

と心中ひそかに決意するところがあった。

私は顔を伏せて席を立った。

グッと熱いものが胸の底から込みあげてきた。


蒸し暑い夜だった。

おセンチのようだが、私は涙で濡れたほおを夜風にさらしながら、
近くの八坂神社の境内を一回りして家に帰った。

家には家内と子供とお手伝いさんがいるだけである。

家内は私の顔色を見て

『なにかあったのでしょう』

と聞いたが私は答えなかった。

だが、突然、打明けたくなって

『十年の間、日活と運命を共にしてきたが、
 その日活をきょう限りやめたい。

 やめてどうというメドも立たないが、
 とにかく自分の力でやれるところまでやってみたい』

というと、家内は

『男が決心したのなら、信じた通りにやって下さい。
 私はどんな苦難にも耐えます』

と励ましてくれた。

いまは故人になったがエライ女房だった。


【引用ここまで】
───────────────────────


ビジネスの世界ではいまでもありそうな光景です。
ここでどのような態度を取るかが人生の分かれ道。



永田は日活に辞表を提出し、
製作部長と宣伝部長らとともに昭和9年第一映画を設立。

溝口健二、川口松太郎、伊藤大輔らをはじめ、
俳優、カメラマン、シナリオライターが応援してくれ、
撮影所を建設し、映画を年に12本とろうと意気込みます。

みんな野心に燃え、
芸術的な特作を作ろうという連中が集まったのですが、

いやだからこそでしょうか、
どうしても制作費がかさみ、

いつの間にか十万円から十五万円の借金ができ、
やがてジリジリと経済的に追いつめられていったのでした。


昭和11年の秋、
第一映画はジリ貧状態を続けていました。

永田は決心し、第一映画は解散を表明、
従業員の整理をします。




こういう状態のところへ、これまた倒産寸前にあった
新興キネマの白井信太郎副社長から、
あとを引き受けてくれとの話が舞い込みます。

いままでよりも安い予算での映画作り、
膨大な借金を抱えた会社、

永田は身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあるとし、
新興キネマのような二流会社は、
Bクラスらしい作品を作ればいいと、

昭和11年12月、残る一党をひきつれて、
新興キネマに乗り込みました。




新興キネマは何もかも荒れ果てていた状況でした。
俳優部屋の腰張りに額面20円の株券をつかってあったり。

そして健康を保つため、
日曜日は休み、午前九時から撮影開始、昼一時間休み、
午後五時終了、夜間撮影禁止とし、

整理整頓に率先して当たり、ステージを新築します。


そして一流会社にはできない、
「猫」と「狸」のゲテモノ映画を作ろうと決心します。

新興キネマのスターだった鈴木澄子に
渋るなか、猫の役を当てたところ、これがヒットします。


こうしているうちに撮影所内もきれいになり、
能率も上がりました。
そして設備も整い、
京都における模範的な撮影所になりました。

会社の株価も上昇し、
俳優部屋にあった腰張りの株券は知らぬ間に
全部はがされるようになっていたのだとか。


───────────────────────
【引用ここから】


考えてみれば、オカシナものだ。

第一映画で自分の会社をつぶしたものが、
こうして新興キネマに乗込んで見事に再建してのけたのである。

その秘密はどこにあるか。

いわゆる「郷に入れば郷にしたがえ」ということで、
そこには大きな教訓を得たわけである。


【引用ここまで】
───────────────────────



永田は破天荒なタイプだと思いますが、
こういうタイプの人は
何かを作り上げるということも上手だと思いますが、

何かを作りなおすのも上手なんだろうと思います。


再建、復興には、
少々破天荒な人の方が力を発揮するものです。





時局も厳しくなってきた昭和16年8月、
休暇中に永田は急きょ呼び出されます。

軍需に必要なものは民需に回さないとのお上の方針。

したがって、映画用生フィルムの原料は軍需品なので、
映画界も臨戦態勢に応じ機構を再編成せよ、とのお達しでした。


これを受け、業界は映画新体制対策委員会を設立、
紆余曲折を経て、

新聞社のニュース班は「日映」を構成し始めます。


そして映画界の業界案としては、

「劇映画三社体制でできれば名前を残したい」

と政府に要望します。
しかし政府案は劇映画二社体制で、
とても覆されないといわれていた情勢でした。



昭和16年9月、映画新体制に関する政府案が発表され、

「劇映画会社は三社とする」

とされました。

東宝、松竹と第三社は日活、新興、大都の三つを合併したものとすると。


この過程でできたのが、

「大日本映画製作株式会社」、「大映」でした。

永田は大映設立の資金調達に奔走し、
第三社の設立に活発に動きました。

しかし、当初は二社体制と言われていたのが、
なぜ三社になったのか、第三会社を作るために
永田が情報局の役人に贈賄したに違いないとのうわさがたったのでした。


昭和17年10月10日、永田は贈賄容疑で警視庁に逮捕されます。
五十日間尋問、拷問も受け、自白を迫られます。

しかし結果として、事実無根、不起訴とされました。



精魂尽き果てた永田は、箱根で静養しますが、
今回の事件に思いを致すと、

「自分の至らなさ」に気付きました。

ふだん京都にいた自分が、業界の代表になり、
第三会社を戦い取り、名前も残すことができた。

そこにそねみ、ねたみが生まれたのではないかと。

風当たりは強い。
ここは身を引いて、会社にふさわしい人を社長に迎えるべきだ、と。


大映は、作家菊池寛を社長に迎えます。

永田は専務となりました。




戦争も終わると、
大映はじめ映画界には再び活気が戻ってきます。

永田は公職追放を受けるものの、
直接司令部に乗り込み、マッカーサーに大雄弁。

再調査の結果、二ヶ月で解除になります。


その後、黒沢明監督の「羅生門」で、
ヴェニス国際映画芸術博覧会でグランプリを獲得、

「地獄門」でカンヌの大賞を獲得するなど、
世界に永田の名を轟かせたのでした。



永田の評価はいまでも、二つに分かれるようです。
このラッパで、敵をたくさん作ったことは想像に難くありません。

しかしその波乱万丈な人生から学べることは
多いように思いました。

波の高低差が激しいですが。


いいときもあれば悪いときもある。

いいときほどねたみそねみに目を向ける。


勉強になります。




黒澤明 Blu-ray BOX (限定生産)
三船敏郎 (出演), 黒澤明 (監督) | 形式: Blu-ray



私の履歴書─昭和の経営者群像〈3〉






(第253号 平成23年5月25日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1622-0d392ca0
    この記事へのトラックバック



    fx