自分の子供を勉強好きにする方法 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

自分の子供を勉強好きにする方法

2014年11月05日 18:00

11月3日、
私の所属しています公益社団法人仙台青年会議所公開例会が、
仙台市内で開催されました。

庄子修宮教大特任教授の講演「地域・家庭・学校が共に歩むと子どもが育つ」。

続いてパネルディスカッション「共育が未来を変える。未来に生きる子どもたちへしあわせを」、

仙台市教育委員会学びの連携室今野孝一室長、
愛知県新城市教育委員会和田守功教育長、
西中田学校支援地域本部山川由紀子スーパーバイザー、
仙台放送アナウンサー佐藤拓雄氏の各パネリスト。

講演もディスカッションも大変勉強になりましたし、
ここ数年自分がやってきたPTA活動や地域活動の方向性を
再確認する大変いい機会となりました。


特に庄子先生の講演のなかでおもしろいお話がありました。
平成24年の仙台市内の調査で統計的にわかったことだそうなのですが、



子供達の学力を向上させるためには
自主的な学習習慣を身につけさせることがよい。

習慣を身につけるには目標意識を持つことがよい。

目標を持つには家族とのコミュニケーションが重要。


そんな調査結果が出たそうです。

(平成24年度仙台市標準学力検査生活・学習状況調査「学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト」)


なるほどなあと思い、
さっそく翌日のPTA運営委員会で会長挨拶の中でお話をしたところです。

青年会議所の活動とPTAの活動が相まって、
地域をよくしていくために相乗効果をあげられるといいなあと思っています。


私自身が感じる子供の学力向上策ですが、
つまり、

自分の子供が勉強好きになる方法ですが、
いちばん効果があるのは、


「お父さんお母さんが楽しく勉強をしている姿を子供に見せること」


なのではないかなと思います。


子供と同じ小学校の教科書を勉強する必要はありません。

たとえば大人になっても勉強する機会はいくらでもありますので、
英会話のラジオ番組を聞くとか、
カルチャースクールに通うとか、
興味のある分野の本を読んでみるとか、

大人が楽しそうに本を読んだり、
勉強をしていたりすれば、

きっと子供も勉強に関心が向くのではないかなと思います。


もちろん勉強だけではなく、
大人が一生懸命働いている姿を見せることも大事ですね。

仕事も勉強も一緒でしょう。


一番よくないのは子供の前で、
自分の仕事はいやだいやだと言ってしまうことです。

それがオフィスでの仕事であれ、
力仕事であれ、家事であれ、

いやな仕事をしている大人を見ると、
子供にとっての仕事である勉強も同じ位置づけになってしまいます。


ウソでもいいんだと思います。
楽しそうに仕事をしたり勉強したり、

そして家庭内の会話で楽しい仕事や楽しい勉強の話を子供にしてみたら、
きっと子供も勉強というものに関心が向くのではないだろうか。

そう思っています。


無理矢理「勉強しろー、勉強しろー」と怒られながらやるのは、
モチベーションも下がりますね。


私はふだんあまり家にいないので、
子供たちの前で勉強することはできませんが、
ちょっと工夫してみたいなと思います。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1614-2c518ae4
    この記事へのトラックバック



    fx