沖野の先輩、元仙台市議会議長岡征男先生を悼む - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

沖野の先輩、元仙台市議会議長岡征男先生を悼む

2014年10月26日 18:00

政治の世界にいると、
たくさんの方々と知り合うことができる反面、

悲しいお別れも必然的に増えるのが
なんともいえずせつないところです。


私の住む仙台市若林区沖野地区を地盤としていた、
岡征男元仙台市議会議長が10月21日、逝去されました。




「岡征男氏が死去 元仙台市議会議長」(『河北新報』平成26年10月23日)


─────────────────────────────
【引用ここから】


 元仙台市議会議長の岡征男氏が21日午後10時1分、多臓器不全のため仙台市宮城野区の仙台オープン病院で死去した。72歳。女川町出身。自宅は仙台市若林区沖野7の28の23。通夜は23日午後6時から、告別式は24日午後1時から、仙台市太白区鹿野3の4の13、仙台太白斎場清月記で。喪主は長男卓馬(たくま)氏。

 法大中退。故三塚博・元蔵相の秘書を経て1983年の市議選で初当選し、当選7回。99~2001年、議長を務めた。11年8月の市議選に立候補し、落選した。
 体調不良で11日から入院していた。

◎政界関係者、死を悼む/スケール大きかった 少数会派の意見も尊重

 元仙台市議会議長の岡征男さんは、選挙参謀として辣腕(らつわん)を振るった。故三塚博・元蔵相の秘書を経て、市議を7期務めた豊富な政治経験を生かし、党派を超えて国政選挙の選対を支えた。突然の訃報を受け、県内の政界関係者は「軍師」をしのんだ。

 次世代の党県連代表の中野正志参院議員は「切れ者で、選挙戦略にたけた人だった。残念、無念だ」と悔やんだ。故三塚氏の秘書仲間。一時はたもとを分かったが、昨年の参院選で再び手を組み、国政復帰を果たした。

 「最後の戦いに挑みたい」と、自らも来年の市議選での復帰に強い意欲を示していたという。

 故三塚氏、愛知和男元衆院議員の系列に割れていた市議を束ね、1995年に保守系の最大会派「グローバルネット仙台」を結成。96年の衆院選では、宮城1区で新進党の愛知氏、同2区で自民党の中野氏を国政に送った。

 「国政の権力構造にとらわれず、仙台全体を見据えるスケールの大きさがあった」と語るのは鎌田さゆり氏。仙台市議の後、岡氏の支援を受けて、2000年の衆院選宮城2区に民主党から立候補し、初当選した。「(市議会議長としても)少数会派の意見を尊重する人だった」と話す。

 西沢啓文市議会議長は、議員定数削減など議会改革の実績に触れ、「政策通でけん引力がある議長だった。ポスト復興を見据えた市政のありようについて意見を聞きたかった」と惜しむ。

 大泉鉄之助元議長は「肌合いは違ったが、お互いを認め合っていた。頭の回転が速い男だった」と評した。


【引用ここまで】
─────────────────────────────



宮城県内では有名な政治家であり、
私も地元の先生ということで子供のころから知っていた方でした。


しかし私が政治の世界を志し秘書生活を送っていたころは、
岡さんは民主党の国会議員を支援していたりしたので、

正反対の陣営になることが多く、
さほど親しくなることはありませんでした。


私が震災を機に仙台を中心に活動するようになったころから、
さまざまな折りにお電話をいただいたり、

岡さんの行きつけの喫茶店である
「イノダコーヒニューエレガンス」で
国政をはじめとする政治情勢の意見交換などをしたりしたものです。

必ずしもすべて岡さんと意見が合うわけではありませんでしたが、
市政県政にとどまらず国政情報、マスコミ情報まで、
政界の貴重な情報をこまめに仕入れて分析、

遠い先の政治情勢の行く末を読む、
その姿勢にはただの政治家ではないなと、
そんなことを感じさせる方でもありました。



特に平成24年に私が維新政治塾に行ったとき、
そして平成25年に仙台市長選に名前が取りざたされた時は、
折に触れてニューエレガンスでいろいろな話をしたものです。

渡辺君の次の選挙はどのステージでもやりがいがある、
とやる気満々でおっしゃってくれたものです。


そして岡さんからいつもアドバイスされたのは、

「渡辺君は国政が合っているから、国政をめざしなさい」

ということでした。

暗に市長選はやめなさいという意味もあったようなときもありましたが、
政治家はどのポジションであっても、
大きな視野をもって大局をもって活動していくべきであるという話は心に残りました。

媚びるなと。


自宅も近かったので仙台の街中から帰る方向は同じ。


地元沖野地域の発展のためにも尽くされた方で、
自らが以前会長を務めていた沖野東学区民体育振興会に「参加しなさい」と
地域のために活動せよというミッションをいただきました。

おやじの会を立ち上げたときも、
小学校のPTA会長になったときも、

「それはいいねえ。もっとおやりなさい。」

と言って下さり、
沖野地域を盛り上げる活動をとてもよろこんでくださいました。



葬儀が終わった後に、
岡さんの後援会長から「これからはあなたたちの時代だからたのむよ」と言われたときは、

一つの時代が終わったなと感じると同時に、
岡さんからも同じ言葉を言われているような気がしました。


そして、自分たちの世代が責任をもって取り組み、
もう上の世代がいなくてもこの世の中を動かしていかなければならないのだということをあらためて感じました。

もはや「若手」ではない。
そういうことなのでしょう。



仙台の「軍師」と呼ばれた岡征男先生のご逝去を悼み、
謹んでお悔やみ申し上げます。

どうぞ安らかにお眠りください。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1603-f1e7460c
    この記事へのトラックバック



    fx