【再録】堤康次郎(元西武鉄道社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】堤康次郎(元西武鉄道社長)─昭和時代の私の履歴書

2014年10月21日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉


堤康次郎は実業家、政治家。


明治22年滋賀県生まれ。
早大卒業後、土地、鉄道開発に成功。
大正14年以後滋賀選出衆議院議員。
戦後追放解除で復帰、
西武百貨店、国土計画興業グループを育てた。
昭和28年から1年半衆議院議長。
39年4月26日死去。


「私の履歴書」は昭和31年7月に連載している。

堤康次郎は、西武グループの創業者で、
以前書いた東急の五島慶太のライバル的存在でありました。


昭和時代の私の履歴書─五島慶太



またその女性関係も有名で、
複数の女性との間に数多くの子供を残しています。


明治22年、滋賀県愛知郡八木荘村の農家に堤は生まれます。
五歳の時に父に死に別れ、以来祖父母に育てられることになります。

小学校の成績はよく、
無試験で彦根中学への入学を許されたのですが、

堤の祖父が、

「せっかくここまで育てたのに
彦根のような繁華なとこにやって、悪い人間になられたら大変だ」

とひどく心配するので、学校へ行くのをやめて農業に専念することに。


堤は、子供ながら手当たり次第に農業に関する本を読みふけり、
りん酸肥料を知ります。

なんとかこれを応用しなければと、
大阪で開かれていた勧業博覧会へ出かけます。

すると大阪硫曹という会社が、過りん酸を出品していました。
すぐさま社長に面会を申し込み、

「滋賀県ではこの効果のある肥料をまだ誰も使っていません。
私に滋賀県の一手販売をやらせてください。」


当時十五歳の子供がこんな申し出をするので、
社長はあいた口がふさがらない表情だったのですが、
意気に感じ、馬車二台分の過りん酸を売ってくれました。


堤はさっそく家に看板を掲げ胸を躍らせながら客を待ちましたが、
お客様は一向に現われず、閉店のやむなきに。

しかし、裏作をはじめてれんげを作ったところ、
この過りん酸が大いに物をいって、れんげの大豊作となり、
村では二毛作のまねをする人が増えたのだとか。

同時に耕地整理をはじめるなど、
先進的な農業改革を堤は子供ながらに進めていたようです。


四年間農作業に励んだのち、
堤は祖父の許しを経て京都の海軍予備学校で一年間勉強し、
村へ帰って郡役所の雇になります。

ところが祖父が亡くなります。
これを転機として田んぼを担保にして上京、
二十一歳の春に早稲田大学に入学します。


入学早々に柔道部の練習を見て、これはおもしろいと入部。
また弁論部にも入ったそうです。

このころ、堤は後藤毛織の株を買って総会に出席します。


「その総会たるや石川島造船の社長であった梅浦精一らが、
社長追出しを策している大騒ぎの総会だったのである。

両者の言い分を黙って聞いてみると、
どうも乗っ取る側の言い分が無理である。

…そこで私は、羽織りも着ていなければ、袴もはいていない、
セルの着流しといった風態で、しかも二十一歳の若者が、
やおら立上がって、発言を求めたのである。

…この私の発言で、口火を切った形になり、
えらい大騒ぎになったが、
結局乗っ取り側が退却して、どうにかおさまった」。


これを機に、堤はこの株で六万円を儲け、
三等郵便局長の権利を買ったり、
鉄工所を経営したりするようになります。

その後雑誌の経営、船、真珠の養殖など
次々と手を出しますが、次々と失敗に終わります。


この経験から堤は、
二十歳で体のかっこうは一人前になるが、
判断力は五歳ぐらいの子供にすぎないといつもいっていたそうです。

これは判断力の正しいのは八十台だという考えから来た理論なのだとか。


もっともこれは後からの考えで、
その時はもう

自分は世の中に生きている値打ちのない人間だ

とまで思ったそうです。


───────────────────────────
【引用ここから】

そして思い悩んだすえ、
考えついたのがもうけよう、もうけようと考えたのがいけない。

自分はもうけなくてもよいから、
この世の中のために少しでもできるだけのことをしようという
奉仕の心だった。

そして最初に考えたのが不毛地の開発事業であった。

そしてまず箱根と軽井沢の開発にとりかかり、
初めて私は自分の人生に曙光を見出したのである。

【引用ここまで】
───────────────────────────



堤の若いころからの行動力は、すごいものがありますね。
それぞれ見ていくと、
強い好奇心が背後にあるのではないかと感じます。

子どもの出る幕ではないと言われそうなところに
首を突っ込んでいく、
行動力のない事業家はいませんが、
突出しているように感じます。

次々と事業に失敗して行き着いた考え方もそうですが、
判断力の正しいのは八十台というのも何となく納得できます。

ただ若い時は年寄りの言うことをハイハイと
なかなか聞けないものですので、
少しでもお年寄りのアドバイスを大事にできれば
またよいのではないかと感じました。


この後、堤は土地開発、鉄道、政治の道に進みます。
腕一本でここまで大きくしてきた堤の力を感じつつ、

赤坂プリンスホテルが休館になる今日を思うと、
栄枯盛衰もまた感じます。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉






(第197号 平成23年3月30日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1599-73b7d75f
    この記事へのトラックバック



    fx