一人で世の中が変わるか!⇒変わります - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

一人で世の中が変わるか!⇒変わります

2014年10月12日 18:00

10月9日、10日と二日間、
林英臣政経塾 政治家天命講座第9期 東日本合同例会に出席してきました。

全国から約20人の若手地方政治家が集まり、
徹底討論、懇親を深め、天下国家を議論してきたところです。


林英臣先生からは、

「古事記に学ぶ日本の原点」
「大和言葉が示す日本思想」
「松下幸之助翁が教える国家観と政治観」

の講義を二日間合計で9時間学ぶ機会をいただきました。


自分自身も講演をする機会をいただくことがあるわけですが、
何かを熱を持って伝え、
なるほどと思ってもらうためには、

これはという先生の話、
そして様々なテーマの話をふだんからインプットしておく必要があると思っています。

日々勉強ですね。


今回の講義も9時間あっという間に過ぎましたが、
自分の行動にどのように置き換えていくかということを考えながら講義を聴いていました。


日本の歴史や思想について深く学ぶ機会というのはなかなかないものですが、
実は毎日の私たちの生活の一つ一つに、

一人一人の生活にそなわっているものであり、
大仰なものではないなあということもあらためて感じました。


たとえば、大和言葉で言うところの「マコト」。
大和言葉と言っても普通に言えば国語の「訓読み」なわけですが、

「マ」とは、真理、時間・空間を表す言葉。真、誠、正に、的、丸い、天。

「コ」とは、凝固、凝集。凝る、凍る、混む、込める。

「ト」とは、閉止。戸、閉じる、留まる、止まる。

日本語には一音一音に意味があり、
「マコト」とは、真理を凝り固め、閉じ込めたもの、
というイメージの意味になります。

真事=真言であり、これが「誠」、「信」になっていきます。

言葉の一音一音に意味がある、
そして長い時間をかけて日本人がつくりあげてきた言葉には、
その一音一音に込められた意味を踏まえた言葉になっている。


毎日何気なく使っている言葉も、
遠い祖先の時代から連綿と継続して伝わってきた言葉であり、
千年、二千年以上前の日本人と、
現代の私たちは同じ意味の言葉を使っている。

そう考えると、
日本語の奥深さと素晴らしさを感じます。

したがって、私たちがふだん発している言葉が、
大きな力となって「言霊」となると言われるわけですね。


山上憶良は「言霊の幸はふ国」といい、

柿本人麻呂は「言霊の助くる国」と言いました。


言葉が運命を決めるのであり、
言葉に出した通りの運命が自分の人生となる。

つまり、今まで自分が発した言葉の結晶体が今現在この瞬間の自分をつくっているのであり、
自分の将来を決めるのもまた言葉なのだ、と。

そう考えると、大和言葉、
わが国の国語をもう一度しっかりと見ていかなければなりませんね。


林英臣先生のメルマガはこちらです。


林英臣の元氣メール





また、松下幸之助は、
日本の伝統精神として、
三つのことをあげました。


【1、衆知を集める(多面的総合性)】
一見、愚者のように見える意見、例えば子供の意見も大事にする。それが日本の伝統であると。

【2、主座を保つ(中心的連続性)】
軸を保つ。自分を失わずに、主体性を持って教えを受け入れ尊びこれを生かす。

【3、和を尊ぶ(共生的調和性)】
日本の歴史を見ると諸外国に比べ争いが非常に少ない。一体感をもっている。


日本のよき伝統を私たちが受け継いでいくと同時に、
私たち日本人が先頭に立って、
世界にこの精神を輸出していかなければならないと私は思っています。

その手法は様々であり、

メルマガなのか出版なのか、
はたまた社会ビジネス、起業なのか、
政治的手段なのか、

いくらでもやり方はあるのだろうと思いますが、
この混沌とした世界秩序のなかで、

松下幸之助が言っていた「日本の伝統精神」を、
世界の先頭に立って広めていくことこそが、

日本の国としての使命であり、
まずは「和の国」をつくりあげていく。
そのための政治活動を今後も続けていきたいと思っています。





渡辺勝幸は大きなことを言っていると思われる方もいるでしょう。

先日も街頭演説をしているときに手伝ってくれた方に向かって、
ある通行人の方から、

「一人で世の中が変わるか!」

という言葉をいただいたそうです。



たしかに、渡辺勝幸はいつも朝に一人で立っていて、
世界を変えようとしている。

この姿は誰が見ても滑稽であり、
世界を変えられるようにはどう見ても見えないことでしょう。



私も以前はそう思っていました。


しかし、いまは確信に近いものがあります。

「一人で世の中が変わるか!」

と目の前で言われたら、今の私は笑顔でもって、

「必ず変わります!」

と断言できます。


必ず私のまわりに、
これからどんどん応援する人があらわれ、

それが少しずつ少しずつ輪を広げ、
大きな運動体となり、

仙台が変わり、
宮城県が変わり、

東北が変わり、
日本が変わる。


そしてこの日本が先頭に立って、
世界の人々を変えていく。

そんなイメージが頭のなかにできあがっています。


確かに一人だけでずっと活動していたら、
これは無理でしょうが、

みなさんがそれぞれの持ち場持ち場で、
私と同じベクトルを持って、

それぞれの会社や学校で、
それぞれの業界や地域で、

世界を変えていく。



もしかしたら、
世界がすっかり変わっているころ、
私はもう死んでいるかもしれませんが、

それもまたよしですね。

一回限りの人生を狂挙に使いましょう。



そして、私たちの子供や孫が、
私たちの世代が真剣に世の中を変えようとしているのを見て、

ぼくもやるぞ!
わたしもやるぞ!

と思い、受け継いでくれたならば、
いずれ必ず世界は変わることでしょう。



私一人ではなかなかできない大きなことではありますが、
それぞれの分野で皆様のご協力をいただき、

日本の原点をしっかりと踏まえた活動を、
これからも展開していきたいと思っております。


ご支援どうぞよろしくお願いいたします。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1589-989b6d2d
    この記事へのトラックバック



    fx