つくる仙台でインターンをした東北大学学生の成長について - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

つくる仙台でインターンをした東北大学学生の成長について

2014年10月09日 18:00

この9月に約3週間、
つくる仙台でインターンとして活躍してくれた大学生の感想を、
ここに記したいと思います。

すでに彼は友人と起業していて、
大学生の傍ら、ビジネスをしていますので、

今回のインターンは学生ということを考えず、
同じ社会人として成長するだろうと思い、
本来私がやるべき仕事も思い切って任せてみました。

思い起こすと私も20代前半で、
国会議員の政策秘書という重い仕事をして悩み続けた日々がありましたが、
曲がりなりにもその仕事を十年できたのは、

上司が、私のような何も知らない若者に対し、
思い切ってすべてを任せて下さり、
ときにはフォローもいただきましたが、
自分で考え決断をするという癖をつけさせて下さった、

それを思い出し、
今回はちょっとハードルの高い仕事を任せてみました。

今回つくる仙台をお手伝いいただいたこの嶋田君には、
創業スクールではしっかり講師としてプロの仕事をしていただきますが、

きっといい経験になっただろうし、
創業スクールもまたいい経験になるだろうと、
自負をしているところです。


つくる仙台はお金にはなりませんがやりがいのある仕事がたくさんあります。

厳しいこの仕事をしてみたい若者がいましたら、
ご連絡ください。





──────────────────────────

つくる仙台インターン体験記
初めまして。嶋田瑞生(みずき)と申します。

仙台一高65回生で、現在は東北大学経済学部の二年生です。


渡辺勝幸さんとの出会いはこの春のことです。
とある一高の大先輩からの一本の電話がきっかけでした。


「インターンをしてみる気はないか?」


もともと二年生の夏は何かインターンのようなものをやってみようと思っていたため、
二つ返事で

「ぜひよろしくお願いします!」

とお答えしました。

こうして勝幸さんの元で勉強をさせていただくことになりました。


普段の学生生活では感じることのできない刺激を受ける毎日が続き、
あっという間に一か月が過ぎていったように思います。

1か月ということで、
インターンとしては決して長くはない期間ではありますが、
僕個人としては大変多くのことを学ぶことができたと思っています。


この一か月。

どんなことをして、どんなことを感じたのか。
少しお話させて頂きたいと思います。




インターンの開始は9月上旬。
初めての出勤の日、緊張していたのを覚えています。


インターンの中身として勝幸さんから与えて頂いたミッションは大きく分けて2つでした。

1つ目はつくる仙台様が起業広報支援事業として発行している
「つくるプレス」という広報紙の編集。

2つ目はつくる仙台様でこの秋から開講致します

「起業集団つくる仙台創業スクール」

の広告・説明パンフレットの作成。

この2つを中心に僕のインターン生活は動いていくこととなりました。



僕は、このインターンで一番学んだことは“人間関係”。

つまり、人と人との繋がりの大切さだと思っています。

2つの印刷物の編集作業は、
一見その重きが“編集作業そのもの”に置かれているように思えますが、
実際はそうではありません。

コンテンツの決定、記事作成の依頼、
デザイナーさんとの連携など何をするにつけても
自分以外の誰かと手を組んで作業をしていく必要があるため、
より良い印刷物を作ろうと思えば思うほどに人との強固な繋がりが要求されていったような気がします。

人間関係の構築に重きが置かれていきました。


もちろん、この作業にかかわっている僕以外の方は全員が年上の方です。

その年上の方にお願いをしていろいろなことをやっていただかなければならない。

この一言の“お願い”がとても難しいものでした。


「文章の修正お願いしたいけど何回目かだし気が重いなぁ。そもそも俺の説明が悪かったのかなぁ」

「なかなかお願いしていたことやってくれないけど催促していいのかなぁ」

大事なことに限って腰が重く、そして頼みにくい。

すごく基本的なことなのに今回改めて実感しました。


そんなときに僕を助けてくれたのは


「ほうれんそうはほうれんそうしたくないなって思った時こそ一番しなくちゃダメなんだよ」

「怒られるときは思いきって怒られにいった方がいい。」


という2つの言葉でした。


報告・連絡・相談が何事も基本だということは
わかっていたつもりでしたが、
どうやら認識が甘かったようです。

物事がうまくいっているとき、
ほめてほしいとき、そんな気分の時はほうれんそうが気軽にできる。

でも、本当に自分の上司がほうれんそうを必要とするのは、
物事がうまくいかなかったり、明らかなミスが生じているときなのです。

そしてそのバットニュースをほうれんそうすると大体怒られてしまいます。

そう考えると尚のことほうれんそうしたくなくなってしまう。

この負の連鎖の存在は人間関係構築上で大きな障害となってしまうと思います。


事実、ほうれんそうをしたくないと思ったときは
そのままなかったことにして逃げたくなるときもありました。

しかし、頂いた2つの言葉によって少し考えはかわりました。


それは、意外と言ってしまった方が楽になると気づいたためです。


ずっと言おうか言わないか悩んでいるよりも
思い切ってズバッと言ってしまい、
ガツ─ンと怒られてしまった方が、
一度に負うダメージは大きいですが、
自分の周りの停滞した状況が好転する可能性は跳ね上がります。

前に進むため、さらに上のステップに行くためにはしっかりとほうれんそうをし、
どなたかのお力を借りつつ、
しっかり相手と向き合っていくことがとても大切だということ。

このことを自分なりに考えることができたことがとても大きな収穫だと思っています。


「今はハイテクの時代。んじゃ次はどんな時代が来ると思う?」

ちょっと前にとある方にこんな質問をされました。


皆さんはどう思いますか?

僕はこんなことを言われました。


「ハイテクの次はハイタッチの時代が来るんだよ」


どんなに技術が向上し、生活がハイテクノロジーに囲まれていっても、
最終的には人と人とのつながりが大切になってくる。

どれだけ生活環境が変わっても人は人との関係性を崩すことはできない。


そういう意味だと僕は捉えています。

そんなちょっと前に言われた言葉が思いっきり今回のインターンで浮き彫りになりました。

普段の連絡手段はスマートフォン。
会議はSkypeによるビデオ通話。

しかし、改まってお願いをするとき。
告白をするとき。
心からお詫びをするとき。

どうして直接面と向かってお話したいと思うのか。

それはやはり人と人が“触れ合う”ことに何かとても大切な意味があるからだと思います。


これまで、ビジネスと言えばパソコンを駆使し、
データ処理を行い、システマティックに物事を運んでいくものだとばかり思っていました。

ところがどうでしょう。
そんなことはありませんでした。


お客様を、ビジネスパートナーを、もとい出会う人すべてを大切にすることで
初めてビジネスは展開されていくようです。

どれだけ優れた商品やサービスを提供していても、
結局はそれを売っている人の人間性が最後の決め手になるのではないだろうか。

そう思いました。

話がひと段落してしまいましたが、
もう1つだけお話したいことがあります。



勝幸さんが朝に行われている街頭演説に参加をさせて頂いたことが
このインターンで一番インパクトがあるイベントでした。

通勤通学で足早に歩く方々で溢れる朝の河原町駅前。

勝幸さんのお手伝いをするべく僕も朝から街頭に立ち、
「つくるプレス」をお配りしながらご挨拶をしていました。

その日は街頭演説の通算350回目の記念回。


「せっかくだからなんかしゃべってみなよ」


そう前日に言われていましたが


「なんか怖いのでいやです」


とお断りをしていました。



しかし、つくるプレスを配りながらご挨拶をしているうちに

“なんだかいけそうな気がする”

状態に。

元来、人前で話すのは嫌いでなく、
むしろ好きなタイプの人間なのでちょっとマイクを持つことに興味が湧いてきていました。

しかし、あと一歩、踏ん切りがつかない。
そんなときに

「嶋田くん、話さないの?これ絶対話した方がいいよ。人生変わるよ?」

と背中を押して頂き、

「じゃあ、やってみます!」

とマイクを持つ勝幸さんの元へ。


マイクの使い方を教えて頂き、いざ…。


「みなさん!おはようございます!
 私、仙台一高65回生で現在は東北大学経済学部二年に所属しております、
 嶋田瑞生と申します!この夏は勝幸さんの元で様々なことを…」


気持ちいい。


「…どうもありがとうございました!」


演説を終えてマイクを置くときには高揚感に包まれ、
自然と笑顔になっていました。

本当にやってよかった。
そう思います。

勝幸さんから「世界が変わるよ」と言われた意味が
なんとなくですがわかった気がします。

大変貴重な経験をさせて頂きました。



この一件だけではありません。

思い返せばインターンの間中、
ずっとたくさんの大人の皆様に支えて頂きました。


時には背中を押してくださり、
時には叱ってくださり、
時には褒めてくださいました。


勝幸さんの事務所には様々な方々が出入りします。

事務所にいらっしゃった方々が
代わる代わる僕にたくさんのことを教えてくださいました。

1時間みっちりお話してくださる方。
5分で信じられない情報量のお話をズバッとしてくださる方。


様々な方のご意見をたくさん聞かせて頂いたことで、
自分の中の考え方の幅がとても広がったように思います。

自分は恵まれているな。
そう強く思いました。


結局この件についても“人間関係”の大切さを再認識させられました。


僕はこの夏、本当にたくさんのことを学びました。

この経験を糧に、
これからもっと大きく成長していきたいと思っています。


最後になりますが、
この夏のインターンに関わって頂いたすべての皆様に
心からお礼の言葉と宣言を述べさせて頂いて、
インターン体験記を締めたいと思います。


皆様、本当にありがとうございました。

皆様から教えて頂いたこと、どれも大切に覚えています。

そして、いつか皆様を超えるようなビックな男になります。

その時は少し褒めてください。



ありがとうございました。
嶋田瑞生




プロフィール
嶋田瑞生
仙台第一高等学校65回生。現在東北大学経済学部2年生。
2014年春より同じく仙台一高卒、東北大学経済学部2年生の池田慈と共に有限責任事業組合baselabo.comを設立。
東北大学の研究室発祥の木製ボードゲーム「ビジネスゲーム」を用いた社員研修や学生向けセミナー開催を主な業務としている。
様々な業種を想定した多種多様なビジネスゲームを用いたセミナーは会計学と経営学の基礎が体系的に学べると大好評。そして何より面白い。
現在はタイのタンマサート大学シリントーン国際工学部の学生と共に新規ビジネスゲームの共同開発を進めるなど、国内外を問わず活躍している。
起業集団つくる仙台創業スクール講師(予定)

組合紹介
有限責任事業組合baselabo.com
〇ビジネスゲームを通じて会計・経営センスを磨いてみませんか。
〇社員研修やインターン生向けの御社オリジナルビジネスゲームを作ってみませんか。
お気軽にお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。
HP:www.baselabo.com
TEL:050-5884-500
Mail:info@baselabo.com
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1586-b83fa526
    この記事へのトラックバック



    fx