【再録】鹿島守之助(鹿島建設会長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】鹿島守之助(鹿島建設会長)─昭和時代の私の履歴書

2014年10月07日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉


鹿島守之助は、日本の外交官、実業家、政治家、外交史研究家。
法学博士。元鹿島建設会長。
元参議院議員。文化功労者。


明治29年兵庫県生まれ。
昭和2年鹿島組社長、精一の養嗣子。
11年社長、32年会長。43年には霞が関ビル完成、
28年参院全国区当選、32年国務相。
鹿島平和研究所主宰。著書多数。
48年度文化功労者。50年12月3日死去。


「私の履歴書」は昭和39年9月に連載している。



鹿島守之助は、明治29年2月2日に兵庫県揖保郡半田村に生まれました。
姫路近郊の豪農、永富敏夫の四男。

父は撫松山人と号して文人墨客と交わり、
関西詩壇に名声を得たとのこと、

また詩人で篤農家でもあり、
人格者として尊敬を受けていました。

そして長兄は京大哲学科の美学を専攻するも、
卒業後郷里へ帰らされ、相続人、地主となる教育をさせられます。
そして長年村長として地方の産業開発に貢献。

さらに母は、長男を中心として家を維持することが行動のすべてという人。
朝早くから夜遅くまでエネルギッシュに働く。

兄だけが特別扱いで、守之助たち弟はその補充として
育てていくに過ぎなかったと。

お魚でも兄は食べ放題で、
守之助が兄のように食べようとするといつも止められたのだそうです。

お前は分家になる身分だからあまりぜいたくの癖をつけてはならないと。


守之助が大学時代に社会主義の研究に没頭したのは、
この不公平な取り扱いに起因することが多かったと回想しています。

昔からいろんな伝記を読んできましたが、
社会主義者には生活が貧しくて活動家となる人も多いのですが、
富裕な家庭に生まれた人が
社会主義思想に傾倒することが意外とあります。



守之助は龍野中学から京都の第三高校に入学します。
学生時代は、文学青年であり、ドイツ文学にはじまり、
宗教、哲学、政治などを論じる日々。

とりわけ哲学では、ベルグソンの影響を受け、
「創造的進化論」に関心を示していたようです。

守之助はのちに自民党の国会議員となりますが、
以下のように述べています。


───────────────────────
【以下引用】

私は現在自民党に籍をおくものであるが、
自民党を保守党といわれるのがきらいである。

世の中は創造し進歩して行くのであって、
少なくともわれわれの了解する党は保守にあらずして、
エリオのように絶えず進歩向上する党でなければならないと思う。

その哲学的背景はベルグソンに根拠がある。

【引用ここまで】
───────────────────────


創造し進歩する、
こういう考えの人がまだいたのが、
この時代の自民党の幅広さを感じさせます。

東京大学法学部に入学、一生懸命講義を聞く学生だったそうです。
吉野作造先生へ提出した卒業論文は、
フランスのサンジカリズムの研究。

三高時代に守之助は「外交官であって文学者になりたい」
という希望をすでに持っていました。

そして高文にパスし、外交官試験にも合格した守之助は、
外務省に行くことになります。

最初の海外は、大正11年外務官補として
ドイツ駐在大使館勤務になりました。
このとき船で出会ったのが、


鹿島精一氏(鹿島組社長)

と、

永淵さん(鹿島組取締役)


でした。大西洋の船には日本人はこの三人だけで、
のちにつながるご縁が生まれたのはこの船だったそうです。


守之助は、ドイツ大使館時代に
ロシア革命の勉強ができたとよろこんでいました。
ドイツでは、文献を片っ端から集めていたようです。

大使館には思想問題に理解をもつ人がいなかったため、
社会党、共産党の情報を取って
守之助が報告するという役回りになりました。

「赤旗」「ホールウェルツ」など左翼の新聞を読み、
ミュンヘン一揆をおこしたナチスの情報を取りに行ったりもしています。


あるときエーベルト大統領臨席で、
劇作家ハウプトマンの生誕六十年祭に守之助は出席します。

ワイマール精神のシンボルとしての開催について、
内務大臣があいさつし、満員の観客は割れるような拍手を
ハウプトマン夫妻に送る。

その光景に感激する守之助。


翌朝の新聞には、
ドイツはゲーテ時代のように芸術と政治が合致したことに
大いなる誇りを感ずると書いていました。

政治家であってしかも芸術家たることを
守之助は理想としており、
大いに感激をします。


また守之助は、当時クーデンホーフ・カレルギーの
「パン・ヨーロッパ」に感銘を受け、

ソ連に対抗するためアジア連合を提唱していました。
アジアが連合しなければ、アジアの共産化、ソ連の侵略は不可避だろうと、
ベルリンから日本の雑誌に投稿していたのでした。

ドイツ国民党の領袖、ストレーゼマンの
強力な国民への指導ぶりにも守之助は感銘を受けています。


このドイツ大使館勤務は、
後の守之助に大きな影響を与えたように思います。

文学青年であり、哲学青年であったことから、
本人にとってもドイツ駐在は大いに有益であったでしょうが、

一党一派に偏せず、全体を見て判断できるようになったと
自分自身でも回想しています。


守之助は事業家というよりは、
いわゆる当時のエリート青年で、

その理想主義的な思考は、
当時のドイツにおけるワイマール体制に非常にマッチしていた
といえるかもしれません。

したがってこの時代以降の日本およびドイツの政治体制を考えると、
守之助の姿勢と世の中の雰囲気が合わなくなっていったのではないかと
推測します。

これだけの優秀なエリートでも、
時代が求めているかいないかで
その人生は大きく変わるのだろうなと感じました。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈2〉





(第210号 平成23年4月12日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1584-ad4a412a
    この記事へのトラックバック



    fx