【しんちく仙台第3回】東日本大震災を経験して気付いたこと - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

【しんちく仙台第3回】東日本大震災を経験して気付いたこと

2014年09月25日 18:00

───────────────────
先々週から毎週木曜日、四回にわたって、
株式会社しんちく仙台代表取締役の大文字健さんによる
メルマガをお送りしております。
───────────────────

↓  ↓  ↓  ↓




【しんちく仙台第3回】東日本大震災を経験して気付いたこと


みなさま、こんにちは。
株式会社しんちく仙台の大文字です。

本日で、3回目になりますが、
今回は「東日本大震災を経験して気付いたこと」を
テーマに書いていきたいと思います。



私が会社を辞めて起業を決意する上で、
この震災の話は、
切っても切り離せないものなので書きます。

震災後の11月頃に、
私は名取市や亘理町等の仙南エリアで、

ハウスメーカーの営業として被災された方々に、
復興住宅の販売を行い始めました。


当然、被災された方々のほとんどは、
応急仮設住宅に住んでいらっしゃいましたが、

自宅を再建する上で周りの方々と意見交換をされており、
私も相談されることが少なくありませんでした。


よく耳にしたのは、

「詳細を決めずに建物の請負契約をしたけど、
 あとから追加工事をしないとダメだなんて言われて・・・・」

「契約書の引渡し時期が未定になっており、
 半年経っても工事をちゃっこうしてくれないんだよな~」

などです。

あげればキリがないですが、
家づくり関する契約トラブルや
欠陥住宅等の話を耳にしていました。


住宅業界は他の業界と違ってリピートでの受注がありません。

さらに、来場数が売上に直結することはありません。


家づくりを検討している方を集めるために、多額の費用をかけて
来店された方も、契約に至るまでは、売上も発生せず、

契約を決断させるまでは無償のサービスを提供し続けなければなりません。

時間が経てば経つほど、経費がかかるので、早く費用を回収しようと
詳細な見積もなく契約を迫っていきます。

そもそも、リピートを期待していないので、顧客満足に時間やコストを掛けず、
見積や価格は不透明なのが業界の実態です。


そのような住宅業界の実情を、
これから家づくりをしようという被災者の方々に話をよくしておりましたが、

私がハウスメーカーの社員である以上、
それは自社商品を売るためのセールスとしか聞き入れられず、
悔しい思いをし、自分自身の能力・影響力の無さを痛感しておりました。


さらに、企業に属するということは、その企業理念や規則、考え方は
当然に賛同していなければなりません。

自社で販売している商品が他社のものより優れており、
お客様にとっては一番である。

これは、本音と建前もあるかもしれませんがそう思っていないと、
お客様の心は全くもって微動だにせず売れることはありません。


被災をして身も心も傷ついた方々に対して、
何をもって一番なのか・・・・

ちょっと話した方に、
これが一番だというのも無責任だし・・・

そんなことを、本当に毎日考えていました。


結局、勤めていた会社には大きな不満はなかったのですが、

住宅業界の売れれば何でも良いという考えや、
不透明な体質、騙される方を助けることは自分にはできないという思いで、
2013年の8月にスッパリ住宅業界から身を引きました。




ちょっと余談ですが、ローコストのハウスメーカーで売れる営業マンは
入社2~3年目だと聞きます。

その理由は、上司から言われたことを正直に熱意を持って
お客様に伝え、多少知識がなくても、やる気に満ち溢れ、
若く純粋に対応し、質問事項のレスポンスもテキパキと行うことで、
お客様に信頼感を与えるからです。


ただ、それが経験を積んできて、会社の評判や内部事情、
引渡し後のOB施主様からの話しを聞くうちに、

会社への疑問がフツフツと湧いてきて、
4~5年も経つと、熱意もやる気も薄れていき、

それに比例するように売上成績も下がってきて、
最終的には辞めていく。


しかし、会社の方は若い人間の方が売れると分かっているので
何とも思っていません。


だから、離職率が高いとか、いつも営業マンを募集している会社は
ちょっと注意が必要ですね。まぁ、住宅業界に限らないと思いますが・・・


話は戻りますが、
退職後、住宅業界とは無縁の仕事をしておりましたが、

まもなく、古くからの友人が注文住宅を購入する祭、
誰でも聞いたことがあるハウスメーカーに騙されかけました。


そこで、「知識不足の消費者をバカにするようなことはさせたくない」と改めて感じました。


たった一回の人生だし、あの震災でいつ人生の終わりを迎えるか分からない、
この世は無常だと考え、

今までは自分の好きなように生きてきたけど、
これからの人生は世の中の人ため、
いや、身近な友人を助けられるようにと思い起業を考えました。



何のために生きていくのか?
どのように生きていくのか?
何を自分がしたいのか?
どのような人間になりたいのか?

シンプルに、とってもシンプルに考えていきました。




そして、つくる仙台渡辺代表と縁があってお会いし起業したのが、
2014年の6月20日。


「株式会社 しんちく仙台」が誕生しました・・・
お会いしてから、約2ヶ月でした。

難しく考えれば、とても、とても安定したサラリーマン生活を捨てての、
38歳での起業は無謀だという方もいます。

しかし、
ルールや常識は、会社でも世間でもなく自分自身が決めていく。

自分が正しいと思ったことに忠実に生きていく。


そして自分のルールには、責任を持って自分自身が守り果たしていこうと決意しました。









続きは来週木曜日に。




しんちく仙台のFBページに「いいね!」をお願いします!





【大文字健 だいもんじたけし】

 仙台市出身 38歳

 今年の6月20日、仙台市で起業

【 業務 】

 宮城県内の複数の工務店に、お施主様の希望プランで
 競争入札の手配、その後、施工業者選定アドバイス、
 契約の立ち会い、施工状況の確認・管理をお引渡しまで実施。

--------- 略 歴 --------------------


 大学で建築学を学び、

 約13年間、不動産業界において、
 新築マンション・一戸建て住宅の販売業務、
 中古不動産の仲介業務を経験。

  東日本大震災後、宮城県名取市~山元町において
 被災された方へ復興住宅の販売に従事。

 2014年4月「株式会社つくる仙台」渡辺氏に起業相談
 2014年 6月「株式会社しんちく仙台」設立
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1563-396e093a
    この記事へのトラックバック



    fx