帝人事件で獄中生活、浪人、満州でも失敗─河合良成(小松製作所社長)その4─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

帝人事件で獄中生活、浪人、満州でも失敗─河合良成(小松製作所社長)その4─昭和時代の私の履歴書

2014年09月09日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉


河合良成の履歴書の続きです。

河合はの農商務省で「米価」を担当しますが、
運悪く「米騒動」が起こり、

これがもとで寺内内閣はくずれ、
次官の上山はじめ幹部がやめるというので、
河合もまた農商務省を辞職することになりました。

その後33歳、東株(東京株式取引所)入り、
また15年間ほど、大学の講師もします。

大正13年、東株を辞任し、
日華生命常務に就任、保険業界に転身します。

そして「帝人事件」が起き、
河合の人生にとっても大きな出来事となった事件でした。


台湾銀行から保険団が帝人株を二十万株買いました。
河合は保険業者として中に入り、
台湾銀行の連中から買って、それを各保険会社に分けたのでした。

当時時価は109円。
それより3円高で買いましたが、
5000株ほど引き受け手がなく余ります。

仕方がないのでそれを長崎英造、小林中、永野護と河合の四人で引き受けます。

その後しばらくして株式全般が暴騰し、
帝人も180円ぐらいにあがります。

それを見てあいつら何かうまいことをしたのではないか

と言い出したのが藤田謙一の一派。
それが議会でも話題になったのでした。


一方、時事新報の武藤山治が、
「番町会を暴く」という記事を十数回にわたり書き、

「番町会はいまや政財界の裏面に暗躍し、
 帝人乗取りなどを策している。
 その権力と金力を背景とする策謀は断じて許せない」

という記事を書きました。

世間では時事が書くのだからと信用し、
騒ぎ始めますが、驚いたのは河合たち。

番町会は何も関係がないのに
事実無根のことを書かれてはたまったものではないと心配し、
河合たちは相談をします。


そのとき正力松太郎や河合などは、
これくらいわれわれを侮辱し、名誉を傷つけるものはない、
逆にこっちから告訴しようと主張しますが、

中野金次郎、渋沢正雄が反対します。


正力はしまいに怒って、「なんだこの野郎」と、

柔道六段、剣道指南格の正力と、
炭鉱で鍛えた中野が、
胸倉の掴み合いをはじめ、河合が驚いて仲に割る始末。


結局告訴はせず、

「番町会としては会員の二、三は個人的に関係したが、
 郷はじめ他の会員とは全く関係がない」

という広告を出しました。

そのうちに武藤山治が急死するに及び、
なおさら世間にセンセーションを巻き起こし、

河合らは一網打尽につかまります。


そして市ヶ谷の獄中生活の200日が始まったのでした。



河合たちはもとより無罪を信じており、
精神的には割りに楽だったと回想しています。

保険業者である河合が、
保険団の有志会社に公正かつ合理的な方法を踏んで、
帝人株を引き受けさせるのに努力したことがなぜ悪いのか。

しかも時価より3円も高い相場で買っているのではないか。

それが、その後株価が暴騰したといっても私の知ったことではなく、
商談もまったくフェアーでその証拠はいくらでもあると、
固く信じていたのでした。



市ヶ谷の刑務所での200日の生活で、
人間はやはり自分の近親、家族との愛情が
いかに断ちがたいものであるかをしみじみ感じます。

市ヶ谷と河合の家とは二里足らずしか離れていませんが、
誰とも会うことができず、
週に一度の手紙がひと月もかかって家へ届きます。


もう一つは、
世の中がいかにも楽しく、美しいものだということ、
たとえば獄中の窓から空の色をながめると、
その流れ行く雲のなんときれいなことか、

河合は感傷的なところがあるせいか、
よけいそんな風に感じられたのでした。


半面、生活は不愉快そのものでした。
夕方になると、南京虫がぞろぞろ出てくる。

獄中の南京虫はのそのそ歩き、
河合のまわりを散歩している有様。

保釈になってからも、
二百数十回の裁判に通い、
河合たちはそれを「学校へ行く」といっていました。

最後の無罪の判決は、
約12万字に及ぶもので、
裁判長は判決書朗読に6時間15分も要したほどでした。



番町会とは何か。

河合は郷誠之助の子分だったと自ら回想していますが、
郷に講談本を読んで聞かせたという
後藤国彦と岩倉具光の三人が相談し、

郷のグループをつくろうではないかということから、
毎月14日、番町の郷邸に寄り合い、
ごちそうになったのがことの始まり。


当時郷の家で使っていた鎌倉彫の丸いテーブルが
ちょうど十人座れたので、
会員数を十人にしようということで、

河合ら三人のほか、
渋沢正雄、正力松太郎、中野金次郎、伊藤忠兵衛、金子喜代太、永野護、春田護行らを加え、
毎回雑談に花を咲かせていました。

中島久万吉や小林一三は客分としてときどき参加。


しかしだんだん年月が経ち、
連中が一国一城の主となり、
財界でも相当の力を持つようになってきて、

「このメンバーで内閣ができるな」
と笑い話をしたり。

しかしそうなると、
だんだん世間の風当たりが強くなり、

帝人事件へとつながっていったのでした。


帝人事件後、河合は浪人生活の味をかみしめながら、
砂鉄の研究や読書三昧にくれていると、
当時満州にいた岸信介、星野直樹から

「満州に顧問としてこないか」

という話が出てきます。

「河合が帝人で困っているから満州に呼ぼう」

という話になったらしく、満州へ渡ります。


大豆の統制や、
大豆から羊毛をつくる大豆化学の会社を計画しますが、
関東軍に「河合は番町会だ」といわれ、
一年で東京へ引き上げてきたのでした。


獄中生活、浪人生活が続いた河合ですが、
それで人生が終わるわけではありません。

続きは次回に。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1561-fb0981e3
    この記事へのトラックバック



    fx