米騒動で農商務省をやめ、東株、大学講師、保険の世界へ─河合良成(小松製作所社長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

米騒動で農商務省をやめ、東株、大学講師、保険の世界へ─河合良成(小松製作所社長)その3─昭和時代の私の履歴書

2014年09月02日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉


河合良成の履歴書の続きです。

河合は東大で神経の病にかかりますが、
それを乗り越えて農商務省に入省し、
取引所行政にかかわることとなりました。

株、米、物価などの問題につぎつぎと携わるようになったのでした。


第一次欧州大戦のときには、
蚕糸救済の仕事を担当します。

糸の価格の安定のため、
政府派遣のマネージャー格で500万円の補助金をポケットに入れ、横浜に乗り込みます。

この時代の官僚はおもしろいものですね。

河合は帝国蚕糸会社をつくり、
横浜の原富太郎、茂木惣兵衛などと一緒に仕事をして、
帝国蚕糸に200万円ももうけさせたこともありました。

そのためか戦争が終わったとき
勲章と一時金200円をもらったのでした。


河合の農商務省時代、
もっとも面倒だったと回想している仕事が

「米価」

でした。

米価問題が複雑で難しいのは昔も今も変わらず、
当時も、何回も米価調節調査会というものがつくられました。

河合は商工局代表として参加し、
当時の農商務次官上山満之進を中心にして、
米価問題解決の基礎をつくりました。


そのうちに「米騒動」が起こります。


河合は当時、外米課長を務めていました。

外米の管理をはじめ日夜大奮闘しましたが、
値は逆に上がる一方。

米は少ないから上がり、
多いから下がるというばかりではなく、

好景気になると、
米を余計食うもので、外米などは食べず。

投機師を押さえようとしてもどんどん上がっていきます。

それでとうとう焼き打ちとなり、
それが皮肉にも河合の国の富山県が皮切りとなったのでした。

それから阪神、東京などへと広まっていったわけでした。


これがもとで寺内内閣はくずれ、
次官の上山はじめ幹部がやめるというので、

別に責任を取らねばならぬほどの地位ではなかったのですが、
課長としてその一端を負うという意味から、
河合は職を去ることにしたのでした。




浪人していると、
郷誠之助(近代日本で著名な実業家)から、

「おれの方へ来ないか」

という話があり、東株(東京株式取引所)入りしました。

33歳のときでした。


すぐ大正8年末から9年にかけ、
6か月ほど欧米の取引所視察旅行に出かけ、
帰ってきて常務理事となります。

外国から帰ると、
大正9年のパニック、大正12年の大震災にぶつかり、
郷の片腕としていろいろな活躍をしたのでした。


早受け渡し制度、
つまり取引所の定期で売ったものがすぐ金になるという制度をつくり、
また国債市場も作りました。

そのころは今日とちがって、
取引所の財界における発言権は相当強く、

河合は郷の起案係としていろいろな案をつくり、
郷はそれを日銀や大蔵省へもっていって、
財界救済を迫ったのでした。




河合は東株時代から15年間ほど、
大学の講師もします。

教えたのは帝大はじめ慶応、中央、専修などの各大学。
主に取引所論で、専修大学では財政論も教えていました。

のちに教え子は非常に多く、
銀行、大会社の幹部の多数は河合が教えたものとなりました。

河合は取引所論を話すのに、
よく新聞の相場欄を利用しました。

大学は抽象論に傾きがちだが、
自分は実際面を重んじたい、

そんな意識の現れでしたが、もちろん理論も尊び、
外国の書物などもだいぶ読んで勉強したのでした。


私渡辺も大学の講義で、
実施面を重んじていますが、
参考にしたいなと思いました。




大正13年、郷が東株をやめます。
その理由は仲買人の郷に対する反撃が強かったためとしていますが、
郷自身も理事長在任十何年でちょっと飽きもしていたのだそうです。

そして、郷は去るに当たって河合に対し、

「君は残った方がいいだろう」

といいましたが、
結局河合は郷と進退をともにし、
東株生活に終止符を打ちました。


郷は「君はこれからどうする」というから、
河合は浪人をいたしますと答えました。

これが午前十時ぐらいの話でしたが、
その日の午後になると、郷は、

「君の行くところを決めてきた」

といいます。


当時の人は物事を運ぶのが早いもので、

「どこですか」と聞くと、

「日華生命の常務になれ」

といわれ、このときから河合は保険屋生活を始めたのでした。


日華生命はいまの第百生命の前身。
さらに現在はマニュライフ生命となっているようです。

河合はこの会社に七、八年関係します。
日華生命では普通の保険の仕事以外に保険会社の合併を手掛けます。

これにはかなり苦労が多く骨が折れたと回想しています。

河合は保険の合併を実行し、
その後の保険界の合併は円滑に発展し、大いに貢献をしたのでした。


このとき河合は団体保険をつくります。
河合のアイデアでしたが、

この最後の免許が下りた時には「帝人事件」が起きかけていたので、
膳桂之助にバトンを渡して引き下がったのでした。


そしてこの「帝人事件」が、
河合の人生にとって大きな出来事となった事件でした。

この事件で河合は、獄中生活を経験するわけですが、
続きはまた次回に。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1553-2f00384c
    この記事へのトラックバック



    fx