西田哲学から東大で神経衰弱、農商務省へ入省─河合良成(小松製作所社長)その2─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

西田哲学から東大で神経衰弱、農商務省へ入省─河合良成(小松製作所社長)その2─昭和時代の私の履歴書

2014年08月26日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉



河合良成の履歴書の続きです。

西田幾多郎から河合は多くの教えを受けました。
講義は倫理と論理でした。

河合は倫理の講義をまとめ
パンフレットにして同級生に配りましたが、

これは西田のその後の思想発展の基礎をなすもので、
西田の名著「善の研究」の素なったとしています。

河合が西田から一番切実に教わったのが、

「自覚」

ということでした。

イプセンのノラあたりの思想とのことで、また、

「プラトンの意志の力」、

つまり、

「吹雪のなかを突込んでいくという思想」、

「意志の弱きは罪悪だ」


という思想を植え付けられたのでした。


当時西田は四十ぐらいで、
奇行をもってならし、

むやみに頭髪をのばしている生徒をつかまえてはよく

「なぜこんなに長い髪が必要なんだ、切ってしまえ」

といっていました。


しかし一面、人情、愛情のこまやかな人で、
先生が子供を失ったとき、
死んだ子供の話ばかりしておられました。

河合は、
先生のような悟った人でもくよくよするのかと
いったらひどくしかられます。

そのしかる理由がまた非常に論理的で、
死んだ子供はふたたび帰ってくるかということでした。



河合は明治40年東京大学に入学します。

東京の大学は高等学校間の競争意識が激しく、
河合ら田舎出は、一高出身者の態度に非常な敵愾心を持ち、

先輩などに激励されて毎日勉強、勉強で明け暮れます。

ところが勉強に熱中しすぎた結果、
ひどい神経衰弱になってしまったのでした。


馬車に乗ったはいいが、
その馬がいくらムチをいれても思うように走らず、
とうとうたまりかね、馬車から降りて馬も馬車も自分でかついで走るという
激しい夢を見るようになります。


こうして大学三年までは学校へ出席したのが二十分の一くらい、
いつも追試験でやっと通っていました。

しかし神経衰弱が毎年、
秋になるとケロリと治ります。


追試験、追試験で三年間を終え、
最後の四年になると神経衰弱もからりと治ってしまいます。
卒業試験の成績も非常によく、
当時在学中にはあまり受けなかった文官試験に合格します。

明治44年、河合は大学を卒業したのでした。



社会人としてのスタートは農商務省

河合の入省の動機は、
以前から日本は今後海外へ発展すべきだという考えを持っており、
将来植民政策をやりたいと思っていたのでした。

そこで大学の矢作栄蔵博士に相談をすると、博士は、

「君はフランス語ができるか。
 植民政策にはフランス語が必要だ。
 いま農商務省で一人ほしいといってきている。
 その方を考えたら・・・」

といわれたので、なんとなしに農商務省に気が向いたとのことでした。


そこで岡野敬次郎博士の紹介をもらって、
農商務省に行き秘書官に会いました。

そのときの秘書官は堀貞という人で、

「今年から大学の学長の推薦がなければだめだ。
 改めて学長の穂積八束さんの紹介を持ってこい」

といわれたので河合は、

「それはおかしい。昨年までは岡野さんの紹介でよかったのに・・・」

と反問すると、堀秘書官は

「それでは君だけは例外的に考えるとして、
 特別に君に理由があれば採ろう。
 たとえば一番で卒業試験を通ったら採ってやろう」

といいます。

河合は、

「一番をとってきたら採用してくれ、
 それでなければ採用してもらわぬ」

というと、

「君はなかなかの決心だ。
 それならたとえ一番ビリになっても採ってやろう」

といってくれたのでした。

いま思うと堀秘書官はなかなか線の太い人物だったと河合は回想しています。


河合はのちに人からよく、
あなたは学校に残って学者になる考えはなかったのかと尋ねられました。

河合は子供のときから数学や自然科学に興味を持っていましたが、
実際のところ学問で親や子を食わしていけるかどうかわからなかったので、
財政学の教授から話があったが断ったのでした。

そのころは一つは出世主義が盛んで、
偉くなり両親に孝行をしたいというのが人生の一つの目標だったのでした。


河合は農商務省に入って商務局長に貿易の仕事をさせてもらいたいと頼みますが、
貿易に欠員がなく空いている取引所の監督に回されます。

取引所行政をはじめたのが縁になって、
その後、農商務省では重要な仕事である
株、米、物価などの問題につぎつぎと携わるようになったのでした。






続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈10〉





昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1541-0535ae32
    この記事へのトラックバック



    fx