街頭に立って渡辺が得られたものは何か? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

街頭に立って渡辺が得られたものは何か?

2014年08月11日 18:00

私は平成23年に宮城県議選に無所属で出馬し、
落選しました。

ふるさと仙台、
ふるさと宮城の復興のために、
新しい日本の政治をつくるために、
立ち上がりましたが力は及びませんでした。



あれからまもなく3年がたちます。



落選の翌日から再開した街頭活動も、
現在337回目を数えました。


雨の日も、
雪の日も、
風の日も、
夏の暑い日も、
街頭に立ち続けました。


汗をかき、涙を流しながら、
この街頭活動を継続してきましたが、

継続しがんばったからと言って、
次の選挙で勝てるとは限りません。


組織の力や、
大きな力に勝つことはそう簡単なことではありません。

お金もあまりないですしね。


しかし、街頭に立ち続けることで、
私はたくさんのすばらしいものを得ることができました。


街頭に立ったことで得られた、
もっともすばらしいものは、


心地よい快晴のありがたさを感じられるようになったこと


です。


冷たい雨に打たれ、
風雪に凍え、
あまりに暑い陽射しを受けたり、
強い風に吹かれて息が苦しくなったり、

そんな経験を何度も何度もしていると、


心地よい気温のもと、
雲一つない快晴の空を見ただけで、

心から

「ありがとう!」

を叫びたくなるものです。



快晴のありがたさ、
過ごしやすい気候のありがたさ、

それを心から感じられるようになったのは、


冷たい雨に打たれ、風雪に凍え、
あまりに暑い陽射しを受けたり、
強い風に吹かれて息が苦しくなったり、

そんな経験をしたからこそ、なわけなんですね。



そう考えていくと、

日本全国を見渡してみると、
過ごしやすい気候の仙台で活動できることのありがたさ、

全世界を見渡してみると、
四季折々の美しい姿を見ながら、
極端な気候にならないわが国日本で活動できることのありがたさ、

をつくづく感じます。



苦しい経験をすると、
何でもないようなことのありがたさを
心から感じることができるのだと、
あらためて感じているところです。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1527-4d5d6a45
    この記事へのトラックバック



    fx