【再録】同僚からの嫉妬にどう対応するか?─萩原吉太郎 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】同僚からの嫉妬にどう対応するか?─萩原吉太郎

2014年08月05日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉



萩原吉太郎のお話の続きです。

療養生活も一年半を過ぎ、
すっかり健康になった萩原でしたが、

ぶらぶらしていると会社に出るのがおっくうになって、
ずるずると釣りなどして遊び暮らすようになります。

そうこうしているうちに、
昭和3年2月15日、一つ出てみようかという気になりました。

大雪の日、何の前触れもなしに出社。
玄関で、「どなたに御面会ですか?」と聞かれる始末。

入社一週間後、二年も休んだので、
勝手も分からず。

調査課へ行けというのでおっかなびっくり入っていく。


何の挨拶もなしに二年ぶりに出勤。
とりあえず入社した時にすわった机の前に行ってみたら、


チリ一つとどめず、
きちんと二年前のままになっていました。


あとで用度関係の仕事をしていた友人から、

「重役から萩原はながく休んでいるが、
 病気がなおって出てくるまで机はそのままにしておけよ」

と言い渡されたと聞いて、萩原は感激、
一生ここで働こうと決心します。


まずは重役に見せる新聞の切り抜きから仕事がはじまる。

あまりうまくいかず、統計係へ。

しかしソロバンが苦手で今度は翻訳係へ。

しかしここでもあまりうまくいかず。


スクラップ係の若い連中を仲間に、
「童心会」をつくり、遠足に行ったり
大いにうっぷんを晴らしたりして過ごします。


そして萩原は秘書課へ異動に。
物産から島田勝之助氏がやってきます。

お世話になっていた有賀氏から
これからの三井合名は島田が中心になるだろう、
カミソリといわれている島田について仕事を覚えろ、
と言われます。

しかし、萩原はいきなり失敗をします。
当時の秘書はボーナスの計算をさせられていたのですが、
萩原は計算をまちがって余計に支給してしまいました。

特定の人にではなく、
一律に余分に支給してしまったのでした。

おおさわぎになりましたが、
この問題はなんとか無事におさまりました。



そのうちに島田勝之助が北炭(北海道炭礦汽船)
の会長に迎えられることになりました。

萩原はやっと芽を吹き出しかけたと思ったのに、
肝心の島田さんがよそに行ってしまうなんて、

これはよっぽど運がないとがっかりして、
伊東温泉で数日湯につかりながら身の振り方を考えました。


ここで思い切って島田さんについて北炭に移ろう、
と決心します。


昭和15年2月15日、萩原は三井合名を去ったのでした。


病気が治って出社したのも2月15日なら、
北炭へ移ったのも2月15日と運命的なものです。



しかし、北炭に移った当初は「都落ち」のような気がして
萩原はさびしく感じました。

そこで考え、病気で死んだつもりになれば何でもない、
ここは一年ばかり遊んでから出なおすことにしようと。

本当に一年間、ぶらぶらとあそんで過ごします。
社内の人は驚きもし、あきれもしたらしいです。

とんでもないやつがやってきた、と。
それでいながら一方で好感をもたれるようになったそうで、
わからないものです。

────────────────────────────
【引用ここから】


無心になり、ハダカになるということはいいことだ。

短時日に私の長所と短所を知ってくれた人たちは、
しだいに私にたいし“警戒”の気持ちを持たなくなった。

こっちがあけっぱなしでいったから
接する相手もあけっぱなしになってくれたわけだ。


【引用ここまで】
────────────────────────────


萩原は、終戦の詔勅は北海道で聞きました。

これからやってくるのは不況だろう。

国内にいるものはいまなら転職はどうにでもなるだろうが、
外地で苦労してきた人たちが路頭に迷うようでは人道にもとる、

と考え、萩原はただちに二割の人員整理計画を立てます。

結果は一割七分か八分に終わりますが、
辞めた人たちの多くもそれぞれ順調に新活路を求めていったし、
労働組合がまだなかったので、すべてすらすらとことが運びました。

これはなかなかの先見の明だと思いますね。


このあと組合ができ、
昭和21年春には大きな五月争議がおきます。

組合との交渉は延々つづきます。
萩原は体ごとぶつかっていって交渉をまとめていきました。

あるとき、組合の要求の中に、
幌内所長の折目薫君と副所長の高田重雄君を追放しろというのがありました。

そこで萩原は、

「会社で使っている所長や副所長を組合の要求でおいそれと追い出せるかどうか。

 審議するまでもない。
 しかし、これについては私も善処しよう。

 そのやり方が気に入らなかったら、いつでも文句をいってきてくれ。
 その時は私もハラをきる」

と率直に言ったら、それでは・・・ということで話がつきました。


しかし、その後萩原は、
この処置を半年もほったらかしておきます。

しかも副所長を本店資材部長に、所長を本店鉱務副部長に抜擢します。

きっと組合から文句がくるだろう、
そうしたら男らしくやめてしまおうと思ったら、結局何にもいってきません。

その後、萩原は副所長を取締役にまで推しました。


あとである組合員から、

「あなたも人を食っている。
 善処するからと要求を撤回させておきながら、当の本人を取締役にしている。

 しかし、あのときはわれわれもいきり立っていたが、
 いまにしておもえばいい人なんだから、結局あなたはいいことをしてくれたわけだ」

と言われます。



交渉の極意のようなものです。

萩原のような交渉に長けた人は、
こういう駆け引きに通じていますね。

これぐらいでないとあのころの組合との交渉はできないのかもしれません。


人を食ったような展開ですが、

現代日本では、国のトップが自分のためだけに
人を食ったような交渉を展開していますので、
こちらはがっかりですね。




昭和22年、重役総退陣ということになり、
残った萩原が常務に就任とされ、
非難の的になります。

特に辞めていく重役の線につながる連中から
猛烈な排斥運動がおこりました。

それまで萩原を常務に推していた人まで
反対の立場に立ち、すっかり悪者扱いされてしまいます。


総会という段になり、GHQの許可がないと開けないのですが、
なかなか許可が下りず。

その原因の一つに萩原に対する中傷があったのでした。

萩原を信頼する何人かが、
GHQに直接掛け合い、
総会のはじまる一時間前にようやく許可が下ります。




長い人生、いわれのない誹謗中傷をされることがあると思います。
そういうことがいままでにあったという人もいるのではないでしょうか?

萩原の人生の中でも、
この妬まれた中傷は大きな事件だったと言えるでしょう。

ここで萩原は、
「デマとかうそというやつは、時間がたつと自然にわかってくるもの」
と言っています。


そして常務就任後は一件落着し、
萩原はなんと誹謗中傷していた連中を
逆に「栄転」させたのでした。


親分の退陣で気も転倒していただろうから、非を責めることもない。

会社の財産は「人間」。
彼らはみんな有能な連中ばかりだから。


その後その連中は会社の中心になったそうで、
災い転じて福となったと萩原は言っています。

この対応はすごいですね。
同僚からの嫉妬にこのような対応ができれば、
相手もなすすべがありません。



その後萩原は社長に就任、
石炭界は大いに上向きでしたが、
そのころから斜陽化を予言していました。

世界のエネルギー情勢から、
石炭は石油にとってかわられる。

業界としてどうしていくか、
学会とともに国家的問題としてエネルギー問題に取り組みました。


萩原はこの履歴書を書いた約40年後の、
2001年に亡くなりました。

大事な場面場面で、
きちんと助けてくれる人がいるというのは
やはり人徳なのかなと感じました。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉







(第281号 平成23年6月22日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1522-0be03450
    この記事へのトラックバック



    fx