【再録】萩原吉太郎(北海道炭礦汽船社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】萩原吉太郎(北海道炭礦汽船社長)─昭和時代の私の履歴書

2014年07月29日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉




萩原 吉太郎(はぎわら きちたろう、1903年 - 2001年8月8日)は、
日本の実業家。
昭和の大横綱である大鵬幸喜の後援会会長に就任し、
彼の結婚式の媒酌人も務めた。

「政商」と呼ばれ、児玉誉士夫、永田雅一と古くから親交を結んでいたほか、
三木武吉、大野伴睦、河野一郎ら党人派政治家と交流を持ち、
事業においても政治力を駆使してきたが、
エネルギー革命の波に抗うことも叶わなかった。

1981年に北炭夕張新炭鉱ガス突出事故が発生し、
その責任を取る形で会長を辞任、翌年1982年に北炭は閉山に追い込まれた。



明治35年千葉県生れ。
昭和15年三井から北海道炭礦汽船に転じ、
30年社長。
石炭の重要性を説き続け、
42年会長、44年社長、47年相談役となるが
50年会長に復帰、夕張新鉱開発を進めた。
自民党を中心に政界との縁も深い。


「私の履歴書」は昭和35年6月に連載している。

冒頭、萩原は自分の人生を振り返り、

「調子よくいってきたからこそ平坦な道を歩いてきたようにみえるけれども、
 一歩あやまったなら波乱のコースをたどったことと思う。

 幸いにもどうやら危機を乗り越えて来たから、
 自分でも大した波乱はないとおもっているだけで、
 一つ間違ったらすっかり変わった場面が展開していたにちがいない。」

と述べています。

このように、


自分は運がよかった


と考える人が、私の履歴書に出てくる人たちには多いように思います。


さて、萩原の父は変わった人で、
その生涯を「つむじ曲がり」で通したと。

次々と仕事に手を出したが、何一つ成功せず。
仕事が面白くなくなると、家を飛び出し、
半年も姿を消したことさえあるのだとか。

父には四人の兄弟がいましたが、
つき合ったのは一人だけ。

父は病的と言っていいまでの潔癖屋で、
性根が悪いと思い込むと、
たとえ身内でも忌み嫌いました。

なんて分からないおやじだろうと子どものころは思っていた萩原でしたが、
世の中の経験を積んだこの年になってみると、
おやじはおやじなりに立派なところがあったと思ったのだそうです。


一方、萩原の母の実家は、
蕨の美笹村の旧家。

生まれてすぐ母の実家へつれていかれ、
小学校五年までそこで育ちます。

少年期にはガキ大将。

その後浅草へ。
京華商業中学に入学。

先生方に大変可愛がられる。
ある夏休みに国語の先生から日記を書いてこいと言われ、
いなか育ちのくそまじめだった萩原は、

半紙に毛筆で毎日一字一句おろそかにしないで書いたところ、
あとで先生が日記に

「真摯なる態度感服の至り」

と朱書してほめてくれたのだそうです。


体操の先生は上原という予備役大尉。
がんこなので「ガンちゃん」と生徒の間では通っていました。

よく体操の時間に街中を隊列を作って行進させたり。

今日(6/21)のNHK朝の連続小説「おひさま」に
出てきた、中村先生もこんなイメージでしょうか。

軍人先生。


そして、この体操の先生には、
たいへんなケッサクがありました。


───────────────────────────
【以下引用】

やはり体操の時間だったが、みんながくすくす笑うので、
よく見るとどうだろう。

先生のズボンのボタンがはずれていて、
またを開いたりしゃがんだりするたびに、
大事なものがちらちら顔を出しているではないか。

当の先生は何にも知らないから、
授業中にげらげら笑うとは不まじめもはなはだしい、とかんかんになる。

さすがにみんな黙ってしまったが、
私だけがどうしても笑いがとまらない。


先生は色をなしてやってきて、
私をひきずり出し

「お前がいちばん不まじめだ」

というわけで、とうとう立たされてしまった。

あれがおかしくなかったらどうかしているが、
そうかといって


「先生、フリチンですね」


ともいえないので、私は神妙に立っていた。

そんなことまで、いまの私にはなつかしく思い出されるのである。


【引用ここまで】
───────────────────────────


おもしろい人です。

学校時代の楽しい思い出が、
のちの人生を形作るんだろうなと感じます。


萩原は卒業し、慶應義塾の予科に入ります。
貨幣論や銀行論の本を手当たり次第に読み、
三田学会雑誌に投稿したりします。

学校の図書館から簡単に借り出せない、
アダム・スミス、ジョン・ロック、
デビッド・ヒューム、モンテスキュー等の古典を、
先生にお願いして特別の措置を取ってもらい、
徹底的に調べました。

関東大震災のあった夏休みは、
友人と三人で軽井沢で自炊生活をやっていましたが、

震災の二日前に萩原は帰京していました。

ぐらぐらっときたときは何よりも塾から借りた本が心配で、
それを一つにくるんで背負いながらあちこち逃げ回ったそうです。


先生も萩原は大学に残るだろうと思っていましたし、
本人も自然にそんな気持ちになっていましたが、

貨幣論についての議論を重ねていきながら、
萩原は教授陣の説は古いと主張。

そんなことをしているうちに、
卒業の年の1月に、大学に残らないということになります。

残れなくなったのではないかと推測。
ここから就職活動が始まります。
高橋誠一郎先生(のちに吉田内閣文相)が各方面に骨を折ってくれます。


板倉卓造が時事新報によこさないかと推薦あるも、
萩原は、夜更かしをしたり酒を飲む機会の多い仕事は合わないと断る。

鐘紡社長から面接なしに採用するからという話があるも、
「女子作業員から搾取しているような会社は嫌いです」と断る。

これでいよいよ浪人かと思っていたらまた高橋先生から
大日本精糖が試験なしで採用するというからどうだ、と。

ところが日糖へ入社すると台湾へ行く可能性が多いが、
そうなると母のそばを離れなければならないから困るということで断る。

高橋先生は一言「そうか」といっただけだったそうです。


それからまた十日ばかり経った頃、
再び高橋先生から

「三井合名ならどうだ。あそこなら本さえ読んでいればいいそうだ」

と言われます。
萩原はその時、三井合名という会社を知らず、

「三井ゴムかな?」

と思っていたそうで、ゴム会社だろうと何だろうと、
本を読んでいればいいなんてところはそうザラにあるはずはないと思ったので、
萩原はその場で即決、

「よろしくお願いします」

と頼みます。

三井合名常務理事の有賀長文氏に
高橋先生が頼んでくれたのだそうです。

林毅陸塾長も心配して、人事担当理事に

「萩原は小泉信三以来の秀才にこれあり・・・」

という文句の手紙を出してくれ、
くすぐったい思いをしたりと、

側面支援を先生方がしてくださり、
萩原は無事三井合名に入社します。

入社後たちまちボロを出したのだが、と萩原は回想しています。


面倒見がいい慶應義塾の伝統を垣間見ると同時に、
萩原はやはりどこかかわいがられる性格なんだろうなと感じます。




さて、以前も書きましたが、
私の履歴書を20数名分読んできて感じた、

「成功までに経験しておくべき3つのこと」

をここで復習しておきましょう。


1、大病をする

2、刑務所に入る

3、放蕩(浪人)をする


萩原は、就職浪人しかけましたが、
先生方の尽力で無事、三井合名に入ります。


しかし、なんと出勤一週間目(正味四日)で、
肺尖カタルになり北里研究所に入院、
その後二年あまり会社を休業するということになってしまいました。

萩原は成功に近づきます。


病室からけんらんと咲きほこるサクラ並木をながめながら、

ああ、あの下を散歩したらどんなにいい気持ちだろう、
人間、健康ほど幸福なことはない

と痛感します。

出世にはすっかり欲がなくなり、
病気がもし治ったら蕨に帰って、花でも作って一生を送ろうと本気で考えます。




───────────────────────────
【以下引用】


退院して家にもどってから、
入社後わずか一週間しか勤めていないのに
長期欠勤をしているのは心苦しいからやめたい、

と有賀さんまで申し入れた。

すると折り返し、とにかくからだに無理でなかったらちょっと出てこい、
といってきたので、人力車で出社したら、
有賀さんはじゅんじゅんと諭してくれた。


「君はまだ学校を出たばかりで世の中のことを知らない。

 当節、就職なんて並みたいていのことではない。

 真剣に将来を案じたら、
 そんなのんきなことをいっていられないはずだ。

 何年休んでもいいから、十分養生して丈夫になってから出てくるんだ」


【引用ここまで】
───────────────────────────


社会人生活のしょっぱなから
つまづいた萩原でしたが、

ここからの人生については、
明日以降に続けたいと思います。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈4〉






(第280号 平成23年6月21日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1512-3d716d2a
    この記事へのトラックバック



    fx