【再録】三洋の起業精神から学ぶ─井植歳男(三洋電機社長)その10(終)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】三洋の起業精神から学ぶ─井植歳男(三洋電機社長)その10(終)─昭和時代の私の履歴書

2014年07月08日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉



井植率いる三洋電機は電気洗濯機に続き、
テレビ、自家水道装置、
冷蔵庫、扇風機、暖房器と、

内外ともに盛んな需要に支えられて
事業は年々平均3、4割も成長し続けました。


表面は順調に見えましたが、
実情は事業をあきらめようかとさえ思うほどの苦境もあったのでした。


その一つは労働問題でした。


昭和33年暮れ、労働組合が発足します。
それまでは会社、従業員が互いに誠意と信頼、協調の上に立って、
トラブルも起こさずにやってきました。

井植は円満にすむのなら、
日本に一つぐらい労組のない会社があってもよかろうと考えていたのでした。

しかしのちにこれは認識不足だったと反省することになります。



従業員は6000名を超えていたのに、
労組がないことは不自然そのものでした。

井植が初めての海外出張についてすぐ、
ニューヨークに電報が届きました。

「いま会社で労組をつくる問題が起きている」

井植はさほど驚かず、
むしろその方がうまくいくだろうと、

「大勢に順じて行動するように」

と返事をします。


その後40日近く欧米を回っているのに、
一向に連絡は来ません。

帰国すると若い従業員が組合結成を望んでいると直感します。

そこで井植は労組結成を認め、
電機労連の幹部に会い、すべての要求を認めたのでした。


「ここ二、三年は混乱するでしょうが、
 安定するまで長い目で見てください。」


と電機労連幹部は言います。

ところが実際は聞きしに勝る激しさだったのでした。


外国からお得意先を招待すると赤旗で出迎え、
新しい工場には、はがしきれないほどビラを貼る。

上役が職場へ入ると、せんたくデモをかけてくる。

販売網系列化でしのぎを削っている最中に長期のストを打つ。

会社が社会のため、家庭生活の向上のために尽くすなどは思いもよらぬ。
むしろ、会社がない方が社会に益するのではないだろうかとさえ考えたほどでした。



「われわれの仕事は、消費者大衆、とくい先、取り引き先、従業員、会社の五者が
 それぞれ満足できるようにバランスのとれた経営をすることが、
 永遠の繁栄を約束される根本であろう。

 どの一つが犠牲になっても、決して長続きするものではない。

 新しい会社であるだけに、
 社会の信用、内部の信頼、どちらが欠けても成り立たないわけで、
 それがなかなかわかってもらえなかった。

 労組側に血気にはやる面があったように、
 会社側にもたしかに不慣れな点が多かった。」



外から見るほど充実しないまま、
これまで事業の規模ばかり大きくしてきたことを井植は深く反省し、

昭和36年正月、
改めて新経営方針を発表しました。

井植が創業当初から描いていた夢の一つは、
輸出によって海外へ進出することでした。

社名の「三洋」も、太平洋、大西洋、インド洋になぞらえたものでした。


トランジスタラジオ界に進出し、
アメリカでの販売権は、チャネル・マスター社にゆだね、
三洋は年間百余万台を輸出、数年間トップを続けました。


そして三洋電機は昭和38年2月の増資で、
資本金198億円になり、昭和25年設立当時の990倍となりました。

従業員は1万名にまで急成長します。



昭和34年、高松宮様が三洋の洗濯機工場へみえたとき、


「最近都市の住宅の問題もぼつぼつ解決に向かっているが、
 アパートの窓はせんたく物の満艦飾だ。

 これは文化国家としてはまことに恥ずかしいことだ。

 オリンピックまでになんとか乾燥機付きのせんたく機ができないものか」


と要望されました。

井植は、

「なるほど。それに日本は雨も多いし、都会は煤煙がいっぱいです。
 やりましょう。」

と申し上げ、すぐに研究にかかったのでした。


テレビも戦後の住宅事情からきめられた14型は日本独特のもので、
小さすぎて輸出にも困る。

三洋は普及価格で19型を発表しますが、
目のつかれない大型画面のものが欧米では常識になっていました。

これまた今後普及していくだろうと井植は述べています。



現代の大型テレビを見て、
井植は何というでしょうね。



最後に、井植が松下電器をやめたいきさつについて、
まだいろいろな憶測を持っている人もいるらしいので、
誤解を解く意味で一言付け加えたいとして以下のように述べています。


「実は、これは今までにいろいろ書いたり、親しい人たちに話した通りである。

 しいていえば、戦争のなせるわざであって、結局私がやめざるをえないはめになっただけのことだ。

 あの三十年間、私は松下をやめて自分で仕事をしようなどと思ったことは、徴兵検査の時機を除いてはなかった。

 ただ、やめてからほかにあてのない私が、たまたま多少経験のある電機の仕事を始めたため、事業の上で競争の形になったわけだ。

 しかし、兄弟でのれんを分けて同じ商売をしている人や実業家、政治家兄弟も多い。

 仕事は命を張ってやるものだから、悪い感情は持たなくても、第一線ではしのぎを削ることになるのは当然のなりゆきであろう。

 そういうところから、私に好意を持ってくれる人は「かわいそうに義経が…」といった目で見、
 あるいは“融通のきかない清正”になぞらえる。

 その半面、明智光秀とも言われる。

 いずれも私にとっては、ありがた迷惑な話である。

 同じように義兄の松下(幸之助氏)も、いろいろ取りざたされていると思う。

 私自身はよいとしても、若いときから辛苦して大成された義兄松下の輝かしい経歴に、こんなことが小さなシミにでもなってはと気がかりである。

 そこで一年ほど前も上京する飛行機でいっしょになったとき、

 『世間はうるさい。この辺で、今の事業とは別に二人して一つの仕事をしてみようじゃないか。
  そうすれば疑いも晴れるぜ』

 と話し合ったことである。」



私は、松下と井植の関係、
松下電器と三洋電機の関係、

不勉強であまり知りませんでしたが、
こんな関係があったのですね。

いま三洋電機はパナソニックの完全子会社となっています。
報道では三洋電機解体とも言われていますが、
日本の電機産業が衰退していることを示しているとも言えます。


井植の人生はまさに起業家人生でした。

次から次へと新しいことにチャレンジし、
困難を乗り越えていきました。


日本にいま求められているのは、まさにこの精神だと思います。

再び日本が立ち上がるためにも、
井植たち先人から学ぶことは多いです。



次回から松永安左エ門(電力中央研究所理事長)です。






私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1492-87062a29
    この記事へのトラックバック



    fx