【福岡起業】「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題に関する研究 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

【福岡起業】「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題に関する研究

2014年07月06日 18:00

いま日本では起業支援を国策として進めようという動きがあります。
日本各地でそれに呼応しようという動きがあり、
私の住む仙台もその一つですが、

起業支援で一歩先んじていると言われているのが、


福岡



です。

福岡市では、国家戦略特区として「グローバル創業特区」の実現を目指し、
起業に必要な手続きなどの支援を一括して行う創業支援拠点を今秋にも開設するとともに、
外国人起業家の在留資格緩和などで海外企業の誘致も図るのだそうです。

今後、法人実効税率の15%程度への引き下げも国に提案する方針とのことで、
起業に関しては日本でも先駆的な都市といえるでしょう。


そういう意味では、
起業支援政策としては残念ながら、
仙台は遅れを取っているのが現実です。

しかしヒントは福岡にあるわけで、
仙台が起業支援に遅れているからといってただ指をくわえているだけではなく、
勉強して追いつき追い越せを実現していかなければなりません。



⇒ 「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題に関する研究
((公財)福岡アジア都市研究所 福岡市経済観光文化局との共同研究)




このレポートは、福岡アジア都市研究所のレポートであり、
福岡をめぐる起業支援政策について勉強になりますので、
みなさんにシェアしたいと思います。


まず、「スタートアップ都市」とは何か?


「創業・スタートアップを支援する各種サービスが調っており、
 効果的にスタートアップの実現がなされるという必要条件はもちろん、
 都市社会がイノベーションや創業マインドを刺激し、
 挑戦する市民や、企業(産業)市民を創り出すネットワーク・仕組み
 あるいはコミュニティを持ち、それらが活発に機能している状態である」


と定義されています。


福岡市の新設事業所比率は全国平均をかなり上回っており、
平成18から21年の年間平均開業率は4.1%であり、全国平均の2.6%を上回り、
政令指定都市中第1位でした。

また、情報通信業、学術研究、専門技術サービス業が、
近年の増勢業種とされています。

また福岡市での創業者の平均年齢は51.0から52.0歳で、
全国平均よりほぼ10歳高齢という結果が出ています。



この論文では、
スタートアップ都市形成に向け、5つの政策課題が挙げられています。


1、創業希望者を増やす

2、創業支援の拡充

3、創業シードづくりの強化

4、スタートアップスを吸引する

5、推進体制を構築する



1つ目の「創業希望者を増やす」ための課題については以下の通り。、

創業マインドの喚起、「事業機会認知」機会の拡充、「経営力・スキル」の涵養


2つ目の「創業支援の拡充」のための課題については以下の通り。

既存の創業支援サービスを刷新し、拡充する
スタートアップ・コミュニティ拡充のために支援を図る
新しいファンディング手法を取り込んだ多様化を図る
「ベンチャー・スタートアップ」のための課題

3つ目の「創業シードづくりの強化」について

創業の大部分はスピンアウト型(またはスピンオフ型)スタートアップであるが、
他にも大学等からの研究開発型、ソーシャルビジネス型、斯業経験が少ない女性創業など種々のタイプがある。

タイプ別にシードづくり(≒シードを持った人づくり)の強化




短期的に取り組むべき主な課題として何点かの提案もなされています。

●創業マインドを喚起する「教育」の促進(大学等各教育課程でのアントレプレナー教育の導入など)

●象徴的空間での創業支援ワンストップ・サービス・センター(スタートアップ・カフェ)の設置

●各種創業支援事業への参加者、創業者のフォローアップとコミュニティ形成および相互交流支援

●「スタートアップ応援ネットワークFUKUOKA」等での?スタートアップ推進週間”(ビジネスコンテスト含む)等における、市や各機関による関連イベントの連続開催

●創業支援の「サービス拡充」(民営インキュベーション施設の活用や特区活用による各種優遇策など)

●創業・スタートアップ関連イベント等における、マス・メディア利用についての斡旋や支援




興味深いレポートで、
起業支援政策のヒントがたくさん詰まっているように感じますが、
読みながら感じた仙台と福岡のちがいは、

世界を見ているか否か

にあると思いました。


このレポートの現状分析で、

「新規事業所比率、創業希望者割合ともに国内では高いが国際的にみれば低い」

という表現が出てきました。


日本から世界へ、そんな意識を常に持ち続けていきたいと思います。




⇒ 「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題に関する研究
((公財)福岡アジア都市研究所 福岡市経済観光文化局との共同研究)

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1489-9c1a1e2d
    この記事へのトラックバック



    fx