たった一度の値下げが利益を損なうその2─ラフィ・モハメド カルチャー・オブ・プロフィット 創業者─DIAMOND Harvard Business Review - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

たった一度の値下げが利益を損なうその2─ラフィ・モハメド カルチャー・オブ・プロフィット 創業者─DIAMOND Harvard Business Review

2014年06月26日 18:00

カルチャー・オブ・プロフィット創業者のラフィ・モハメド氏が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年7月号』に、


「たった一度の値下げが利益を損なう─製品・サービスの価値を守り続ける適応型プライシング」


という論文を書いていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年7月号


昨日メルマガの続きです。


適応型プライシングのカギは、

色やスタイルと同じく、価格も製品の特性の一つにすぎない

ととらえることにあります。


いくつか事例を提示しましたが、
この論文では、プライシングの手法として、
8つのヒントが提示されています。

これはなかなか興味深いですし、
経営者の方は自分の事業にすぐにでも使えるのではないでしょうか。




1、低価格バージョンを導入する

⇒既存の製品・サービスの価格を維持するため。

2、価格低下を防ぐためにプロモーションを活用する

⇒ディズニーリゾートは、夜間チケットの料金を下げる代わりに、
 「夜間チケットを4枚買えば3枚無料」キャンペーンを行った。

3、値頃感を保つために製品を改変する

⇒コスト増に直面した企業は、製品のサイズや量を減少させた。
 顧客の目につきやすい全体的な表示価格は維持される。

4、サービスの価格を個々に設定して追加料金を課す。

⇒航空会社は、電話予約、荷物、食事、座席指定の料金を追加。
 これにより低価格をアピールして価格に敏感な顧客を引きつける一方で、
 プレミアムを払ってもよいと思う旅行者からより高い利益を得ることができた。

5、不況時の価格戦略を取り下げる

⇒2009年に投入されたP&Gの製品は、通常バージョンより20%安かった。
 市場シェアが回復し、2010年にこの製品の販売を終了。

6、新しいプレミアム製品を導入する

⇒景気が上向くにつれて、贅沢をしたいと思う消費者心理を活用する。

7、通常製品の価格を上げる

⇒値上げする時には、顧客に理由を説明することが大切である。
 「コストが上昇したため」「不況時にお客様のために粗利を削って参りました」など。

8、贅沢な経験ができる新しい方法を提供する

⇒ジェットスイートの顧客はカリフォルニア州バンナイズ空港からラスベガスまで999ドル4人乗りプライベート・ジェット機に乗ることができる。



適応型プライシングは効果的な手段ですが、
実は効果がありすぎてしまう場合もあります。

2009年、マサチューセッツ州ケンブリッジの高級レストランの事例です。

オーナーは通常は満員になる週末の利益を減らさずに、
平日の夜の売上げを何とか増やしたいと考えました。

そこで彼は、平日用のスペシャル・メニューをはじめます。
午後5時半から6時の間にバーに来た客は、
ドリンク一杯と前菜二点が29.99ドルで楽しめるメニューでした。

バーがたちまち満員になったのはよかったものの、
それだけでなく立食のみの利用客であふれ、
その人たちにもスペシャル・メニューを提供せざるを得なくなります。

一か月後、オーナーはこのプロモーションの打ち切りを決定、
需要が高まりすぎたのでした。



景気回復の足取りが重いため、消費者需要が完全復活するのかを危ぶむ人もいるかもしれないが、いずれは復活するのでご安心を。
その時に向けて準備しておくことです。

「上げるか、下げるか」だけで価格設定を考えている企業にとって、
準備とはもっぱら、いつスイッチを切り替えるかの判断にすぎません。

しかし、そうした企業はチャンスを逸するだろうと筆者は述べています。


創造的でたえず進化する価格戦略を実行すれば、
新しい顧客をもっと効果的に獲得し、増益につなげることができる。





そのほか、この論文では「飲食業にお勧めのプライシング方法」も載っています。

価格設定は経営者にとって永遠の課題ですが、
いくつかの解決策が今月の「Harvard Business Review」にあります。

ぜひご覧ください。




DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年7月号


■ 特集:良い価格 悪い価格

製品・サービスの価値を守り続ける適応型プライシング
たった一度の値下げが利益を損なう
ラフィ・モハメドカルチャー・オブ・プロフィット 創業者

ポケット・プライシング3.0
値上げをせずに利益を増やす法
菅原 章マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター
佐藤 克宏マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル

水平型・垂直型の視点から考える値付けの可能性
バンドリングの新潮流:儲かる仕組みを見つける
吉川 尚宏A.T. カーニー パートナー

色褪せないプライシングの原理
最適な価格を実現する8つのステップ
ロバート J.ドランハーバード・ビジネス・スクール 教授

【インタビュー】ポスト産業資本主義における差異を生み出すもの
「顔」を見せることが価値を生む時代へ
岩井 克人国際基督教大学 客員教授


■ HBR翻訳論文

CEOは自分のビジョンを信じ切れるか
戦略の質と市場の評価は異なる
トッド・ゼンガーワシントン大学 オーリン・ビジネス・スクール 教授

アメリカ国防総省 国防高等研究計画局のイノベーション
DARPAの全貌:世界的技術はいかに生まれたか
レジナ E. デュガン元 国防高等研究計画局 長官
カイガム J. ガブリエル元 国防高等研究計画局 副長官

もはやセールス・マシンでは通用しない
ソリューション営業からインサイト営業へ
ブレント・アダムソンコーポレート・エグゼクティブ・ボード マネージング・ディレクター
マシュー・ディクソンコーポレート・エグゼクティブ・ボード エグゼクティブ・ディレクター
ニコラス・トーマンコーポレート・エグゼクティブ・ボード リサーチ・ディレクター

マクロ経済とファイナンス理論から読み解く
金融危機は経済学を変えたのか
ジャスティン・フォックス『ハーバード・ビジネス・レビュー』エグゼクティブ・エディター

1日13万個の弁当配達はいかになされるか
ダッバーワーラー:インドで根づくITを超えた物流システム
ステファン・トムクハーバード・ビジネス・スクール 教授

巻頭言
語彙と文法だけで言語は語れない
西村 義樹東京大学 教授
Idea Watch
「大好き」と「大嫌い」を活用するブランド戦略
羅 学明テンプル大学 教授 マイケル・ワイルズアリゾナ州立大学 准教授 サッシャ・ライテルルートビッヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン 准教授
Idea Watch
幸福は何で測るのか
ジェフリー・ゲドミンレガタム研究所 CEO
Idea Watch
中国の労災事故はなぜ多発するのか
レイモンド・フィスマンコロンビア・ビジネス・スクール 教授 ヨンシアン・ワン南カリフォルニア大学 マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 助教
Vision Statement
マルチタスクで仕事の効率は上がるのか
『ハーバード・ビジネス・レビュー』編
前号を読んで
大企業の成功事例に偏りがち
古森 剛マーサー ジャパン 代表取締役社長
前号を読んで
もっと編集意図を伝えるべき
瀧本哲史京都大学 客員准教授




DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年7月号
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1477-bd5d623e
    この記事へのトラックバック



    fx