【再録】朝鮮動乱に伴う会社の危機を乗り越え、小型ラジオに進出─井植歳男(三洋電機社長)その8─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】朝鮮動乱に伴う会社の危機を乗り越え、小型ラジオに進出─井植歳男(三洋電機社長)その8─昭和時代の私の履歴書

2014年06月24日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


多くの困難を乗り越え、
昭和25年4月に、発電ランプの事業一切を引き継ぎ、
資本金2000万円の三洋電機株式会社が設立されました。
井植はその社長に就任しました。


お互いが盛り立ててきたこの事業を、
今後ともみんなして充実させていこうと、
わずかではありましたが全従業員に株式を分け与えます。

会社を必ず発展させなければならない、
そう誓いを新たにした井植ですが、

その矢先、朝鮮動乱が起こり、
固められたばかりの三洋電機の屋台骨が、
根底からくつがえされるような危機に直面してしまいます。

ニッケルの使用制限措置が取られることになったのでした。


ニッケルは、当時カナダあたりから輸入していましたが、
連合軍はニッケルを軍需品に指定し、
輸出を禁止します。

このため日本政府は、ニッケルを不足物資として民需への使用制限を講ずるとしました。


ニッケルは発電ランプの重要資材でした。

それが使えないとなれば、発電ランプはつくれません。

これは戦後さまざまな苦難を克服して、
つちかってきたこの事業から手を引けというに等しい。


とりあえず井植は規制をゆるめてくれるよう政府に嘆願します。
アメリカ政府にも働きかけました。

しかし当時の日本は独立前。

「いよいよだめか」

事態の困難さを考えるとさすがに夜も眠れません。

うとうとしたかと思うと、寝言で目が覚めるという日が続きました。


しかし井植はあきらめませんでした。

石にかじりついてでもこの事業を守ろうとします。


今度は原石を輸入して精錬する方法を持ち出したのでした。
のちに住友金属工業専務となる木島辰二氏がしまいには黄疸にかかるほど真剣に協力し、
寝食を忘れて奔走してくださいました。


ニッケルは原石を輸入し、これを精錬して使ってもよいという報が入ったのは、
それから間もなくでありました。

しかもニッケル精錬の助成法案まで審議されることになります。


誠を尽くせば道は開けるものだと確信を深くしたのでした。

しかし、再びこういう問題が起こらないという保証はない。
ほとんど発電ランプだけにたよっているのでは、
いつ、どういうことで事業がストップするかもしれません。

井植は事業を始めるとき、
規模は小さくてもそれを掘り下げ、どこもまねのできないような仕事をしよう、
それが社会の役に立ち、従業員の幸せにも通じるのだと考えていました。

けれども、このような経験をして、
事業をより安定させるための苦しみを求める方が賢明なのではないだろうか。

井植はそのように考えるようになり、
発電ランプのほかにラジオが加わることになったのでした。


ラジオの需要はまだ無限にありました。
輸出を考えるとなおさら有望な事業と言えました。

ところが調べてみると、
ラジオには物品税が三割もかけられているために
戦前からのメーカーでも立ち行かなくなり、中には倒産したところさえありました。

かろうじて残ったメーカーが、全国生産の四割を生産しているにすぎませんでした。


井植は政府へ働き掛け、この現状を説明して、
物品税をなくすよう申し入れました。

しかし、新しく事業を起こすには、よほどの特技がなければなりません。
当時のメーカー製品は一万円以上もしました。

この価格をどうするか?

大量生産によるコストダウンのほかに井植が目を付けたのは、
キャビネットでした。

キャビネットは木製が常識でしたが、
他の材料でしかも音質が変わらないものはないだろうかと考えます。


たまたま、プラスチックが脚光を浴びていました。
アメリカから当時としては大型の射出成型機を輸入し、積水化学にお願いして成型にかかってもらいます。

ところが真空管などの熱でプラスチックのキャビネットが変形をしてしまいます。

積水化学の工場では、技術者たちが熱心に手を尽くしていました。
その姿は、新しいものを生み出そうとする熱意であふれていました。

やがて日本で初めての熱可塑性プラスチックキャビネットが完成します。


昭和27年2月、ラジオの生産にかかり、
3月には8950円という当時としては破格に安いラジオが市場へ送り出されました。

ラジオ小型化への第一歩でもありました。

これを宣伝するため、ラジオと同型の宣伝カーをこしらえて、
町や村を走らせたのもこのときのことでした。


こうして井植は、小型ラジオ機で電機業界に乗り込んでいきました。



続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。









(第987号 平成25年5月28日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1474-1127e134
    この記事へのトラックバック



    fx