【再録】借金を抱え三洋電機製作所を起業するも、第1号機が不良、工場が火災に─井植歳男(三洋電機社長)その6─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

【再録】借金を抱え三洋電機製作所を起業するも、第1号機が不良、工場が火災に─井植歳男(三洋電機社長)その6─昭和時代の私の履歴書

2014年06月10日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


敗戦後、GHQから松下に対し、
財閥指定、軍需会社の生産責任者としての公職追放の指令が出ます。

幹部がみなやめてしまえば、
せっかく再建のめどがつき始めた会社も
収拾がつかなくなってしまいます。

幸い、GHQは一人は残ってもよいという意向をもらします。

そうなれば、義兄松下幸之助が残るのが当然であると、
井植は退社を決意します。
時に井植43歳、まだ若い年齢でした。

この30年、ほとんど自己を顧みず夢中で働いてきたので、

「松下をやめてどうするつもりか」

と聞かれても、他に当てもなく、

「いなかへ帰って釣りでもやりますよ」

とでも答えるほかありませんでした。


しかしそうも言っていられなくなります。
当時350万円の借金が残っていたのでした。

会社で銀行から借り入れて持たせてくれていた
造船、飛行機、金属など軍需会社の株が全部ただになったばかりか、
残った一部の株も、額面の半分以下に下落してしまったのでした。

これは財産全部投げ出しても返済できるものではありません。


井植は途方にくれます。


そんなとき、住友銀行から呼び出しが来ます。
のちに頭取になられた鈴木剛氏が井植と会ってくれたのでした。


「あなた、会社をやめるそうですね。
 これからどうするのですか」

「実はいなかで過ごそうと思っているのですが、あなたの方に借金がある。
 困っているところです」

「それでは、こちらも困ります。
 できるだけ援助をしますから、もう一度働いてみる気はありませんか」

「願ってもないことで……」

「しかし、借金をカタにお貸しするのはあなたで二人目です。がんばって下さい」


このとき借りた50万円と、
私財を処分してこしらえた70万円、
計120万円を資金に、

井植は自分で事業を始めることにしたのでした。



昭和21年12月、
井植は松下電器を辞職し、
守口市本町に六畳ほどの部屋を借り、
ここを事務所として新しい事業のプランを練り始めます。


これまで多くの人を使い、手一杯の仕事をしてきましたが、
これからは、小さくてもよいから、

ほんとうに魂のこもった仕事をし、
他の追従できないようなすぐれたものを作ろうと決意します。

それでこそ、自分も従業員も、しあわせになれ、世間のお役に立つこともできるのだと。



しかし現実は厳しいものでした。

食糧ききん、インフレ、住宅難と混乱。
社会不安と経済危機は高まる一方でした。

資金にしても、ありがたく借りたものの
インフレで役に立たなくなる恐れさえあったのでした。


まず資金作りと、
進駐軍へ電気スタンドを売り込みます。

そのころは停電続きで、
世相そのままの暗い夜を送っていた人々から
俗に「停電灯」と呼ばれて愛用され、よく売れたのでした。


これにより資金の見通しがつき、
井植は新しい事業に取り組みます。

新しく取り組んだ事業は、自転車の発電ランプでした。

通勤、通学、商用と自転車は国民の足になっていました。
その自転車には灯がいる。

ろうそくでは一千時間で二万円かかる。
乾電池でも7,500円だが、
発電ランプだとわずか1,500円で済む。

今後復興が進むにつれて、必ず多くの需要が起こってくるに違いない、
しかも自転車国は日本に限らない、お国のためにもなると。



井植は、昭和22年1月、
三洋電機製作所を設立しました。

兵庫県加西郡北条町のお化け屋敷のような工場でした。

集まったのは十数名。

ここで井植は出発の誓いを述べます。


「これから自転車の発電ランプをつくろうと思う。
 いま、発電ランプは十六のメーカーがこしらえているが、
 年間十万個しかつくられていない。

 しかし、やがて二百万個の需要が起こるようになるだろう」


事実、4年後には200万個、5年後には300万個に達したのでした。


「いま国民は、タケノコ生活を続けているが、
 それは脱ぐべきものを持っているからできるのだ。

 われわれは何もない。

 これから着ることだけを考え、あくまで前向きに進みたい。

 そして、どこよりもりっぱな品質、性能を備えた大衆価格のものをこしらえ、
 われわれの手によって国土を再建しよう」


試作品作成に不眠不休でとりかかります。

電力不足、物資、材料不足の中、みんなで取り組み、
三月の終わりにやっと待望の試作を完成、7月に第1号、47型の発売にこぎ着けたのでした。


こうしてボツボツ注文の入り始めた11月のある日、
井植は大変な失敗をしていたことに気づきます。

何気なくカウンターの上で発電ランプにさわっていた井植は、
アッと声を飲んだのでした。

アーム軸(自転車の車体へ取り付ける軸)が音もなく折れてしまったのでした。

一つだけの間違いであってくれ……
残り全部を調べさせます。

「どうや」

「ダメです。半分も・・・・」

井植は、顔から血の気が失せていくのをはっきり感じます。



苦心惨憺、やっと発売にこぎ着けたのに。
これはいったいどうしたことか。
だが待て、落ち着け。

自分で自分に言い聞かせると、
井植はいつもそうするように、力いっぱい腕を組みました。


「よっしゃ、品物は全部引き揚げよう。
 いままで出したものを全部回収して、軸を取り替えるのだ。」


お客様が使っていて折れるようなら不良品に違いはない。


われわれの武器は、どこよりもよい品をつくることである。
そうでなければ、これまでに実績のないわれわれの存在価値はない。
出発したばかりで不良品を出すようでは致命傷である。


回収数は約一万個。
一か月半分の生産数に匹敵しました。

資金繰りは度外視しても事業の将来の方が大切だ。

井植は東京へ向かい、ありあわせの包装紙に、部下の後藤へ手紙を書きます。
善後策をことこまかに指示し、次のような励ましの言葉を付け加えました。


「今回の事故は、出発したばかりの前途あるわれわれにとって、
 将来に対する刺激であり、示唆でもある。

 将来の発展のためには、むしろ幸いであったと考え、
 決して意気阻喪することないよう、従業員とともにがんばってほしい」


のちに聞いた話では、このとき責任を感じた皆は辞表を懐にしていましたが、
この手紙によって、辞意を思いとどまり奮起したということでした。


しかし、不運は続きます。

秋田に仕事で向った井植が東京に戻ると、
守口から特急の電話がありました。

守口工場がなんと全焼したとの知らせでした。


度重なる災難。
井植は人生の危機に見舞われます。




続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。









(第973号 平成25年5月14日(火)発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1460-6ba59d76
    この記事へのトラックバック



    fx