歴史教科書読み比べ:大和朝廷の東北進出と蝦夷の抵抗─メルマガ「国際派日本人養成講座」 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

歴史教科書読み比べ:大和朝廷の東北進出と蝦夷の抵抗─メルマガ「国際派日本人養成講座」

2014年05月28日 18:00

私は毎日メルマガを書いているわけですが、
毎日いろいろなメルマガも読んでいます。

3年以上メルマガを書いていると、
メルマガ発行者の方との交流も様々なものがあり、

華々しく登場し消えていく方もいれば、
変わらず継続して興味深いメルマガを発行されている方もいらっしゃいます。


私が、以前より愛読しているメルマガに、


⇒ 「Japan on the Globe-国際派日本人養成講座」



があります。

創刊14年目の老舗メルマガですが、
いつも新たな気づきを得られるメルマガです。

今日は、このメルマガから、
発行者の伊勢さんの許可をいただきまして、

「歴史教科書読み比べ(15) :大和朝廷の東北進出と蝦夷の抵抗」

のお話をみなさんにシェアしたいと思います。


私自身も、

東北人として、
日本人として、

考える機会をいただいたように感じます。






─────────────────────────────
【引用ここから】



■■ Japan On the Globe(85) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

歴史教科書読み比べ(15) :大和朝廷の東北進出と蝦夷の抵抗

 大和朝廷が東北地方に国土を広げる過程で、蝦夷はなぜ抵抗したのか。
■転送歓迎■ H26.05.25 ■ 43,978 Copies ■ 3,848,669Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/


■1.「蝦夷のはげしい抵抗」

 奈良時代の終わりから平安時代の初めにかけて、大和朝廷は東北地方に国土を広げる過程で、蝦夷の激しい抵抗にあった。これに関する自由社版の中学歴史教科書の記述は、わずか4行である。

__________
 このころ朝廷は、東北地方の蝦夷(えみし)と呼ばれる人々を帰順させようとし、蝦夷のはげしい抵抗にあった。桓武天皇は、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)を征夷大将軍として軍勢を送り、802年、蝦夷の指導者アテルイを降伏させた。[1,p66]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 そして「東北地方への進出」と題した地図で、朝廷の勢力圏が時代とともに、どう広がっていったかを図解している。それによると、現在の県名で言えば、茨城・栃木・新潟の北辺までが7世紀ごろまでに、福島・宮城・山形が750年ごろまで、岩手・秋田が850年ごろまで、となっている。約150年もかけて、青森県を除く東北地方の大半を版図に加えたことになる。

 蝦夷の抵抗はその一幕であるが、東北地方全体の国土編入という視点がないままに、抵抗だけを語ると、その国家的意義が分からなくなってしまう。この点で、国土拡大の地図はまだしも、本文がこれだけでは物足りない。


■2.「アテルイの抵抗」

 一方、東京書籍版は本文では次のわずか3行だが、「アテルイの抵抗」と出した半ページ大のコラムで大々的に取り上げている。

__________
(本文) 同じころ、朝廷は、東北地方の蝦夷に対して大軍を送り、その勢力を広げました。しかしその後も、蝦夷は、律令国家の支配に強く抵抗し続けました。[2,p40]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

__________
(コラム)歴史にアクセス 蝦夷の抵抗

 朝廷は、東北地方に住み、朝廷の支配に従わないひとびとを蝦夷とよび、しばしば貢(みつ)ぎ物をおさめるよう強制し、ときには武力で従わせようとしました。

 これに対して、蝦夷の人々は激しく抵抗しました。胆沢(いさわ)地方(岩手県奥州市付近)を中心とした蝦夷の指導者のアテルイも、その一人です。789年、5万人の朝廷軍がアテルイの本拠地を攻撃しました。しかし結果は、アテルイのたくみな作戦の前に朝廷軍の惨敗に終わりました。

 797年、坂上田村麻呂が征夷大将軍に任命されると、801年、4万人の朝廷軍を率いて、やっと胆沢地方を平定し、翌年、大きな胆沢城をつくりました。アテルイは、軍を率いて降伏し、捕りょとして都に連れていかれました。田村麻呂は、朝廷にアテルイの命を助けるように強くたのみましたが、その願いは聞き入れられず、アテルイアは河内国(大阪府)で処刑されました。

 ほかにどのような蝦夷の抵抗があったか、調べてみましょう。[2,p41]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 コラムには、ご丁寧に「アテルイをたたえる碑」の写真まで掲載されている。オランダに征服されたインドネシア人が、民族独立のために戦った民族の英雄を謳い上げるような英雄視である。インドネシアの歴史教科書ならそれでも良いが、日本人の中学生に日本史を教える歴史教科書としては、自虐が過ぎるのではないか。


■3.農業技術指導の開拓団

 坂上田村麻呂が築いた胆沢城については、『うめごし博士の逆・日本史3』に詳しい[3,p106]。

__________
 昭和30(1955)年に、この城のあったところを発掘調査したところ、なんと城の中に、みごとな農事試験場が作られていた。
 学校で教える日本史では、坂上田村麻呂の東北平定は、田村麻呂の兵団が蝦夷を武力だけで押さえつけたような表現で述べられている。
 だが、実際はそうではなかった。坂上田村麻呂は将軍だが、戦闘はほとんどしなかった。・・・

 そのかわり彼らは、鍬(くわ)・鋤(すき)・鎌(かま)・斧(おの)・火打金(かね)などを持っていった。・・・

 結論から言えば、この坂上田村麻呂にしても、のちの文室綿麻呂にしても、彼らの軍隊は農業開拓の派遣団だったのである。・・・だから軍事による征討とだけ考えると大きな誤りを犯す。軍事征討でなく、農業技術指導の開拓団だからこそ、蝦夷から受け入れられ信頼されて、そのために成功した。

 なお蝦夷とは、当時まだ農耕民ではなくて、原始的な生活をつづけていた東北日本人のことである。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 稲は亜熱帯性の植物で、当時の稲作の北限は仙台平野までであった。寒冷地に住む蝦夷に稲作を教えるのに、稲を耐寒性に品種改良し、作付け時期を研究するために農事試験場が必要だったのである。


■4.移民と蝦夷の共生

 蝦夷というと、文明世界の外側に住む野蛮異民族のようだが、これは大陸から入ってきた中華思想によるもので、日本人が「東夷」と呼ばれたのと同様である。日本では古くは「えみし」を「毛人」と書いた。蘇我蝦夷という個人名にも見られるように、蝦夷、毛人は「勇猛な人」という意味で、異民族への蔑称ではなかった。

 蝦夷の竪穴住居なども基本的には東国のものと変わらない。縄文時代から東北地方に住んでいた日本人で、地理的に遠く隔たっていたために、大和朝廷に帰属していなかった人々とされている。

 その人々をどう国家に取り込んでいったかについては[4]が詳しい。

__________
 7世紀から8世紀にかけての東北地域への政策の基本は、国家支配の拡大であるが、それは戦争によって敵方の版図を切り取っていくことを優先したものではない。・・・

蝦夷との交流において、日常は武力による威嚇を必要とする場面はそう多くはなかった。ただし、交渉が決裂するような場面では
武力衝突することがあり、武装の必要があった。[4,p149]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 国家支配を広げる拠点として作られたのが「城(き)」「柵(き)」と呼ばれる施設だった。

__________
「城」「柵」という名称ではあるが、防御された区画のなかに存在するのは、軍事一辺倒の空間ではなく、行政施設としての面が多分にある。平時においては周辺の蝦夷との交流の場となり、饗宴や交易も行われた。蝦夷に対して国家の威容を見せる施設であるとともに、地域支配の実務機関であった。[4,p152]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この「城」「柵」を中心として、周囲に北陸地方や関東地方からの移民が住みついた。

__________
 そして、この空間には国家側の移民だけでなく、蝦夷も集まり始めていた。宝亀11年(780)に起こった秋田城の廃止移転問題の際には、蝦夷たちが、国家の威を頼みとして久しく城柵のもとに居住してきたので廃止しないでほしい、という意見を述べている。各地で、城柵を中心とした、移民と蝦夷の共生が形成されはじめていた。[4,p153]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


■5.大和朝廷の統治は蝦夷に受け入れられた

 今まで村落単位で暮らしていた蝦夷が、朝廷に帰属するとは、どういう事か。国家から税金をとられ搾取される、というのは、マルクス主義流の一面的な見方である。国家の基本的な機能は外敵からの防衛と共同体内の治安維持である。そのための経費として税金が必要となる。

 蝦夷たちが「国家の威を頼みとして久しく城柵のもとに居住してきた」というのは国による防衛と治安維持への感謝を示している。

 もちろん国家にも様々あって、現代の中国のように、為政者が自らの利益のために、国民を搾取している政府もある。年間20万件もの暴動・争乱が起きているということは、現在の中国政府の統治に対して、国民の側で巨大な不満がたまっているという事だろう。

 それに対して、蝦夷との交流がおおむね平和的に行われたこと、蝦夷たちが、秋田城を廃止しないで欲しいと訴えたことは、大和朝廷の統治が蝦夷たちにも受け入れられたからである、と言える。


■6.動乱は蝦夷社会の成長から、起こるべくして起こった

 しかし、それでは何故、蝦夷の抵抗が起こったのだろうか? その発端は、次のようであった。

__________
 光仁朝の終わりに近い780(宝亀11)年、東北の辺境に一大事が起こったという飛報が、朝廷を驚かせた。

陸奥の国上治(かみち)郡の郡司伊治公(いじのきみ)呰麻呂(あざまろ)が、とつじょ俘軍(降伏した蝦夷からなる軍隊)をひきいて反乱を起こし、陸奥国府の多賀城(現在の宮城県多賀城市)の北方にある伊治城を(現在の宮城県栗原郡)を襲って按察使(あぜち)(陸奥・出羽両国の最高行政官)紀広純(きのひろずみ)を殺したのである。[5,p62]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この伊治公呰麻呂は帰順した蝦夷であった。すなわち蝦夷の長が朝廷から郡司に任命され、また帰順した蝦夷たちからなる軍隊を率いて朝廷側に立っていたということである。当時の蝦夷と大和朝廷の融和ぶりが窺える。

__________
 陸奥の国の開拓がはじめられてからすでに年久しかった。仙台平野から南には十ばかりの郡が設けられ、「蝦夷」とよばれる土着民と、「柵戸(さくこ)」とよばれる東国地域からの武装移民とは、概して平和に共存していた。

しかし奈良時代末期になると、蝦夷の集団をひきいて律令政府の支配に服していた各地の「俘囚(ふしゅう、服属した蝦夷)の長は、しだいに大きな勢力に成長し、いつまでも異民族として軽侮されている立場に不満をいだくようになった。

 これに対して、朝廷側がとくに強硬方針を打ち出していた様子はない。むしろ長い間の平和な開拓方針が、光仁朝に至って限界に突き当たったのであろう。つまり動乱は蝦夷社会の成長から、起こるべくして起こったのだ。[5,p62]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 蝦夷たちが村落単位で生活していた頃には、朝廷に帰属して安全を守って貰う、という事に価値を見いだしていただろう。しかし半世紀以上も経って、蝦夷が郡司を務め、蝦夷だけで軍隊まで組織するほどに成長した時点で、いつまで遠い朝廷の風下に立っているのか、という意識が芽生えたとしても不思議はない。

 蝦夷の反乱は、朝廷側の搾取や横暴に怒って立ち上がったのではない。大和朝廷との同胞意識が芽生えていない段階で、政治面、経済面で成長した蝦夷が、一種の反抗期を迎えたという事であろう。


■7.坂上田村麻呂の蝦夷融和策

 反乱の中で、蝦夷の勇アテルイが頭角を現し、朝廷軍を打ち破る。それに対して、朝廷から派遣された坂上田村麻呂は短期的な戦いで勝利を治めつつ、防備を整え、諸国の農民9千人を移民させて、その小作料を低く抑えて生活を安定させるなど、持久戦の体制を整えた。

__________
 この盤石の構えを見て、反乱の蝦夷が次々に帰順してくると、田村麻呂はこれを内地に移して、柵戸の移民と蝦夷との対立を緩和していった。[5,p71]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 こうした準備のうえ、801(延歴20)年2月、田村麻呂は4万の大軍を率いて、蝦夷の奥地に攻め入り、翌年には胆沢城を築いて、朝廷の統治を固めた。最後まで抵抗したアテルイも、5百余人を率いて降参した。田村麻呂はアテルイを連れて上京し、「このたびはかれらを許し、賊の同類を引き寄せるのに一役買わせるのが上策である」と朝廷に訴えたが、その献策は聞き入れられなかった。

 田村麻呂の戦略は、戦いで武威を示しつつ、蝦夷たちに朝廷に服属した方が上策である事を理解させる事であった。胆沢城で農事試験場を作り、その地の蝦夷に稲作を教えたのも、その一環である。

 東書版の記述では、この融和策が書かれていないので、英雄アテルイに同情して命乞いをしたというような英雄譚になってしまっている。しかも、朝廷側の英雄譚は取り上げないのに、反乱軍側だけ英雄視する処に「反体制」という偏向が露呈している。


■8.東北地方の一体化

 しかし、東北地方がこれで完全に朝廷に帰順したわけではなかった。平安時代の後期、寛治元(1087)年からは1世紀ほど奥州藤原氏が半独立国として栄華を誇ったが、源頼朝がこれを下した。こうした長いプロセスを経て、東北は日本の一部として一体化していくのである。

 先の東日本大震災では、東北の人々の不幸に対して、すべての日本人が同胞に降りかかった災難として、心からの同情と支援を寄せた。その同胞感は、自然に生じたものではない。東北を日本の一部として一体化させようとする7世紀以来の先人の長い努力の結果である。

 そういう歴史の流れを語るのが、本来の歴史教育であろう。

(文責:伊勢雅臣)

■リンク■

a. JOG((635) アイヌとの同化・融和・共生の歴史
「もののわかった人は、私たちアイヌを本当の日本人として尊敬してくれました」
http://blog.jog-net.jp/201006/article_17.html

b. JOG(801) 沖縄は中国の領土なのか?
 沖縄が我が国の領土であるのは、多くの先人たちの努力の結果である。
http://blog.jog-net.jp/201306/article_1.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 藤岡信勝『新しい歴史教科書─市販本 中学社会』★★★、自由社、H23
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4915237613/japanontheg01-22/

2. 五味文彦他『新編 新しい社会 歴史』、東京書籍、H17検定済み

3. 樋口清之『うめぼし博士の逆・日本史 (3)』★★、祥伝社、S62
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4396500092/japanontheg01-22/

4. 鐘江宏之『律令国家と万葉びと (全集 日本の歴史 3』★★、小学館、H20
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4096221031/japanontheg01-22/

5. 目崎徳衛『日本の歴史文庫(4) 平安王朝』★★★、講談社、S50


■編集長・伊勢雅臣より

 読者からのご意見をお待ちします。
 本誌への返信、またはTwitterで、@ise_masaomi あて、お送り下さい。

====================
Mail: ise.masaomi@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/#!/ise_masaomi
または本メールへの返信で
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
http://blog.jog-net.jp/
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
====================



【引用ここまで】
─────────────────────────────







渡辺のオススメのメルマガです。
登録はこちらからどうぞ!


⇒ 「Japan on the Globe-国際派日本人養成講座」



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1446-b8450fe7
    この記事へのトラックバック



    fx