厭離穢土欣求浄土─徳川家康と日本JCと私 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

厭離穢土欣求浄土─徳川家康と日本JCと私

2014年05月11日 12:00

大樹寺(だいじゅじ)というお寺が、
愛知県岡崎市(三河国)にあるそうです。
浄土宗のお寺です。

このお寺は、徳川氏(松平氏)の菩提寺であり、
歴代当主の墓や歴代将軍(大樹公)の位牌が安置されているのだとか。


そしてこの大樹寺は、
立志開運の寺とも言われているそうです。

なぜ立志開運の寺なのか?


「厭離穢土欣求浄土」


という言葉にその秘密があります。

この言葉は、なんか漢字がずらずらっと並んでいて、
すごい響きですが、

徳川家康が戦国時代、
戦いのときに掲げた旗印に記された言葉です。


「苦悩の多い穢れたこの世を厭い離れたいと願い
 心から欣んで平和な極楽浄土を冀う」



という意味で、もともとこの言葉は、
平安中期の高僧源信(恵心僧都)が著した「往生要集」の中の言葉なんですね。

その頃の世情の不安を救う教えとして人々の心に伝わっていました。



徳川家康は若いころから大変苦労した人生を送り、
おじいさんの清康公も、おとうさんの広忠公も、
なんと二人とも家臣に殺されています。

そして家康公3歳のとき、
お母さんの実家が当時松平家が仕えていた今川家と敵対していた織田家に寝返ったため、
父広忠公は家康の母に怒り、離縁をします。

そして家康公は6歳で今川氏の人質となりますが、
そこでなんと拉致をされ織田家の人質になってしまいます。

しかし間もなく人質交換があり、
今川家の人質となります。

まあいずれにしても6歳から19歳まで家康公は人質生活を送ったわけです。




時は永禄3年、
今川家の若き武将として家康公は、

上洛した今川義元の留守を守るため、
大高城というお城に兵糧を入れて守っていました。


ところが今川義元が桶狭間に陣を敷いていたところ、
織田信長に奇襲を受け、討ち死に、今川勢は総崩れとなりました。

家康公は大いに驚き、
夜中、大高城を密かに出発、
真夜中に多くの敵を避けながら大樹寺に逃げて帰ります。

この時付いてきた近臣わずか18名。

しかしその間に敵がまた追い迫ってきて、
大勢が鉄砲を撃ってきます。

命からがら大樹寺へ逃げ帰りました。



当時のお寺というのはいわゆる一種の城であったそうで、周辺が全て囲まれ、
松平家菩提寺の大樹寺も当時約500名くらいのお坊さんがいたそうです。

いまのお寺のイメージとはちょっとちがいますね。



家康公はそこで、
もはや自分の命はこれまでであると、

先祖の墓前で切腹自害をしようと、
その時の住職、登誉上人に告げました。



大樹寺責任役員 成田敏圀「厭離穢土 欣求浄土~家康公の平和思想~」
(2006年12月23日「岡崎学─岡崎を考える─」講座)




そのときのお話の講演録を見つけましたので、
それをもとに当時のやりとりを紹介します。




家康公「もはやここまでです。ご住職、ご先祖様の前で自害して果てるしかありません」

ご住職「檀家さんが危機にあるとき、大樹寺としましては放っておくわけには参りません。
    私の命を賭けて、あなたをお守りいたします。
    そして僧侶と俗人、多数をもって、この寺を固めます。」

ご住職「ところで、あなたは若い時から戦場に向かっておられますが、その心はただ敵を殺すということだけにあるのでしょうか?」

家康公「ご住職、武人の心はただその通り、敵を殺すことだけにあります」

ご住職「人を殺めること、これはいったい何のためにするのでしょうか?
    勇気を奮い起こし、功を立て、城を落とし、国を奪おうとする。どうしてそのようなことをするのでしょうか?」

家康公「ご住職、戦国武将たるもの、最後は天下を平定することが目的でありましょう。」

ご住職「それでは天下を取ってこれまた何をしたいのでしょうか?」

家康公「なぜそうするのかといえば、自らの家を興隆して子孫を繁栄させ、名を後世にあげ、父母の名を表すためでしょう」

ご住職「天に得ざるの国を強奪する、これは盗人の所業といったいどこがちがうのでしょう」

   「たとえ運があってひとたび天下を取ったといっても、非道なことをして天下を取ったならば、その子孫にどのようにして伝えればよいのでしょう。伝えることはできないではないでしょうか。
    一人で栄華を誇ったとしてもそれはある一日の夢のようなもの。その命が終われば必ず地獄に落ちることでしょう。」

   「万民のために、天下の父母となって、万民の苦しみをなくするようなことをしていかなければならないのではないでしょうか。」



家康公は、住職の話を聞いて、すべてを悟ります。


将来、天下はどうあるべきか、
すべてを悟ったわけです。


なぜ自分は戦うのか?


戦場に向かう目的は、功をたて、城を落とし、国を奪うことではなく、
穢れた国土を住みよい浄土にすることである



「厭離穢土 欣求浄土」



家康公はそこで生まれ変わり、
何のために自分は生まれたのか、
何のために自分は戦うのか、

天命を知ったのでしょう。



家康公は、大樹寺を取り囲んだ織田の軍勢に対峙し、
約500名の僧侶に武器を取らせ、

大きな白い布に、


「厭離穢土 欣求浄土」


と大書した旗を立て戦い、敵を打ち払ったのでした。


その後家康公が戦う際には、
必ずこの「厭離穢土 欣求浄土」が掲げられたのだそうです。






今年の日本青年会議所のトップ、
鈴木和也第63代会頭は、
岡崎JCの出身ということで、

この「厭離穢土 欣求浄土」の言葉をかかげ、
青年の志はここにあると全国に訴えています。





私自身もこの思いに深く共感するとともに、

自分の歴史を振り返ると、

失業したり、
落選したり、
震災を経験したりして、

何度も絶望し、自暴自棄になったこともありましたが、

自分が政治にしても経済にしてもJC運動にしても、
何のために戦い続けているのかといえば、


自らの功をたてるということではなく、


この問題の多い世の中を変えるために、
新しい世界を「つくる」んだということ



にあります。

そうすると、この家康公の絶望も悟りも、
なんだかよくわかりますし、


自らの利益だけのために、
既得権益をただ守るためだけに動く政治家の多いこの現代もまた、
戦国時代と何ら変わりがないとも言えます。


だからこそ、
私も同様に「つくる」ののぼりを旗印に、
これからも

「厭離穢土 欣求浄土」

の志を持って、
生きていきたいと強く思っているところです。







大樹寺責任役員 成田敏圀「厭離穢土 欣求浄土~家康公の平和思想~」
(2006年12月23日「岡崎学─岡崎を考える─」講座)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

  1. | URL | -

    いいね

  2. 渡辺勝幸 | URL | -

    Re: タイトルなし

    ありがとうございます!


    > いいね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1419-101405a5
この記事へのトラックバック



fx