国民による未来創造プロジェクトにパネリストとして参加しました!─JC宮城ブロック協議会主催憲法事業 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

国民による未来創造プロジェクトにパネリストとして参加しました!─JC宮城ブロック協議会主催憲法事業

2014年05月03日 12:00

5月2日、大崎市古川の芙蓉閣において、
公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会が主催した、


「全国一斉! 国民による未来創造プロジェクト─この国のあるべき姿を描こう」

にパネリストとして参加しました。

この事業は全国47都道府県の青年会議所が、
同一時刻に一斉に憲法論議を通じて国民運動を喚起することを目的に実施されました。


自民党の山田賢司衆院議員、みんなの党の和田政宗参議院議員とともに、
私もパネリストとして日本JCの憲法事業について発表をしました。

その内容について、以下に記します。


今日は憲法記念日。
憲法について考える機会としてみてはいかがでしょうか。

この事業については『河北新報』にも取り上げられましたので、ごらんください。


「国のあるべき姿憲法を絡め探る/大崎でJCが催し」(『河北新報』平成26年5月3日朝刊)





【論点1】憲法改正要件(第96条)

こんばんは。仙台青年会議所の渡辺勝幸と申します。今年は、宮城ブロックとともに、日本青年会議所の憲法論議推進委員会にも出向し、憲法論議を通じて、未来に希望を託すことのできる日本のあるべき姿を模索し、国民意識の醸成ということについてJCの仲間たちとともに日夜議論をしています。


【日本JC日本国憲法草案】

日本JCでは、2年前に「国民が自らの手によって自主的に憲法を制定すべき」との思いから、「日本国憲法草案」を策定しました。その特徴は三点あり、1、「前文」に日本らしさを。2、「国家非常事態」を補完。3、「憲法改正」条件を緩和。

世論調査などを見ると、どの調査でも憲法を改正するべきという声は、3分の1から半分。
改正要件は「国会議員の3分の2の発議による国民投票の過半数」となっているが、本来わが国の根本ルールである憲法に対し、3分の1の国民が違和感を感じ、変えた方がいいと思っている憲法は、根本ルール足り得ないし、どこかを変える必要があるのではないか。ほとんどの国民が納得した形を模索すべき。
そのためにも、賛成派反対派含め、国民のレベルで私たちの一人一人が日本の主権者であるという意識を持って、憲法のあり方について考え、議論をおこしていく必要があると思います。


日本らしさを打ち出した憲法を制定しようという議論をすると、改憲そのまま戦争をしたいのかという方がいらっしゃるが、日本JCが「日本国憲法草案」を策定したのは、けっしては戦争をしたいからというわけではない。
そして同時に、当然のことですが、現実論として、憲法9条を守ったからといって戦争を放棄できるわけではありません。実際に、わが国は平和憲法を守っているにもかかわらず、ミサイルを発射してきたり、日本国民を拉致したりする隣国が、領海を侵犯してくる隣国があるわけです。
やはり、わが国の将来はわが国の力で守れるようにするべきと考えます。

私は、現行憲法のとりわけ96条は改正をするべきであり、「日本らしさ」、つまり日本古来の歴史、伝統、文化、受け継がれてきた美しい精神性を根本に取り入れた、そんな自主憲法を制定すること、そして私たち日本JCが策定した「日本国憲法草案」に対し、ぜひ多くのみなさんの賛同をいただきたいと思っています。




【国民投票法18歳以上と教育について】

憲法改正国民投票法18歳以上に投票する権利
⇒賛成。憲法改正は若い世代の未来にも大きくかかわってくる。

投票行動は、世の中、ひいては政治に関わる最初の第一歩。とりわけ教育が重要となってくる。
教育は国づくりのための先行投資。真の日本をどのようにつくるかは教育という身近なところに答えがあるのではないか。教育にしても政治にしても、すべてスタートは「自分」からはじまる。投票権を持つことで、若い世代が、自分たちはどのような政治をつくり、どのような国をつくっていくべきかということを考える一つのきっかけになると思う。

私は現在、小学生の娘がおり、PTAの会長を務めたりおやじの会などに参加するなどの社会活動をしている。
4月は小学一年生が入学することもあり、交通安全運動が全国各地で行われたところ。
何が大事かといえば、通学路を覚えるだけでなく、最低限の交通ルールを覚えることが大事。黄色い帽子をかぶり、黄色いランドセルをしょって、兄弟や、近所のお兄ちゃんやお姉ちゃんと登校する。つまり、小学校で国語や算数を勉強する前に、最低限の交通ルール、つまり社会のルールを覚えるのが4月であり、先生も保護者も地域の方も交通安全運動や様々な点で新一年生が学校に行けるようみんなで支えるそんな季節が4月。

いっぽう、投票する権利を得た20歳以降に、今日のような「国民による未来創造プロジェクト」のように、わが国がどのように成り立ったか、国や政治の仕組みはどうなっているのか、投票する際の最低限のルールを私たちは知らないまま、この年齢になってはいないか。

憲法というものは国家の統治体制の基礎を定める根本法であり、国民主権という観点から言えば、私たち一人一人が憲法を制定する権力を持っているともいえます。
大きな力を持っている私たちの一人一人が、私たちの子供たちや孫たちの世代に希望を託すことのできる国家をつくらなければいけない、そのためにはやはり日本を形作っている根本法である憲法について、しっかりと考えなければならないのではないかと私は思います。



【要望】

最後に、本日山田代議士にお越しいただいていますが、自民党は立党以来の党是が「自主憲法制定」であります。しかしテレビや新聞などを見ていると、憲法改正でなかなか党内がまとまらないという報道があります。立党の原点に立ち返ってぜひ党内をまとめてほしい。
また和田議員にぜひお願いしたいのは、みんなの党においても、党内で憲法改正の機運が高まっていると聞いております。ぜひともまずみんなの党自ら与野党の垣根を越えて、憲法改正のために野党を取りまとめ、自民党と連携をしていってほしい。





【論点2】未来に希望を託すことができる国家

未来に希望を託すことのできる国家とは、私たち日本人が大事にしてきた価値観を基本とした自主憲法、そしていざというときに国が国民の生命と財産を守るという当たり前のことをしっかりと打ち出した憲法をつくっていくことで実現しうるのだと、私は確信している。


【日本らしさと前文】

先ほども話しましたが、2012年10月、日本JCは「日本国憲法草案」を策定しました。この前文に「わが国のあるべき姿」を盛り込んでいるところ。
どんな考え方でつくられた前文かというと、日本国や日本人の特性、永く深い歴史や日本らしさを前面に出すことにより真の主権国家・独立国家としてふさわしい前文になると考えます。
具体的には、聖徳太子の十七条憲法にある「和を尊び」や上杉謙信などが唱える武士道精神「公の義」、永久に皇統が続く意味の「万世一系」という文言及び明治政府の基本的方針「五箇条の御誓文」をあえて前文に組み入れています。

日本国憲法制定から、70年近くの年月を経て、世代的にいっても二世代以上の月日がたち、社会情勢にあわない部分も出てきているところ。ここで国民自らの意志によって自主的に憲法を制定すべきときが来ているのではないか。


また、私は起業支援・経営支援の会社をやっているが、どのビジネスもどの会社も、様々な問題が生じた時、その会社の原点に立ち返り、その会社の強みを生かした経営を実践していくとうまくいくことが多い。
人間も同じで、人生の分岐点に立ったときも同様だと思う。何かの力に左右され、本来の自分ではない自分のまま日々暮らしていくのでは、力を発揮できない。本来自分の持っている強み、自分らしさを生かした人生を送ることができれば、充実したうまくいくことが多いのではないか。

現行の日本国憲法には、「日本らしさ」が見えない、とりわけ前文を読んでもどの国の憲法かわからない表現となっている。確かにすばらしい内容ではあるけれども、私たち日本人が先祖代々大切にしてきた価値観、日本らしい価値観を反映させるべきではないか。日本国憲法を読めば、日本という国がわかる、そういう憲法こそわが国の基本法とすべき。

青年会議所は憲法を変えるための団体ではないが、領土領海問題、自主憲法制定、徳育の推進など、JCの先輩方は、世論が盛り上がる前に、明るい豊かな社会を実現するための運動を開始し、だいたい世の中より十年以上先駆けた運動を推進してきています。たとえば領土領海問題は、尖閣や竹島の問題がクローズアップされる以前から、JCの先輩方はこの問題に取り組んでいました。



【緊急事態】

また、未来に希望を託すことができる国家ということを考えたときに、私たち宮城県民としては、いざというときに国が国民の生命と財産を守るという当たり前のことをしっかりと打ち出した憲法、つまり「緊急事態」についてしっかりとした憲法をつくることが重要と考えます。

あの震災のときの政府の対応は、
災害対策基本法にある「災害緊急事態」が布告されず、
「重大緊急事態」に対処するための「安全保障会議」が開かれず、
情報は一元化されず、
指揮命令系統は確立されず、
危機管理システムが運用されない事態

にありました。

統治の最高規範である憲法に、緊急事態についての条文があったならば、このようなことにはならなかったでしょうし、政治家や官僚の取り組み方も必然的にちがったものになっていたと思います。
大規模災害の多いわが国では、そして先ほど申し上げたように、周辺諸国の情勢が緊迫化しているわが国では、再び同じ過ちを犯してしまうように思えてなりません。緊急事態に陥り国家が何もできないときに困ってしまうのは、普通に暮らしている国民であり、とりわけ弱い立場にいる国民なのではないでしょうか。

現行憲法に不足している、「大規模災害のような緊急事態に対処できない」という状況では、私たちの子どもや孫の世代のときに、あるいは明日そんな事態が起きるかもしれませんが、未来に希望を託すことのできる国家をつくるためには、あの震災で起きたような緊急事態に対処できない国家から脱却しなければならない、そのためにも諸外国と同じように「緊急事態」について、憲法でしっかりと規定することが必要と考えます。



【まとめ】

そのほか、多くの課題が現行憲法にはあると私は感じていますが、憲法を守るにしても変えるにしても、国民による憲法論議を進めていくことが不可欠であり、私の所属している日本JC憲法論議推進委員会も、本日の事業をそんな思いを持って全国47都道府県で同一日同一時刻に開催をしているところ。
より多くの国民へ運動を発信すると同時に、国会議員に対しては、JC議連や新憲法制定議員同盟といった政治の世界へも運動を発信。JCの運動の成果を「国民の声」として、国政にも届ける。

本年度日本JCは、「たくましい国、日本」をつくることを基本理念として運動を活発化させています。たくましい国日本をつくり、次世代に引き継ぐ。
未来に希望を託すことのできる国家とは、私たち日本人が大事にしてきた価値観を基本としながら、国民の生命と財産を守るという本来国家が持つ当たり前のことができるような自主憲法をつくっていくことで実現しうるのだと確信している。

ぜひ本日ご参集のみなさまには、美しき日本の輝かしい未来を次世代に引き継ぐために、憲法論議を通じて「わが国のあるべき姿」を国民おひとりおひとりに描いていただきたいということをお願い申し上げ、私の意見発表とさせていただきます。

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1410-de9948b2
    この記事へのトラックバック



    fx