あなたと上司の関係をよくする秘訣 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

あなたと上司の関係をよくする秘訣

2011年01月10日 18:00

最近個別コンサルティングの依頼が多いのですが、

人生誰しも生きていく上でいろんな悩みがあります。



若手ビジネスパーソンの仕事上の悩み第1位は、


「思っていることを伝えられない」


なのだそうです。

上司に思っていることを伝えられないケースが多いのだとか。
これはたしかにストレスになるだろうなと思います。

逆にいえば、上司である人は部下の思っていることを
聞き出していないということも言えますね。
上司のみなさんは気をつけましょう。

仕事上の人間関係がうまくいくことは、
結果を出すための条件でもありますから、

思っていることがお互いに伝えられる関係が
構築されているといいですね。


では部下の立場に立って考えたときに、

どうしたら上司との関係をよくできるか、

思っていることを聞いてくれるような上司との関係を
どうやったら構築できるのか?


秘訣があります。


上司を天皇陛下のように扱うことです。


上司のみなさんには残念なことですが、
ほとんどの部下は、上司をバカにしています。

目の前で態度にまで出す人はなかなかいないとは思いますが。


上司のほうもうすうす気づいています。
自分もそうなので。


だからこそ、上司を天皇陛下のように
とてもとても偉い人のように付き合うことです。

たとえば、上司が何かをしようと考えていたら、それに応える。

つかれていそうだったら、お茶を出す。

部下のだれもやらないようなことを率先してやる。


だいたいどこの組織もそうなのですが、
上司が偉くなると自分も偉くなります。

上司を天皇陛下のように扱っていると、
本当に偉くなって、結果として自分も偉くなったりします。


上司をバカにしていると、
だいたいその上司は出世しない、
部下からの信頼がない人は出世しないものですから、
あなたも当然出世しません。


これはビジネスでもそうだと思います。

顧客のニーズをつかみ、
顧客の評価が高まれば、
売り上げも上がる。


政治でもそうですね。

有権者の不満要望をつかみ、
支持率が上がれば
安定政権になる。


だいたいみんなできていないから、
これができる一部の人は強いのだろうなと思います。




個別コンサルティングのご依頼(政策、経営、その他)はこちらから(メール相談は無料でいたします)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/141-4bf3df61
    この記事へのトラックバック



    fx