【つくりすと野地数正】世にある全てのビジネスはシニアビジネス? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

【つくりすと野地数正】世にある全てのビジネスはシニアビジネス?

2014年04月17日 18:00

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
みなさんこんにちは。
渡辺勝幸です。

本日(4月17日)発行のこのメルマガは、
つくる仙台公認起業コンサルタント(つくりすと)の

野地数正さんによる

「世にある全てのビジネスはシニアビジネス?」

をお届けします。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐





【つくりすと野地数正】世にある全てのビジネスはシニアビジネス?


皆さんこんにちは、つくる仙台公認コンサルタントの野地数正です。

さて、早いもので、全3回のメルマガ連載も今回で最終回となります。

今回は「家事代行サービス」の視点からちょっといい話をさせて頂きます。



第1回目にも記入させて頂きましたが、私は自動車ディーラーの経営一家に生まれながら、全く異業種の「家事代行サービス」に転身したのです。

当社のお客様は現在「高齢者」の皆様もたくさんいらっしゃいます。


ところで、高齢者を対象にしたビジネスを「シニアビジネス」と呼びます。

この「シニアビジネス」は実に年間「100億円市場」とも呼ばれ、マスコミも常にこの手の特集やマーケット動向に注目しており、極めて賑わいを見せているマーケット層です。

当社ももちろん、このマーケット層におけるお客様の不便さや、不満を解消しようとこのビジネスに参入したのです。

周りの方々からは、
「これからの時代にあったビジネスだね!」と10人中8人がおっしゃいます。


しかし、実はここでパラダイムシフト(意識転換)が必要なんですね。

家事代行サービスに関わらず・・・、

ズバリ


「日本の市場は全てシニアマーケットです!!」


????が続きますか?
このパラダイムシフト、極めて大切です!


日本の高齢化率は、皆様もすでにご承知の通りですが、数字に表わしますと26.8%です。
つまり「4人に1人が高齢者」です。

マーケットに対し、直接的にも、間接的にも、
いかなる局面でも

「26.8%」

はシニアの趣味嗜好が繁栄されているのです。


一見シニアマーケットとは全くご縁のないように思える商品・サービスでもシニアのニーズやウォンツは必ず潜んでおり、
いつでもどこでも発掘できるのです。

例えば、AKB48のCDをはじめとした関連商品は、シニアマーケットと言えるか?


答えは「YESです。」


もしAKBが、シルバー世代の人気JPOP(例)石原裕次郎さんのヒット曲
「夜霧を今夜もありがとう」をリバイバルして再販したとします(笑)。

これは間違いなく、シルバー世代とAKBのファンは「共通言語」を持つわけです。
シルバー世代のCD購入数は増えることが予想されます、何故なら


「子や孫の世代と共通言語で話せる」こと


がシルバー世代にとってこれ以上ない付加価値だからです。

携帯電話の「メールの使い方講座」に、孫とメールをしたいシルバー世代が
各所で講座に駆け込み、大賑わいになった話は有名ですよね。

いやでも、シルバー世代とお孫さんの世代は「共通言語」で
コミュニケーションをとることになるでしょう。

AKBの関連商品はシルバー層に広がって行くことが容易に想像できますよね(笑)

もちろん上記は仮説にすぎませんが、大切なことは


AKB48=シニアマーケット


になりえるということです。

このアプローチで行きますと、全ての商品、サービスがちょっとした切り口を
見出すだけで「シニアマーケット」に早変わりするのです。


私は「家事代行サービス」を運営しながら、コンサルティング活動もいたしておりますが、これからの高齢化社会を生き抜いていくためには
読者の皆様にいち早く、自社の商品、サービスがちょっとした切り口の工夫でシニアビジネスに参入できるのだということを知って頂きたいのです。

そのためには、シニア世代のかかえる「ちいさな不都合、や問題点」に目を向け
解消するためにはどうしたら良いのか、真剣に考えることで、

あたらしい商品・サービス開発費用など投じなくとも、シニア向けの商品に
早変わりするというアイディアをお持ち頂きたいとのです。

我が社も「家事代行サービス」を、シルバー世代の需要だけではなく
あらゆるお客様にご利用頂けるサービスとし展開するべく日夜励んでおります。


全三回のメルマガ配信でしたが、皆様のお役に少しでも立てれば幸いかと存じます。
また当社のHPにも是非是非遊びに来てくださいね!

                   家事代行のBLUE・BLUE 代表
                               野地 数正

ご参考  http://www.kajiblue.com/

関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1407-2818d6e4
    この記事へのトラックバック



    fx