GWに読むオススメの本その2(終) - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

GWに読むオススメの本その2(終)

2014年04月27日 18:00

今週末からゴールデンウィークです。
ふだんは分単位の予定を刻み、
ビジネスに追われている方も、
五月上旬までは少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。


このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
そして周囲からおすすめされている本、
そして私の大学の後輩である大西氏おすすめの本を、
お伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき、
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。





【5、エリック シノウェイ、メリル ミードウ、岩瀬 大輔訳
『ハーバード・ビジネススクール「これから」を生きるための授業: 「夢の見つけ方」「自分らしい価値」「大切なビジョン」』】



ハーバード大学には「起業家学」という学問があり、
こんな学問が日本でもあるのなら、私も勉強したいですし、
教えることもできそうな気もします。


ということを昨年の今日4月27日に、
このメルマガで書いていました。


まさか一年後にそういう機会をいただけるとは思ってもいませんでしたが、

このハーバードの「起業家学」の生みの親、
ハワード・スティーブンソン教授の教えを、教え子がまとめたのがこの本です。

本書に出てくる言葉、


「失敗は将来の成功の種を、
 成功は将来の失敗の種を宿している」



この言葉はいいですね。



────────────────────────────────────
【引用ここから】

ハーバード・ビジネススクールの名物教授であり「人生の師」ハワード・スティーブンソン先生が教える、
仕事と人生において知っておきたいこと。

「何が本当の成功なのだろう」
「何が自分の人生を豊かにしてくれるのだろう」
「夢をかなえるために、どうすればいいのだろう」
「何が大切で、何を手放すべきなのか」

誰の人生にも、一度はこんなふうに考えねばならないときが来る。
大きなチャンスやターニング・ポイントに出会ったとき、
ハワード先生の言葉は、必ずあなたの役に立つだろう。

●「変動期」──チャンスとピンチの見極め方
●「理想」──“モザイク画”をつくるように
●「自信」──“他人の長所”と“自分の短所”を比べていないか
●「バランス」──“7人の自分”に聞いてみる
●「5つの宿題」──“完璧”より、“満足”を
●「人間関係」──“一緒に穴に飛び込んでくれる人”をつくる……etc.

【引用ここまで】
────────────────────────────────────


約40人の学生さんが、
現在私の講義を聞いてくれていますので、
この本を参考にもしながら、

仕事と人生において知っておきたいこと

を伝えていきたいと思います。



【6、エンリコ・モレッティ『年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学』】
 

刺激的なタイトルですのでどんな内容なのかと思ってしまいますが、
著者は「都市経済学」を専門としており、
かなり本格的な書籍のようです。

政治家ならば都市経営という観点から見ても、
非常におもしろいと思います。

イノベーションによって、
富める都市はさらに富み、沈める都市はどんどん沈む。

都市間競争の時代だということを
私たちは肝に銘じていかなければならないと思います。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


<浮かぶ都市>の高卒者は、<沈む都市>の大卒者より給料が高い──。
気鋭の経済学者が実証した、「ものづくり」大国にとっての不都合な真実!

「いい仕事」はどこにあるのか? なぜ「いい仕事」は特定のエリアに集中するのか?
アメリカでは、シアトル、オースティンといった都市で労働人口増加、投資増加、
雇用増加の好循環が生まれている一方、かつて製造業で隆盛を極めたデトロイトなどの
都市は過去20年以上にわたり人口流出、失業率の上昇に悩まされている。
両者の格差はそのまま平均賃金格差に反映されており、
成長する都市の高卒者の給料は衰退する都市の大卒者の給料よりも高い。
沈む都市周辺にいる限り、スキルアップの努力は大部分が無駄になる。

なぜ特定のエリアに雇用が集中して平均賃金が上がるのか。
本書ではこれを「イノベーション産業の乗数効果」で説明している。
イノベーション系の仕事1件に対し、地元のサービス業の雇用が5件増えるというのだ。
この乗数効果は製造業の2倍。ゆえに富める都市はさらに富み、沈める都市はどんどん沈む。
日本人の働き方、ものづくり重視の産業政策、雇用政策にも一石を投じるであろう一冊。

■イノベーション産業は製造業の3倍のサービス業の雇用を生む
■ご近所さんの教育レベルがあなたの給料を決める
■本当に優秀な人材はそこそこ優秀な人材の100倍優れている
■<沈む都市>は死亡率・離婚率ともに<浮かぶ都市>より高い

「驚くべきことに、ハイテク産業と製造業では、地域の雇用に与える影響が三倍以上も違うのだ。
他にも、アウトソーシングは従来型の製造業のほとんどで雇用を消失させる一方、
イノベーション産業では逆に雇用を生み出す場合が多いことも明らかにされる。
これらの意外な事実は、我々が抱きがちな「イノベーション産業は雇用を生み出せない」
という先入観をガラっと変えるものと言えるだろう」


【引用ここまで】
────────────────────────────────────



【7、村上春樹『女のいない男たち』】


「女のいない男たちになるのはとても簡単なことだ。
 一人の女性を深く愛し、それから彼女がどこかに去ってしまえばいいのだ」

ハルキストというほどではありませんが、
村上春樹の著作はけっこう読んでいる方なので、
きらいではありません。




────────────────────────────────────
【引用ここから】


「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」から1年、
村上春樹、9年ぶりの短編小説集。
表題作は書下ろし作品。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【8、日経レストラン編『日本全国 超繁盛店の すごい集客』】


起業し、ビジネスを進めていくうえで、

「集客」

は大きな課題です。

どんなビジネスであっても、
集客さえできれば大概のことはうまくいくものです。

規模の大小を問わず、
集客の基本は飲食店を見るとそのヒントを得られることが多いです。


ふだんふらっと行くカフェでボーっとしながら
集客のヒントを見つけたりすることもできるのですね。

そういう意味では、
本書は非常に興味深いです。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


なぜ、あの店はいつもお客でいっぱいなのか?
日本全国の超繁盛店50店を視察、その強さのヒミツを明かします!

●お客がわんさと詰めかける
居酒屋 とよ(大阪、居酒屋)
ベジタベルバー 兼次郎(静岡、居酒屋)
パロマグリル(福岡、ビストロ)
一升びん 本店(三重、焼肉店)
Restaurante すぺいん亭(埼玉、スペイン料理店)
こつこつ庵(大分、居酒屋)
きときと寿し 氷見本店(富山、回転寿司店)

●平日夜のお客をどんどん呼び戻す
楽市酒肴 洋食屋(福岡、現・ワイン食堂 Pasta Cotta、ダイニング)
手だれ屋敷(東京、居酒屋)
千年葡萄家(東京、ワインバー)
レストラン&珈琲 ジェノバ(富山、洋食店)
難波 楽ぼく(大阪、居酒屋) ほか

●悪立地でもお客を続々と誘い込む
アガリコ(東京、アジアンバル)
アイワナドゥ岩戸(鳥取、タイ料理店)
WEST END(千葉、レストランバー)
さくらぐみ(兵庫、イタリア料理店)
お好み焼き鉄板 すみれ(愛媛、お好み焼き店)
太郎寿司(鹿児島、寿司店)
居心地屋 蛍 上人橋店(福岡、居酒屋)
七兵衛そば(山形、そば店) ほか

●リピーターを絶対に逃さない
江戸前炭火焼 kemuri(東京、炭火焼料理店)
オリエンタル食堂(奈良、居酒屋)
食楽厨房 む。(秋田、居酒屋)
笑顔専門店 炙一丁(愛知、居酒屋)
すし蔵 浜田本店(島根、回転寿司店)
福や銀次郎(青森、居酒屋)
アンティーミー バーガー(滋賀、ハンバーガー店)
焼肉・冷麺 盛楼閣(岩手、焼肉店)
地魚と炭火焼とグラタンの店 ぶら坊(新潟、居酒屋)
来来亭(滋賀、ラーメン店)

●女性の心をがっちりとつかむ
玄米カフェ 実身美 あべの店(大阪、カフェ)
下北沢熟成室(東京、フランス料理店)
魚介 ビストロ sasaya BYO(東京、ビストロ)
とりでん/和み茶屋 水戸見和店(茨城、居酒屋)
さスワール(福岡、居酒屋)

●ネット活用でファンを次々に増やす
創菜酒膳 肴蔵(広島、居酒屋)
ココチ(神奈川、ハンバーガー店)
小湘亭(東京、居酒屋)
手打ちそば 地酒 杉並 まん月(東京、そば店)

●シニアが喜ぶツボをしっかり抑える
家族レストラン坂東太郎 古川総本店(茨城、ファミリーレストラン)
夢の蔵(愛知、居酒屋)
嬉乃すし(佐賀、寿司店) ほか

●ランチ営業できちんと儲ける
蔵前 結わえる(東京、現・結わえる商家、和食店)
鳥番長 総本店(東京、居酒屋)
彩々楽(埼玉、和食店) ほか


なぜあの飲食店はお客でいっぱいなのか?
全国よりすぐりの50店を視察、その強さの秘密。
すぐに使える50の秘策。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





【9、鈴木健介『起業 失敗の法則』】


成功例だけではなく、
失敗例を学ぶことは非常に大切だと思います。

なぜ失敗したのか、
そこからどう立ち上がったか、
何を学んだのか。

非常に大事だなと思います。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


なぜ多くの起業家たちが、創業して数年で挫折するのか?

2013年秋、日本の総理大臣がニューヨークの証券取引所で、「日本を起業大国にする」と宣言しました。
それによって起業支援のための補助金が準備され、商工会議所などの団体も起業支援に乗り出しています。

実際、起業することはなにも難しいことではありません。
ただ難しいのは、「起業」を継続させ、「企業」として成長させることです。
「創業の3年後には2割弱しか生き残っていない」と言われます。
その原因はどこにあるのでしょうか。
それは、夢ばかり追いかけて、「失敗体験を学ぼうとしなかった」からなのです。

どんなことであっても、成功させるためには失敗を知らなければなりません。
なぜなら、同じ失敗を繰り返さないためです。
失敗をヒントとして、成功のポイントを知るためです。

どの先輩も、どのマニュアル本も、成功するためになすべきことは教えてくれますが、
「やってはいけない」ことについては、あまり教えてくれません。
しかし、起業を目指す人が一番知らなければならないのは「成功の仕方」ではなく、「失敗の避け方」なのです。

本書で紹介する「やってはいけないこと」の一部を紹介しましょう。

・「好きなこと」で起業する
・今までの収入を断ち切って起業する
・自分だけ儲かればよいと考える
・商品や技術があれば客はついてくると考える
・本業と手段を混同する
・資本金10万円でスタートする
・ランニングコストを考えずに所在地を決める
・売れている店に営業する
・相手のニーズを調べずに売り込む
・大きな広告を打つ
・過去の経験をみて人を採用する
・精神的な訓練教育を強制する……

ベストセラー『カッコ悪く起業した人が成功する』著者・最新刊
破産から再起した社長だからこそ知っているビジネスの極意

出版社からのコメント
起業を目指す人の多くは、著名な経営者のサクセスストーリーを読んでいます。
そして、その物語に自分の将来を重ね、夢を描いていることでしょう。
しかしそうした本は、読み物としては面白いかもしれませんが、あなたが目指す起業の成功とその継続にヒントを与えてくれるものではありません。
なぜなら、彼らがそこに著しているのは、今現在の自分のイメージを壊さない範囲での失敗体験(カッコいい失敗)と、成功へと上り詰めた自慢話ばかりで、成功に至るまでのプロセス、すなわち自分が血を流した恥ずかしい失敗体験については明かしていないからです。
私たちが先輩経営者から学びたいことは、何によって失敗し、その失敗をどう克服して、成功へ上り詰めたかなのです。

起業を目指す者にとって一番大切なのは、失敗経験者のナマの声を聞き、「何をしてはいけないか」を知ることです。
あなたが彼らと同じ境遇に生まれ、同じ育ち方をし、同じ足跡を踏んでいるとしたら、彼らの成功体験はまさしくバイブルとなりますが、残念ながら、まったく違った生い立ちのあなたが聞いて真似てみても、同じ足跡を踏むこと、すなわち、成功を手にすることは不可能です。
あなたが、次の世代を担う経営者として、先輩経営者から学ばなければならないことはただひとつ、成功体験ではなく失敗体験です。(「はじめに」より一部抜粋)


【引用ここまで】
────────────────────────────────────







【10、河村和徳『東日本大震災と地方自治─復旧・復興における人々の意識と行政の課題』】
 

東北大学大学院情報科学研究科・准教授の河村和徳先生の研究。

被災地の政策研究の第一人者ということもあり、
政策形成に携わる方には参考になる論文がたくさんあるはずです。

被災地におけるボランティア活動・節電行動などの利他的活動の分析、
在日大使館が必要としていた被災地情報、
震災と地域の足の確保、
社会団体調査から見る震災、
仙台市民意識調査、
新しい公共支援事業、
「ご近所の力」による復旧・復興、
仮設住宅自治会の形成、
公務員制度と首長のリーダーシップ、
市町村合併の効果と復興、
自治体間クラウドの可能性、

などなど興味深い論稿が多くあります。




二日間にわたっておすすめ本を紹介してきました。
ゴールデンウィークにこれらたくさんの本を読むことは大事ですが、
GW明けからその知識をどう行動に生かしていくかということが、
重要なのだと思います。

みなさん、どうぞよきゴールデンウィークを!
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1402-b9d010b2
    この記事へのトラックバック



    fx