パーセント・フォー・ポリティクスのご提案 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

パーセント・フォー・ポリティクスのご提案

2011年01月09日 18:00

110109+sw_fake_ballot_sa03045_convert_20110109151408.jpg



今年はさらにいっそう、
日本の政治が混迷するように思えてならないのですが、

日本人の多くがそう思っていることと思います。


税金はさらに高くなり、
経済もまだ好転する気配はなく、
少子高齢化もさらに進み、
不満はますます募るばかりです。


ではどうしたらよいのか?


不満を解消するためには、

1、その不満を避けられる環境に退避する
2、その不満に耐える力をつける
3、その不満を解消する行動をする

の3つが考えられます。

1は、外国に移住するという手立てです。
資金の余裕のある方はそういうことも考えられるでしょう。

2は、政治がどのようになろうとも
自分は生きていけるような手立てを考える。

経済的に自立できるよう努力する、
あるいは世界のどこでも食べていけるような
力を身につけるのもひとつです。

そして3は、
政治が悪いというだけではなく、
具体的にどう変えたらいいかを考え、
行動するということです。

私は3をオススメします。


一番いいと思うのは、


政治家に立候補する


ことだと思いますが、けっこうリスキーです。
私にはよくわかります。

ほとんどのみなさんも、
政治は良くなってほしいけど、
自分が政治家になろうとは思わない
という人がほとんどかと思います。


ではどうしたらよいか?


何年か前に、パブリック・アートの世界を調査したことがあります。

芸術と公共性の関係について
いろんな視点を学ぶことができ、

またふるさとの仙台がパブリックアートの先進地域だった
ということをそのときはじめて知りました。

そのとき知ったのは、
アメリカのフィラデルフィアというところで、
50年ぐらい前に

「パーセント・フォー・アート」

という条例が制定され、
公共事業の建設事業費の1%を芸術文化に費やすことが
義務づけられたということです。

そこから新たな芸術文化が開花し、
大きなムーブメントになっていきました。




そこで、これをヒントに、個人に置き換え、

「パーセント・フォー・ポリティクス」

をみなさんに提案したいと思います。

みなさんの収入の1%を、社会がよくなる活動に寄付してみてはいかがでしょうか。

年収300万円の方なら年間3万円。
年収1000万円の方なら年間10万円。

これを、できることなら、
地元で政治活動をしている議員(あるいは候補者)
に寄付してみてはどうでしょう。

もちろん、町の評判やホームページを見てこれぞという人に
寄附するべきだと思いますが、

実際、政治に関心があるという人や、政治に詳しい人でも、
政治家に寄付しているという人は本当に一握りです。


政治家の側も政治資金の透明化や
襟を正す必要が大いにありますが、

若くて優秀でまじめな地方の政治家ほど、
ひとりひとりの少額でもいいから
政治をよくしてほしいという浄財を
求めています。

ひも付きの高額な政治献金をほしがる人は
なかなか少ないと思います。



しかし現状はどうでしょうか?

政治家はダメだ、日本を悪くしていると嘆きながら、
その後の政治に対する行動をしている人はほとんどいません。


このままでは本当に日本は沈んでしまうと思います。


そうなる前に、小さくてもいいから何らかの行動をしないと、
子どもたちや孫たちの生活は
本当に悲惨なものになってしまうと
私は危惧しています。



収入の1%を政治家に寄付するのは
どう考えてもイヤだとか、
地元に支えられるような優秀な政治家はいないという方にオススメなのは、
たとえば、


ふるさと納税応援サイト


ふるさとに寄付をするという地域貢献、あるいは、


日本赤十字社国内災害救護


国内で災害が起こったときに、
復興を支援する赤十字社への寄付というのも素晴らしいことだと思います。


いずれの場合でも、
パーセント・フォー・ポリティクスの意味は、

年収の多寡にかかわらず寄附をする

という発想です。
給料が上がったら寄附する、自分が成功したら寄附する、
と言っている人は大概成功しても変わらないですし、

まわりを見渡しても成功している人ほど、
少しの額でも昔から寄付をしているという人が多いですね。


情けは人のためならず


ということなのかもしれませんし、

または、
神社でお願い事をして

「御利益があったらお賽銭をあげます」

というやり方はやはりおかしい
ということなのかもしれません。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/140-8b86fbeb
    この記事へのトラックバック



    fx