【再録】田口利八(西濃運輸社長)─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】田口利八(西濃運輸社長)─昭和時代の私の履歴書

2014年04月08日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉



田口利八は、西濃運輸の社長。
高等小学校卒業から、たたき上げで
今の西濃運輸を築き上げた人物。


明治40年長野県生まれ。
高小卒。軍隊での運転経験から昭和5年田口自動車を開業。
大垣市に移り西濃運輸と改称、社長。
23年東京-神戸間の長距離路線の免許を得、先発、
物流革命のパイオニアに。
57年7月28日死去。

「私の履歴書」は昭和48年6月に連載している。


個人的な話ですが、私の妻は大垣市出身なので、
西濃運輸には親しみがあります。

しかし創業者の田口利八がどういう人物だったのかは
まったく知らなかったので、
勉強になりました。


田口利八は、
意識をしていがぐり頭にしていたとのこと。

これは、未完の自覚の象徴で、
常に現状で満足してはいけないと
自分に言い聞かせるためだということです。


また、事業も成功し60歳を超えたある誕生日に、
五人の孫たちが、田口がボロボロのハンコ入れを使っているのを知り、
ワニ革の立派なハンコ入れをプレゼントしてくれました。

次の朝、それでも新しいハンコ入れにとり変えない田口を見て、
妻が「替えていきなさい」と言いますが、

それを一蹴。


───────────────────────────
【引用ここから】


「孫たちの好意はありがたい。だから神だなに上げておいてくれ。いいか。

おまえは結婚したころはたしかにきれいだった。
しかしもう年をとって女性としての価値は少なくなったぞ。

だからといっておれが今、若いきれいな子に取り替えるといったらどうする。

お前はおれと一緒に困苦に耐えてきたからこそ女房としての代えがたい価値があるのだ。

はんこ入れも同じだ。昔はいくらきれいなはんこをもっていても大金を貸してくれる人はいなかった。

今はこのボロで何億もの金が動かせる。わかったか」

女房は「それもそうですね」とひと言いっただけで反論しなかった。


【引用ここまで】
───────────────────────────

おもしろい人ですね。

田口は社長室の机も昭和16年の会社設立以来同じものを使ったといいます。


未完の自覚





初心忘るべからず


これを念頭に置いたと田口はふりかえっています。



田口利八は、長野県西筑摩郡読書村十二兼
(現南木曽町)で生まれました。

家は中級農家、男二人女四人の長子として生まれ、
子ども時代は腕白そのもの。

小学校卒業時の成績は学科が全甲だったものの、
品行だけは丙しかもらえなかったことからもわかります。

そんな田口を、お母さんは厳しくも大事に育てていたようです。
母は地元で言うところの

「官員さま(公務員)」

になってほしいと思っていたものの、
本人は「上級学校にいて何になるか」と軽蔑していたようです。



大正13年夏、
住んでいた木曽谷は大水害に見舞われ、
田口の家は家財もろとも流されてしまいます。

あと十分逃げ遅れれば命もないところでした。

この時田口の母は、


「これが去年でなくてよかったぞ。これも神仏のおかげだ」


と言ったそうです。

前年に弟の福太郎が生まれていたのですが、
そのときだったら逃げることもできなかっただろうと、
ただ嘆くだけではない母だったそうです。



私は伝記など偉人のお話を読むのが
小さいころから好きなのですが、
概して偉大な人物のお母さんは偉大な人が多いですね。

家財を一切失って、
去年でなくてよかったと言える人は
なかなか腹が据わった人だと思います。



その年は、田口家にとって厄年で、
父儀一が保証人になっていた
無人講(近所や縁者で出資し合う組合のようなもの)で、

借金をしていたH家が、
金を受け取るや一家で夜逃げをしてしまいます。

父親は村で人当たりもよく、信望の強かったことと、
大水害の後ということもあり、
講の参加者たちからは同情の声も強く、
返済を多少延ばしてもいいというムードになっていました。


しかし、田口の母は親類筋などを回って金策に奔走し、
期限までにきちんと耳を揃えて返済したのだそうです。


「金銭では他人に絶対迷惑をかけてはいかん。
もしその場はうまく逃れられても、
孫子の代まで必ずうしろ指をさされる」


こう母は言っていたのだそうです。
田口が十七歳のときのことでした。



田口は二十歳になって徴兵検査を受け合格、
松本五十連隊から満洲へ渡ります。

そして満洲で母がなくなったことを特務曹長から知らされます。
産後の肥立ちの悪さが原因。

田口がいかに母を思っていたかは、
この履歴書の文章全体からもわかるのですが、

母の死の便りを見て正直、
「母と父の字が入れ替わっていれば…」
とまで思った、

というのですから、よほど母親への想いが強かったのだと思います。



戦局は急に激しさを増し、一時は戦死を覚悟したものの、
田口は負傷もせずに何とか生き延びます。


「約二年近い戦地での日々で、私は精神的にもずいぶん鍛えられるところがあったように思う。また、実務的にも得るところは大きかった」

と述懐していますが、
概してこの世代の従軍経験者の回想録を読むと、

軍隊経験を肯定的に評価している人が
多いなあということを感じます。

もちろん、当時はいろいろなことがあり、
いやな経験もたくさんあったのだと思いますが、

現代日本に生きる私としては、
想像の埒外の軍隊生活がいかなるものだったのか、
非常に興味深く見ています。


田口の場合は、たしかに「実務的」で、
戦車隊に配属されたことで、
車の操縦法から構造まですべてをこの時身に付け、
軍用トラックの輸送力の強大さを知るわけです。


従軍生活を終え、帰郷した田口はトラック事業をはじめようとします。

この話は、
明日以降に続けたいと思います。








私の履歴書─昭和の経営者群像〈1〉






(第168号 平成23年3月1日発行)
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1393-ca4424be
    この記事へのトラックバック



    fx