【つくりすと野地数正】安倍首相!成長戦略って具体的になんですか? - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【つくりすと野地数正】安倍首相!成長戦略って具体的になんですか?

2014年03月20日 18:00


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
みなさんこんにちは。
渡辺勝幸です。

本日(20日)発行のこのメルマガは、
つくる仙台公認起業コンサルタント(つくりすと)の

野地数正さんによる

「安倍首相!成長戦略って具体的になんですか?」

をお届けします。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐






【つくりすと野地数正】安倍首相!成長戦略って具体的になんですか?


皆さんこんにちは、つくる仙台公認コンサルタントの野地数正です。
前回に引き続き、本日のメルマガを担当させて頂きます。

さて本日は、アベノミクス第三の矢「成長戦略」に
ちなんだお話をさせて頂きます。

マーケットでは、安倍政権の経済政策は
第一の矢「金融緩和」、第二矢「財政政策」共に
一定の成功を収めたとされています。

しかし問題は第三の矢「成長戦略」が成功するかにかかっています。

何故なら、第一、二の矢は主役が「政府より」であったのに対し、
第三の矢は我々「国民(民間)」にその主導権が移るからです。

第一、第二の矢がなんとなく、他人事的に感じていたのに対し
いよいよ我々がそのバトンを渡されたと言っても過言ではないのです。



それが垣間見れるHPがあります、その一つが「政府官邸のHP」です。

政府のホームページをのぞいてみるというのは
あまり「習慣化」されるものではないですよね、しかしたまにはビジネス目線で
のぞいてみるといいことも沢山あります。(笑)


「首相官邸 HP 新たな成長戦略について」↓



国のHPを覗きに行く3つのビジネスメリットを挙げます。


その1 予算が次にどのビジネス分野に傾注されようとしているかトレンドが見える。
    ※中小企業の資金投下の参考になるばかりか、個人の就職活動の参考になります。または関連する助成金等の対象

企業が見えてきます。


その2 国の社会問題が見える=ビジネスチャンスが見える。
    ※予算の集中投下されるビジネ分野は、裏を返せば社会問題いわゆる「不」の解消が目的です。みなさんの代わり

に、国家が大規模マーケティンングを無償で行ってくれているのです。


その3 国のサポートを受ける可能性が広がる。
    ※結局のところサポートとは(お金)です。すべてのビジネス分野で、必ずと言ってよいほど国の助成を何らかの

形で受けることができます。受けたことがないというのは、はっきり申し上げて「知らない」だけです。


シンプルにいってもこれだけのメリットがあります。

どうでしょう、ちょっとは覗いて見たくなりましたか?
もちろん、首相官邸を覗けば必然的に他の省庁にもリンクしていますので
より理解(チャンス)が深まると思います。





さて、ところで前回お話しました当社ビジネスも例外ではございません。

当社の主要事業 「家事代行サービス」を皆様はご存知でしょうか?
まずはHPをさらっと覗いてください!






如何ですか?シンプルに言いますと。

「家政婦さん」です。


しかし、今はだいぶ業態変化を繰り返し
どなたでもご利用頂ける手軽で便利な「家政婦さん」になりました。


当社のお客様は

「共働きの主婦(夫)の皆様」と
「シニアの皆様」が

多くを占めますが・・・。


実は我々の事業は、アベノミクス第三の矢「成長戦略」の
ど真ん中ビジネスの一つなのです。

成長戦略において声高々に言われているスローガンの一つが

「女性が輝く日本へ」です。

そして、このスローガンを更に具体的に言えば

「女性の社会進出を援助する」です。

当社の存在は、まさにこの女性の社会進出に
なくてはならい存在であります。


つまり

女性が社会進出し男性と同等に仕事をしようとすれば
必ず「家事負担」が障害となってくるのです。


もちろん、現在は「育メン」「家事メン」の流行語に代表されるように
男性も家事参加の割合が増えつつありますが
まだまだ、そのサポートは足りておりません。


そこで当社の出番というわけです。


家事の一部を我々がサポートさせて頂くことで
主婦の皆様は「思いっきり仕事ができる」環境を作れるのです!

そして、前段で申し上げました、国策としてこのスローガンを掲げるのは
そこに「社会問題」が潜んでいるからなのです。

子供の出生率が年々後退の一歩をたどり、50年後には日本の人口が
9,000万人を割るという試算を政府が発表しております。

ではなぜ人口が減少傾向にあるのか
それは、現在の日本が「子供産んで育てる環境としては非常に厳しい」からです。



これを最大の社会問題と捉えているのが当社「家事代行のブルーブルー」です。

働くママが安心して子育てできるように、家事をサポートさせて頂くというのが

サービス理念にあります。

そこに目をつけて頂いているのが今回の「成長戦略」なのです。


お客様が今後サービスをご利用頂いた場合、その一部を国が負担し
働くママを応援するという施策が「成長戦略」支援の一つとして閣議検討されております。

※フランス、ドイツ、アメリカ、イギリスetcの先進国では既に導入されています。


最後に
今回はアベノミクス第三の矢「成長戦略」の実態を一つ当社の事例でお伝えさせて頂きました。

たまたま当社のビジネスが取り上げられているわけですが、
私はいつも、「国の施策」にはアンテナを張っております!

少々とっつきにくい場合もありますが、国を一つの「会社」とみれば、安倍首相はある意味「リーダー」です。
その彼が号令を掛ける「施策」は好むと好まざると、「会社の基本方針」と言えるのです。

後はどのようにそこに私たちがオリジナリティをもって寄り添っていくかが
見せ所だと思います。


最後までお読みくださいありがとうございました。

次回は「日本のビジネスは全てシニアビジネスである。」をお伝えいたしたいと思います。









次回のつくりすと記事は4月3日にお送りします。
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1364-a7f35c6d
    この記事へのトラックバック



    fx