挫折は成功のプロローグ─日本のフィギュアスケート発祥の地仙台出身の荒川静香 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

挫折は成功のプロローグ─日本のフィギュアスケート発祥の地仙台出身の荒川静香

2014年02月10日 18:00

ソチ五輪が始まっていますが、
みなさんは荒川静香さんをご存知でしょうか?


荒川静香(あらかわしずか, 1981年12月29日- )は、日本のプロフィギュアスケーター。
日本スケート連盟理事(2012年9月- )。

主な競技成績は、
2006年トリノオリンピック女子シングル金メダル、
2004年世界選手権優勝、
1998年長野オリンピック代表(13位)、
2003年ユニバーシアード冬季大会・冬季アジア競技大会優勝、
2004年GPファイナル2位など。


アジア初の女子フィギュアスケート金メダリスト(トリノ五輪)
テレビでの解説者としても有名であり、
誰もがよく知っている荒川静香さんは、

仙台出身だそうで、
小さいころから仙台のスケート場で練習をしていたそうです。

ちなみに日本のフィギュアスケート発祥の地は仙台で、
ソチ五輪に出場している男子フィギュアの羽生結弦選手も仙台市泉区出身ですね。



この荒川静香さん、いまとなっては金メダリストで、
誰もが認めるスケート界の大人物ですが、
金メダリストになるまでは多くの挫折を経験していました。

小学校中学校と、各種スケート大会で活躍してきた荒川選手は、
高校生だった1998年の長野五輪に
日本代表として選ばれました。

当時は女子フィギュアスケート代表は一名、
日本代表の荒川選手に大きな期待が寄せられていました。

長野五輪、試合当日は、
天皇皇后両陛下がお出ましの天覧試合、

多くの日本人が注目するなか、
若かったこともあったのでしょう、
プレッシャーもあったのでしょう、
転倒してしまい、

結果は13位

で終わってしまったのでした。


Shizuka Arakawa 荒川 静香 (JPN) - 1998 Nagano, Figure Skating





その後、荒川選手はどんどん成績が落ち、
大会のメダルから離れるようになってしまいました。


2002年のソルトレークシティー五輪では、
女子フィギュアスケート代表枠が二名に増えたにもかかわらず、
荒川選手は選考から漏れてしまいます。

そしてこのソルトレーク五輪では、
入退場のボランティアスタッフをしていたらしいです。

いったいどんな気持ちでそこにいたのでしょうか。



荒川選手は早稲田大学に進学します。
卒業論文は、「マスメディアとスポーツの関係についての考察」。

子供の頃からマスコミにつきまとわれて、
負けたときにはひどい書き方をされ、
すっかりマスコミ嫌悪症になっていたのを、

これではいけないと一念発起し、
あえて卒論テーマにこれを選び、
記者やライターに逆取材を試みたのだそうです。

その結果、マスコミ嫌いがすっかり治ってしまったとか。


20代になり、フィギュアの世界で考えれば、
引退を考え始める年齢になったと言ってもおかしくはありません。

ここで引退し、大学生活を謳歌して、
就職するというのが、一番簡単な方法だったかもしれません。


────────────────────────────
【引用ここから】


「実は20歳でスケートをやめようと決めていたんですが、本当にこのままやめても悔いが残らないかを深く考えた結果、心が引き戻された。
 そこからアスリートとして戦うことを真剣に考え始めました」

大学3年の時にはニコライ・モロゾフコーチの教えを受け、
欧米選手に抱いていた表現力のコンプレックスを解くことができた。

表現力とは、内面の伝え方を考えることだと教えられ、
与えられた振り付けを自分なりにどう消化するかが、
みるみる楽しく感じられていく。

そしてその後に米国で見たアイスショーが運命を変えた。

「プロになった有名な選手たちが集うすばらしいショーを見て、自分もその世界に入りたいと思いました。
 そのためには彼らのように大きな大会のタイトルを持ち、知名度を上げることだと、初めてタイトルを狙う目標を持ったんです」


【引用ここまで】
────────────────────────────


2004年の世界選手権で荒川選手は初優勝します。

本人はこれで引退と思っていましたが、
トリノ五輪を二年後に控え、

スケート界やマスコミの期待は大きく、
現役を続行することに。


そしてトリノ五輪の代表選手に選ばれ、

あのイナバウアーで多くの観客を魅了し、
アジア人初の金メダルを手にすることができたのでした。



────────────────────────────
【引用ここから】


「演技中は今まで関わってくれた方々がフラッシュバックし、
 感謝の気持ちで心が温かくなって自然にあの表情が出たんです。
 終わった瞬間は競技者としてのゴールテープを切れた安堵感でいっぱいでした」


実力を最大に発揮するための秘訣を聞くと、


「実は本番で最大限に力を出そうとは全く思っていませんでした。

 逆に、本番は最小限になっても大丈夫なくらい練習を積んだことが大事だったと思います。
 以前タチアナ・タラソワコーチが、事前に最大限の努力をした者だけが五輪を楽しめると言った意味がよく分かりました」


【引用ここまで】
────────────────────────────



Shizuka Arakawa Olympics 2006 LP





悔し涙を流しても、
そこからまた挑戦すると行動をしていけば、

挫折は成功のプロローグである

ということになるかもしれません。


挫折のとき、その瞬間は、
非常につらいものですが、

現在の時間軸から見れば、
荒川選手の金メダル人生から見れば、

挫折のこのエピソードは、
金メダル獲得の瞬間のためのちょっとした話になるわけですね。



さて、浅田真央選手は前回銀メダルで苦杯の涙でした。
ソチではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

楽しみですね。





朝日新聞×マイナビ転職 Heroes File 荒川静香



荒川静香、NHK取材班『金メダルへの道』
関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1335-4a5bdaa6
    この記事へのトラックバック



    fx