【つくりすと野地数正】経営者の仕事を一言でいえば〇〇です。 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【つくりすと野地数正】経営者の仕事を一言でいえば〇〇です。

2014年02月20日 18:00

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
みなさんこんにちは。
渡辺勝幸です。

本日(20日)発行のこのメルマガは、
つくる仙台公認起業コンサルタント(つくりすと)の

野地数正さんによる

「経営者の仕事を一言でいえば〇〇です。」

をお届けします。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


【野地数正プロフィール】

野地数正(のぢかずまさ)

昭和51年10月5日生まれ。福島県郡山市出身。37歳。

平成12年 明治学院大学 経済学部卒
平成 〃年 郡山三菱自動車販売株式会社入社
平成 22年 東日本三菱自動車販売株式会社退職(旧郡山三菱自)
平成 〃年 株式会社IDENTITY代表取締役 就任
平成 25年 一般社団法人綜學社理事 就任
平成 25年 NPO法人くらしの森ネットワーク代表理事 就任




【つくりすと野地数正】経営者の仕事を一言でいえば〇〇です。


皆さんこんにちは、つくる仙台公認コンサルタントの野地数正です。

昨年7月より、つくる仙台にデスクを置かせて頂き、
弊社の主要事業

「家事代行サービス」

を運営しております。


今回より、つくる仙台の公認コンサルタントとして、
メルマガを発行させて頂きますので宜しくお願いいたします。


まずは、簡単に自己紹介いたします。

出身は福島県郡山市の生まれです。現在は仙台に住んでおります。

年齢は37歳で子供が2人と、妻が1人おります(笑)

創業50年続いた自動車販売店の家に生まれ、
三代目の跡継ぎとして幼いころから自然と帝王学を学ばされました。


母方の実家も商売人の家柄でしたので、
事業を継承することにあまり戸惑いもなく、
流れに身を任せて生きてきました。


しかし26歳の時に本業の自動車販売店の経営が悪化し、
一族は全員経営から撤退を余儀なくされました。

メーカーから出向してきた新役員に「クビ」を宣告された時は、
どこかドラマのワンシーンでも見せられているような気持になり、

「こっちからやめてやるよ!」

と自暴自棄になった日もありました。

しかし、古参役員の方々のお力で、
結局は会社に残る決断をしました。


私自身はその後も会社に残りましたが、
気が付けば私の居場所は既になくなり、
毎日が針の筵(むしろ)でした。

「もと跡取り」は、社内では
ちょっと厄介者だった気がいたします。


しかし、やはりそこは商売人の家に生まれた私、
サラリーマン生活にどうしても馴染めず、
多くの師や同僚・仲間に支えられ、
楽観主義の性格も相まって、

33歳を迎えた年に、
前職とは全く関係のない異業種の会社を設立したのです。

それが、冒頭でお話した「家事代行サービス」です。


会社を設立して、3期を終了したばかりの私ではありますが、
私の特異な体験や、異業種進出の経緯なども踏まえて、

今後独立起業を目指す皆様や、
既存の経営者様のお役に少しでも立てるよう、
情報を発信して参りたいとお思います。


「家事代行サービス」が何かということは次回お話することにして、
今日は、会社設立時に事業家の多くが検討課題として挙げる、


「個人事業主で行くか法人成りすべきか?」


の問いに応えたいと思います。

結論から言えば、

「どちらでも良い」

です。


個人事業主も法人成りもどちらでも良いのです。

もちろん、事業規模に比例して税制優遇を検討したり
社会的信用を享受するために法人成りを行うという意見はあります。


しかしそれは外的要因の一つに過ぎないのです。


大切なのは、「マインド(心)」です。

その事業を世の中に生み出す「覚悟」です。


その覚悟があれば、形はどうでも良いのです。


そういう私はというと、
弊社は株式会社という形態を選択しておりますが、

その選択理由はとてもシンプルです。

創業時に大好きな経営者の先輩に言われた「鶴の一声」で決めたのです。




先輩「お前、株式会社か個人事業主か迷ってるんだって?」

私「はい、それぞれにメリットがあって、どちらがいいでしょうかね?」

先輩「バカヤロー、お前会社でかくするんだろう?男はだまって株式だろ!!」

私「は、はい!」



恥ずかしながらこれが、私の法人なりの一歩でした(笑)

皆さん、この話を聞いてどう思いますか?非論理的だと思いますか?

私はこの“決断”が経営者としての最初の大きな決断になったのです。

法人なりのメリットと個人事業主のメリットを参考書を読んでいても実は始まらないのです。
どちらも正解なので。


もう一度言います。「法人成りするかどうかはどちらでも良いのです。」

問題は、覚悟をもって「決断」できたかどうかなのです。


経営者の仕事は「決断」この二文字に尽きます。


この最初の「決断」が、その後の会社運営にずっとついて回るのです。

個人事業主でスタートし、
その後に事業拡大に伴い法人なりするのだとしたらそれはそれで素晴らしいのです。

しかし個人事業主のまま「卓越した経営」をするのであれば、
それはまた素晴らしいことなのです。


それでは今回はこの辺で失礼させて頂きます。

次回は、アベノミクス第3の矢「成長戦略」でも注目株の当社事業

「家事代行サービス」

に関して、ちょっと良い話をさせて頂きます。

最後までお読みくださりありがとうございました。






家事代行のブルーブルー


関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1332-4dea2abf
    この記事へのトラックバック



    fx