信金マンとして弱い立場の人々のために─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その3─昭和時代の私の履歴書 - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

信金マンとして弱い立場の人々のために─小原鐵五郎(城南信用金庫理事長)その3─昭和時代の私の履歴書

2014年01月21日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉


小原鐵五郎は、
元気に少年時代を過ごした、大言壮語の子供でした。

小原少年はおじとの雑談から「二院制」の議論に発展するなど、
大人顔負けの少年でしたが、

朝早起きして畑仕事をするなど、
農家の五男坊としての仕事はしっかりとやっていました。



大正8年、大崎信用組合が創設され、
その際小原は主事に採用され、
小原の信金人生が始まります。

このきっかけは、
当時大崎町長であった立石知満の知遇を得たことにありました。

立石は助役から町長─大崎信用組合の創立者(のちに東京府会議員)となった町の長老。

いわゆる“ワンマンタイプ”で皆、
この人の前ではピリピリしていました。

はっきりしたきっかけは記憶にないものの、
小原は父の用事で町役場に出入りしている間に、
小原のうわさを聞き関心を持ったのではないかと。


皆がビクついているのに
平気でズケズケものは言うし、
一緒に酒も飲んでいました。

これがかえって

「なるほど、うわさにたがわぬ若僧」

とかわいがられるようになったのでした。


信用組合入りに、
小原の間接の動機となっていたのは、
その前年(大正7年7月)の、

富山県下に発生した“女房一揆”

でした。

第一次大戦後の戦争景気は日本の経済を大きくしましたが、
その半面、国民生活は物価の、
特に米価の著しい上昇に苦しめられました。

この民衆の怒りの爆発が、
富山県魚津町の女房たちによる

「米の県外移出反対」
「米屋、富商の襲撃」


でした。

これはたちまち全国に波及していきますが、
多感な青年となっていた小原にとって
極めてショッキングな事件でした。


────────────────────────
【引用ここから】


私はこうした“弱い人”たちも
安定した暮らしのできるような世の中にしなければならない。

それが私に与えられた義務だ、
と、そこに使命感さえ覚えたものだ。


【引用ここまで】
────────────────────────


こうして小原は農業をやめ、
信金マンの第一歩を踏み出したのでした。


信用組合、経済協同組織の歴史は古いものがあります。


大宝令の賦役令に明記されている「義倉」の制に起源を持つ
徳川時代の「郷蔵」「社倉」あるいは「五人組」「町会所」は、

凶作、飢饉に備える備荒貯蓄の法というだけでなく、
“納税準備貯蓄”“資金貸し付け制度”とも言える

“信用組合的な制度”でありました。

そして無尽、頼母子講。


これが近代的な信用組合運動として展開されはじめたのは、
明治24年、内務大臣品川弥二郎、法制局部長平田東助両名の立案による

「信用組合法案」

が帝国議会に上程されて以来のことでした。


品川、平田は明治初頭にともにドイツに留学、
急激なテンポで先進資本主義国イギリス、フランスに迫って行く様を目の当たりにします。


特にその発展過程に、
庶民の運動として勃興しつつあった

ドイツの協同組合組織

に大きな力があることを知らされたのでした。


明治33年6月、「第二次産業組合法」にその思いが受け継がれ成立したのでした。

当時、労働運動の指導的立場にあった片山潜は、

「前者(治安警察法も同議会で成立)は労働者のために悲しむべき法律にして、
 後者(産業組合法)は労働者のために喜ぶべき法律なり」

と言ったのだそうです。


この間、日本各地で、任意組合としての「信用組合」が続々と成立していましたが、
明治35年入新井信用組合が誕生しました。

これは「城南信用金庫」の一番古い前身組合で、
千葉県一宮の殿様であった加納久宜子爵が設立したものでした。

加納は当時、
鹿児島県知事を辞して大森の旧邸に在住していましたが、

当時、村に一つの正常な金融機関もなく、
村民は高利貸、質屋または弊害の多い無尽、頼母子講のため疲弊するのをおそれ、
また村に全く教育資金や勧業資金もないことを憂えて、

率先して信用組合を設立したのでした。

加納は村の旧弊の人々には、
もっぱら「山師華族」として敬遠された向きもあったようですが、
組合運動に対する熱意は誠に厚く、

「入新井信用組合」を全国の模範的組合に育て上げ、
全国産業組合運動の発展に果たした役割は大きいものがあったそうです。





小原が大きな力を発揮するまでに、
多くの人々の努力があり、
小さな源流が少しずつ生まれていたのでした。

弱い立場の人々のために、何ができるか。

そんな思いを先人から受け継ぎ、
小原はここから信金マンとして活躍し始めます。

そんな小原の生きざまを私たちも受け継いでいかなければなりませんね。






続きはまた来週に。




私の履歴書─昭和の経営者群像〈9〉




昭和の高度経済成長を築きあげた経営者たちの私の履歴書。
過去の記事はこちらからどうぞ。



関連記事




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cuccanet.blog72.fc2.com/tb.php/1313-e749c096
    この記事へのトラックバック



    fx